So-net無料ブログ作成
検索選択

Rのつく月には気をつけよう [日本の作家 石持浅海]


Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)

Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)

  • 作者: 石持 浅海
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2010/08/31
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
湯浅夏美と長江高明、熊井渚の三人は、大学時代からの飲み仲間。毎回うまい酒においしい肴は当たり前。そこに誰かが連れてくるゲストは、定番の飲み会にアクセントをつける格好のネタ元だ。今晩もほら、気持ちよく酔いもまわり口が軽くなった頃、盛り上がるのはなんといっても恋愛話で……。ミステリーファン注目の著者が贈る傑作グルメ・ミステリー!

大学時代の友人3人が、毎回ゲストを1人招いて飲み会をする。ゲストの持ってきた(?)謎を解く、という「黒後家蜘蛛の会」 (創元推理理文庫)と同じフォーマットの連作ミステリ。
恋愛がらみの話が多いところがポイントでしょうか。
石持さん特有のちょっと普通じゃない感性がそこここに感じられるので、同じ状況になっても作中人物と同じ行動はとらないな、と思うようなパターンが多く、通常の感覚で読者が謎解きに参加するのは難しいように思います。そこは石持さんの作品なので受け入れることを前提とすると、さりげない手がかりの拾い方はいかにもミステリらしいですし、結論もほどよく意外で、それでいてこうじんわりとするというか良い話になっていたりして、楽しめます。
「黒後家蜘蛛の会」 とは違って、肴となる食べ物と酒がミステリ部分以外のポイントなのですが、おいしそうで○。魅力たっぷりです。この部分だけでも、お勧めしてよいような感じがします。
ところで、チキンラーメンをそのまま食べるって、みなさんされたことないですか? お気に入りの食べ方、ではありませんし、お勧めできるような食べ方ではないことは当然ですが、言われて仰天するような食べ方ではなく、みんな一度はやったことあると思ってました。そもそも、たたずまいがベビースターラーメンみたいですよね、チキンラーメンって。作中で大げさに驚かれていたので、かえってびっくりしてしまいました。

タグ:石持浅海
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: