So-net無料ブログ作成
検索選択

ねずみ石 [日本の作家 大崎梢]


ねずみ石 (光文社文庫)

ねずみ石 (光文社文庫)

  • 作者: 大崎 梢
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/01/12
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
真ん中にひと文字「子」という漢字が入った灰色のすべすべとした楕円形の石。神支村の子どもたちが祭りの夜に探す「ねずみ石」は、願いをひとつだけ叶えてくれる――。中学一年生のサトは四年前の祭りの日、一時行方不明になった。その夜、村で起きた母娘殺人の犯人は未だに判明していない。親友セイとともに、祭りを調べていくうち、サトは事件の真相へと迫っていく。


大崎梢の作品群の中では、ミステリ味の濃かった「片耳うさぎ」 (光文社文庫)の姉妹編(?) です。主人公が男の子になったので、兄弟編??
うん、書店シリーズよりこっちの方がいいですね。

因習というほどのことはないでしょうが、田舎の小さな村を舞台にしたミステリです。
タイトルの「ねずみ石」というのは、子(ね)と書かれた石で、神支神社(かみしじんしゃ)の祭りで、七個のねずみ石をさがす子供向けのイベントがある、という設定です。村のあちこちに隠されている石を見つければ、願いがひとつ叶えられるという。で、いちど見つけたら、次の年からは参加しないという掟(?)。
主人公は、中学一年生のサト(土井諭大 どいさとひろ)。そして同学年の友人セイ(山田誠也 やまだせいや)と、三年生の内修平がメインの登場人物です。
このメインの登場人物たちの心情がポイントの作品で、うまいなぁ、と思いました。
ミステリとしての出来は...「片耳うさぎ」 (ブログの感想ページへのリンクはこちら)同様、まあ他愛もないものですね。
ただ、この作品の場合、テーマというか、まずまず難しい年ごろの中学生を描くという方向性から真犯人が設定されていると思われ、その意味ではミステリの肝ともいうべき意外性はあえて放棄する形をとっているように感じました。
ミステリ好きとしては若干複雑なところですが、この作品はこれでいい気がします。

千街晶之の解説によると、同系列に「かがみのもり」 (光文社文庫)があるようです。
主人公が新米教師で大人なのがちょっと不安ですが...そちらもいずれ読んでみます。

タグ:大崎梢
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: