So-net無料ブログ作成
検索選択

午後からはワニ日和 [日本の作家 似鳥鶏]


午後からはワニ日和 (文春文庫)

午後からはワニ日和 (文春文庫)

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/03/09
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
「イリエワニ一頭を頂戴しました。怪盗ソロモン」凶暴なクロコダイルをどうやって? 続いて今度はミニブタが盗まれた。楓ヶ丘動物園の飼育員である僕 (桃本) は解決に乗り出す。獣医の鴇先生や動物園のアイドル七森さん、ミステリ好きの変人・服部君など、動物よりもさらに個性豊かなメンバーが活躍する愉快な動物園ミステリ。

いままでずっと創元推理文庫だった似鳥鶏の作品が、今回は文春文庫。出版社はかわっても文庫オリジナル。お財布にやさしい作家ですね! --といっても先月出た次の「戦力外捜査官 姫デカ・海月千波」は単行本ですが...なので、買おうかどうか思案中だったりします(笑)。
さておき、「午後からはワニ日和」に話を戻しまして、今度の舞台は学校ではなく、動物園。飼育係が主人公です。
飼育係って、こんなに変わった人ばかりなのでしょうか? と言いたくなるくらい個性的な登場人物がそろっています。「飼育員のうち『動物好き』と呼べる人は二割といったところで、あとの三割は動物マニア、残りの五割は動物バカである」(P11)と書かれている通り、愛すべきキャラクターたちに出会えてよかったなぁと思えます。特に服部君の曲者ぶりは要注意です! シリーズ化されるのかな?
似鳥鶏の特徴である語り口も健在で、すごく楽しい。
そんな中でも、きちんとミステリとして注意が払われていて、歯ごたえもあります。
ワニが盗まれるという冒頭の謎も秀逸なのですが、どうやって盗んだのか? なぜ盗んだのか? とミステリとしておいしいところ満載で、作者にはアイデアがこんこんと湧き出てきているのでしょうね。
しっかりとしたミステリの骨格に、ユーモアあふれる語り口と特徴あるユニークなキャラクターが組み合わさって、上出来の一冊。
東京創元社の「にわか高校生探偵団」シリーズを読んでいない方にも、ぜひ読んでみていただきたいです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0