So-net無料ブログ作成
検索選択

ピザマンの事件簿 デリバリーは命がけ [海外の作家 は行]




<裏表紙あらすじ>
テリーは腕のいい大工だったが、ちょっと人生につまずいてしまった。暴力沙汰で刑務所入り。出所したところで金も仕事もなく、妻にも捨てられ今じゃ屋根裏部屋で居候暮らし。やむなく近くのピザ店<カーロ>でデリバリーの仕事に就く。個性派揃いの店の従業員に助けられ、テリーが自分の生活を取り戻しはじめた矢先、嫌われ者の同僚が店の駐車場で刺殺された。前科のせいで容疑者扱いされるテリー。明らかにもっとあやしい人物がいるのにもかかわらず、だ。一向に進まない警察の捜査に業を煮やしたテリーと仲間たちは、自分たちで犯人探しを始めるが……。小さな田舎町を舞台にした働く男たちのミステリー。

積読のうちに、2作目「ピザマンの事件簿2 犯人捜しはつらいよ」 (ヴィレッジブックス) が出版されてしまったので、引っ張り出して読みました。
もっと早く読めばよかった。
肩の力を抜いて読める、軽ミステリーとでもいう感触の作品(その昔、軽ハードボイルドというジャンルがあったと何かで読んだので、連想して勝手に呼んでみました)。今風にいうなら、男性版コージー・ミステリ???
刑務所から出てきた主人公テリーをとりまく環境があまりにうまくいきすぎて、ん? ん? と思うところもないではないですが、「友達」つながりで支援の輪ができあがっていく、というのはなんだかありそうですし、そうあってほしいと思わせてくれます。なんといってもテリーは、いいやつっぽいですから。
ミステリとしての骨格は弱いですが、楽しい登場人物たちに囲まれて、わいわいとテンポよく進んでいくストーリーだけで十分楽しめます。
シリーズ第2作も絶対買います!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: