So-net無料ブログ作成
検索選択

百物語 浪人左門あやかし指南 [日本の作家 わ行]


百物語 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)

百物語 浪人左門あやかし指南 (講談社文庫)

  • 作者: 輪渡 颯介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/03/12
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
臆病なのが玉に瑕の甚十郎は、道場の兄弟子平松左門の薦めで商家和泉屋の怪談会に出ることに。集まった男たちの話も怖いが、変化する瞬間を見た者は死ぬという掛け軸の女もまた怖い。案の定、百話目を語り終えた和泉屋は姿を眩まし、参加者の一人は怪死した。仕組まれた策謀。解き明かすは、左門か甚十郎か!?

「掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南」 (講談社文庫)に続くシリーズ第2作です。前作の「掘割で笑う女」が第38回メフィスト賞受賞作で、メフィスト賞には珍しい時代物でした。怪談とミステリの融合、といった作風で、なかなか楽しく読んだ記憶があります。
第2作の今回も、タイトルで明らかなように、怪談とミステリの融合です。
怪談好きの左門と怖がりの甚十郎という組み合わせの妙で、怪談であっても、そこはかとなくユーモアを感じさせてくれるところがポイントだと思っています。
百物語で語られる怪談をところどころに挟んで、怪談会の様子と剣術の道場の話が語られ、最後でそれらが一体となってミステリとして立ち上がってくる、という構成がミステリ好きにはうれしかったですね。
百物語の怪談があんまり怖くないなぁ、なんて思って読んでいると、そこにもちゃんと作者の計算が行き届いていることがわかったり。ミステリの腕も確かだと思うので、輪渡さんには現代物も書いてみてほしい気がします。
--もちろん、このシリーズも末永く書き続けてほしいです。


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 1

Ganchan

ご訪問、nice! ありがとうございました。
by Ganchan (2012-02-13 12:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: