So-net無料ブログ作成
検索選択

小山荘のきらわれ者〜リターンズ〜 1 [コミック]


小山荘のきらわれ者〜リターンズ〜 1 (花とゆめCOMICS)

小山荘のきらわれ者〜リターンズ〜 1 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: なかじ有紀
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2015/07/03
  • メディア: コミック


<裏表紙あらすじ>
下宿館の小山荘は、建築士を目指す成介と美容師の道を歩み始めた麻里のカップルを中心に相も変わらずにぎやかな日々!
彰吾&安古に加えて、おなじみの住人達も登場で、少し大人になった彼らの関係は──!?


帯には
「名作『小山荘のきらわれ者』の彼らにまた会える──!!」
とあります。

すみません、これ、このブログのいつもの傾向とはまーったく違います。
ミステリでも、サスペンスでも、冒険ものでもありません。
全く違うんですが、懐かしくてねー、つい。いやあ、何年振りなんだろ?
amazonによると、「小山荘のきらわれ者 7」 (花とゆめCOMICS)の刊行が1988年の6月みたいなので、なんと27年ぶりですか!?
「Step」 (花とゆめCOMICS)というこのシリーズの番外編もありましたねぇ。こちらは、1991年の2月刊行のようなので、ここから数えても24年ぶり。
友だちに紹介されて読んだマンガでしたね。あのときすでに完結していたはず...
このあと、結構なかじ有紀さんの作品は読んでいます。


ずいぶん、ずいぶん経ちますが、物語の中の設定は、3年後らしい...
絵がかなり変わっているんですね。こんなに時間が経てば、当たり前か...
最初のページに、昔の絵を使って、「~小山荘のこれまで~」という紹介ページが作られているのですが、その左がわの登場人物紹介のキャラクターの絵(現在書かれたもののようです)と全然違う(笑)。

この1巻は、復活篇の顔見世みたいなノリですので、懐かしい登場人物たちが少しずつ紹介されていきます。むしろ彰吾の父親の登場が早すぎる気がするくらい、次々と登場します。
巻末の2巻の予告を見ると、北原が大きく取り上げられるみたいですし、篠崎もフランス帰りとかで戻って来るらしいですし、昔を思い出して、楽しみに待とうと思います。
2016年春頃発売予定とのこと。



タグ:なかじ有紀
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0