So-net無料ブログ作成

松谷警部と目黒の雨 [日本の作家 は行]


松谷警部と目黒の雨 (創元推理文庫)

松谷警部と目黒の雨 (創元推理文庫)

  • 作者: 平石 貴樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2013/09/28
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
陰ではマッタリさんと呼ばれ捜査中に俳句をひねるとの噂もある松谷警部は、目黒の殺害現場で所轄の白石巡査と合流。被害者の友人から聴取を始めたところ、過去の変死事件が浮かんできた。事件は予想外の広がりを見せるも、関係者に犯行の機会や動機は見当たらない。白石巡査の推理に期待し、松谷警部は助勢に徹するが…。犯人当ての妙味に富んだ本格ミステリ、文庫書き下ろし。


平石貴樹の新作が文庫で読めるなんて! と飛びつくように買っておいて、例によって積読。
その間に、
「松谷警部と三鷹の石」 (創元推理文庫)
「松谷警部と三ノ輪の鏡」 (創元推理文庫)
と順調にシリーズの新作が出ています。

いつもどおり、裏表紙あらすじを上で引用しましたが、創元推理文庫の常で、表紙をめくった扉のあらすじがよくできています。


目黒本町のマンションで殺害された小西のぞみの身辺を調べていくと、武蔵学院大学アメフト部「ボアーズ」との関連が浮上、更にはボアーズの仲間内でおの五年に複数の変死者が出ていると判明した。これらは繋がっているのか。松谷警部は白石巡査らと捜査に当たるが、のぞみの事件についてボアーズ関係者のアリバイはほぼ成立し、動機らしきものも見当たらない。過去の事件は不可解な点を残しながらも帰結事項となっている。白石巡査は「動機は後回し」と地道に捜査を進め、ついに犯人が分かったと宣言。松谷の自宅で清酒「浦霞」を傾けながら、白石の謎解きが始まる。果たして真相は?


こちらの方が、よくわかります。
タイトルにもなっている松谷警部は名探偵役ではなくて、引き立て役なんですね。で、名探偵は白石巡査。
杉田比呂美さんのちょっととぼけた感じのイラスト(表紙絵)が雰囲気が出ていていいですね。ぴったり。
白石以愛(しらいしいあい)ってちょっと変わった名前ですね。
「動機は後回し」というのが149ページに出てきますが、この事件の場合、動機がかなり変わっているので、見抜くのは難しいでしょう。だから、動機を後回しにするのは、なかなかいい方法だと思います。
もともとホームズもそうですが、ミステリは動機は後回しにしちゃっても構わないパターンが多く、推理を積み重ねて犯人を特定していくタイプの作品の場合、いっそ動機などなくてもいいくらい?
この本格ミステリらしい手際のよさが、平石作品の最大の長所なので、きっちり楽しみました。
(誤解のないように付言しておきますと、決して動機を無視しているわけではありません)

ただ、アメフト部の面々のつながり具合がちょっと理解を超えているというか、不思議です。
ひとりの女性を数人の男で取り巻き、大学時代を卒業してずいぶん経ってもまだその状況が変わらないという設定、現実味ありますかね? その女性は、白雪姫にたとえられたりもしています。ちょっとなんだかなぁ、と。
もちろん、だからこその事件、という流れになっていて、さすが、なのですが。

さて、ひさしぶりの平石貴樹、堪能しました。
「松谷警部と三鷹の石」 「松谷警部と三ノ輪の鏡」 、楽しみです。


<蛇足>
八王子に中野ってあるんですね(85ページ)。
中野区の中野には若干土地鑑がありますが、八王子は知らないので、ちょっと行ってみたいなぁ。でも、なにがあるわけでもないでしょうから、単に行くだけ、でしょうけれど。






nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Q.E.D.証明終了(38) [コミック 加藤元浩]


Q.E.D.証明終了(38) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(38) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/02/17
  • メディア: コミック




この第38巻には「虚夢」と「十七」の2つの話が収録されています。

「虚夢」は、映画製作に夢をかけ、金をかけ、どうにもならなくなって追いつめられた男たちの話です。
かなりきわどいトリックが使われています。
でも、このトリック、うまくいくでしょうか? ぜんぜんタイプは違いますが、横溝正史の「獄門島」 (角川文庫)をなぜか思い出して、ニヤリとしたのは事実ですが、すぐに見破られてしまうような気がしてなりません。
真相究明シーンの絵がちょっとミスリーディングなだけかもしれませんが...
ラストのせりふがなかなかいいなぁ、と思えました。

「十七」は、一転して、江戸時代の和算を扱っています。QEDならでは、といえるかも。
算額に、遺題(問題の回答を示していないもの)、病題(答えのない悪い問題)...
そういえば、冲方丁の「天地明察」 (上) (下) (角川文庫)(ブログへのリンクはこちら)に算額が出てきましたね。
複素平面を江戸時代に13歳の少女が編み出していた、しかもひょっとしたらガウスより先に、というのはロマンがありますが、ちょっと大きなテーマに挑み過ぎているように思ってしまいました。

余談ですが、途中に、「和算になかったものの一つが“微積分”です。微積分はライプニッツとニュートンが完成させたと言われています」というせりふがあります。
高校生のとき、数学の先生に、ライプニッツとニュートンと関孝和がそれぞれ独自に微積分を編み出したと教えてもらった記憶があり、これを読んであれっと思ったのですが、国立国会図書館のHPをみてみると、
「関の数学が微積分のレベルに到達していたということもしばしばいわれますが、幾つかの公式に類似のものがあるものの、全体としてみると当時の和算と微積分は全く発想の異なった数学であり、単純な比較はできません。」
とあって、関孝和が編み出したわけではないのですね。





タグ:加藤元浩 QED
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

三毛猫ホームズの回り舞台 [日本の作家 赤川次郎]


三毛猫ホームズの回り舞台 (カッパ・ノベルス)

三毛猫ホームズの回り舞台 (カッパ・ノベルス)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: 新書


<裏表紙あらすじ>
〈劇団Z〉に忍び寄る黒い影、女子中学生の死……。 複雑に絡み合う因縁を、片山とホームズが暴き出す!
晴美の友人が所属する〈劇団Z〉の舞台を見に来た片山刑事たち。終演後、劇団主宰者の土方冬彦らとの食事中に、かつての劇団員・副田百合が現れ、彼女とドラマで共演したアイドル・安東マリエが「土方は先が長くない」という噂話を聞いたと忠告する。そのマリエの実父・水科拓郎は、夜の町で出会った女子中学生・有田文江とホテル街へ向かう。しかし、その直後、文江が死体となって発見される! 彼女は生前、TV局のプロデューサーらしき人物に声をかけられていた…。犯人は一体誰なのか!? 大人気シリーズ第50弾!!


ここから7月に読んだ本の感想となります。
ついに、三毛猫ホームズシリーズも第50作。
しかし、この「三毛猫ホームズの回り舞台」 が出たのは今年の5月で、前作である「三毛猫ホームズの闇将軍」 (カッパ・ノベルス)が2013年6月だったので、ほぼ2年ぶりの新作だったのですね。
とはいえ、50作目の記念作なので慎重に書いた、というわけでもなさそうです。
残念だなと思ったのは、表紙のデザインが変わってしまったこと。
ずっと続けてこられた永田力さんが2014年7月にお亡くなりになったので仕方ないことですが、本当に残念です。
まさか、永田さんにかわる画家を探すのに時間がかかっていた!? (本作は小説宝石2015年2月号まで連載されていたので、そういうわけでもありませんね)

いつものような作品で、いつものように晴美とホームズと片山刑事(と石津刑事)が活躍します。
舞台が劇団で、アイドルも登場というと、まさに赤川次郎によくある設定と人物ですが、かえってその方が50作目にふさわしいのかもしれませんね。
ラストも、無茶だな、と思えても着地してみせますし、ベテランの余裕を感じさせる作品となっています。





nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

秘密 トップ・シークレット (7) [コミック 清水玲子]


秘密 7―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)

秘密 7―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)

  • 作者: 清水 玲子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2009/10/29
  • メディア: コミック


<帯>
最高傑作シリーズ、史上最厚の第7弾!!
犯罪被害者の脳を取り出し、生前の映像記憶を再現する技術を駆使し、難解な事件の真相に迫る科学警察研究所・法医第九研究室。今回は、千堂外務大臣の娘・咲の誘拐事件が発生。自殺した容疑者の脳の映像から咲らしき少女の行方を追う「第九」。しかし、それは綿密な計画の始まりに過ぎなかった…!!


2009年11月に出たコミックです。
死者の脳を分析して、死者が生前に見ていたものをMRIスキャナーで再生できるようになっている、という物語の前提がSF的な設定のシリーズです。
第6巻には「秘密 トップ・シークレット 2009 」のみが収録されています。

帯の「史上最厚」というのには笑ってしまいましたが、最高傑作シリーズの最高傑作(今までのところ)と呼んでいい作品だと思いました。
なによりもプロットの勝利でしょうか。

日本からのボランティアが巻き込まれた集団拉致事件。
当時、12名の命より国交を重視した元中東アフリカ局長で、現外務大臣の娘が誘拐される。
「公私混同は承知の上だ。
だが、あの子が『外務大臣』の娘でなければさらわれる事もなかった。『外務大臣』の力を使って救出して何が悪い」(77ページ)
と、自分の娘のために、今回は国交より人命を重んじた判断を下した千堂大臣だったが、人違いとわかって...

以下のストーリー展開のうねりは、ぜひ読んでみていただきたいです。
犯人の計画がかなり偶然というか、人任せというか、確実性を欠いたものなんですが、これは「アリ」だなぁと感じました。

そしてシリーズ的には、なによりも、「第九」の使い方が、印象的というか、よく考えられています。
いままでは、第九を使って明かす、というパターンでしたが、第九をどう使うか、使って何をするのか、そもそも使うべきなのか、新しい角度から第九の葛藤が描かれていたように思います。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

四次元の花嫁 [日本の作家 赤川次郎]


四次元の花嫁 (ジョイ・ノベルス)

四次元の花嫁 (ジョイ・ノベルス)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2014/12/11
  • メディア: 新書


<裏表紙あらすじ>
その「花嫁」は妄想? 幻覚? それとも……
ブライダルフェアを訪れた女子大生・塚川亜由美と親友の神田聡子は、知人の一柳徹と出会った。フェアスタッフの河本みどりによれば、結婚を控えた彼は式の日程もドレスも一人で決めて、婚約者が一度も姿を見せていないという。一柳の花嫁は実在するのか? 本当に結婚するつもりなのか? 亜由美に調査を依頼したみどりだったが、仕事帰りに何者かに襲われて……。表題作のほかに「花嫁たちの袋小路」を収録。


花嫁シリーズも28作目。年末に新刊が出るシリーズなので、半年間積読でした。
でも、読むのはあっという間。
表題作「四次元の花嫁」と「花嫁たちの袋小路」の2話収録。

「花嫁たちの袋小路」には、夫がリストラに遭い、置き引きを職業(?)にすることになる女性が出てきます。
で、置き引きをしているところを悪い人間に見つかり、更に大きな悪事を...
このあたりのテンポの良さが、赤川次郎の赤川次郎たるゆえんでしょうか。
そしてまた、赤川次郎らしい着地へと。

「四次元の花嫁」には、殿永刑事の姪(あらすじに出てくる、河本みどり)が登場し、亜由美たちに調査を依頼(!) します。
殿永は
「塚田さんが絡むと、殺人事件になったりしますからね」(132ページ)
なんて言ったりしていますが(笑)。
「四次元」というのは若干見当違いの気がしますが、描かれる事件の背景がどぎついので、ちょっと嫌な気分になりました。しかし、妄執は恐ろしいというのか、なんというのか...

この「四次元の花嫁」 で、6月に読んだ本の感想がようやくおわりました。



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

カリフォルニア・ダウン [映画]

カリフォルニア・ダウン T0020005p.jpg


映画のHP(リンクはこちら)からあらすじを引用します。

カリフォルニアを襲った巨大地震。
観測史上最大の激震が迫るなか、レスキュー隊のパイロットのレイは、とり残された愛する娘を守り抜くことが出来るのか―?
自然災害に襲われた時、世界中の誰もが真っ先に想うのは、家族のこと。
レスキュー隊でパイロットを務めるレイも同じだった。
ネバダ州に巨大地震が発生、全力で救助活動を行うなか、今度は妻と娘のいるカリフォルニア州に激震が! 倒壊寸前の高層ビルの屋上から間一髪で妻を救ったレイは、娘を助け出すためにサンフランシスコへ向かう。だが、最悪の事態はこれからだった―。刻一刻と“その時”が近づくなか、レイは生きて再び最愛の娘を抱きしめることが出来るのか?
  家族を救出するために自らの限界を超えて真の英雄となるレイには、『ワイルド・スピード』のドウェイン・ジョンソン。2013年興行収入を稼いだ俳優ランキング1位を獲得し、今や名実共にエンターテイメント界のトップに君臨する。家族との絆だけを武器に、次々と襲いかかる困難を、力と知恵と信念でなぎ倒す男を迫真のアクションで演じた。


映画のHPには、
本作には地震・津波のシーンが含まれています。
という注書きがあります。
一旦、日本公開を延期していたようですが、9月12日から日本でも上映。しかし、ガラガラでした...

さておき、パニック・ムービーの王道ともいえる作品です。
原題「SAN ANDREAS」というのは、実際にある断層の名前らしいです。
で、「カリフォルニア・ダウン」は日本のタイトルですね。
まず冒頭災厄に見舞われるのが、フーバーダム。
で、カリフォルニア州全体が激しく揺れた後、本格的な対象となるのは、サンフランシスコ。というわけで、主な舞台はサンフランシスコ。観光で見た、あれやこれやが、見事に破壊されていきます。

ハリウッド映画なので、家族を救う、という話になっていまして、ついでに離婚間際の夫婦を立て直すという話でもあります。
で、娘の方は、きっちりとボーイ・ミーツ・ガールにもなっています。
正直、個人的にはこの辺の設定は不要で、がんがん壊れていくのを見るのがディザスター映画の醍醐味だと思っています。このあたり、よくできていたと思います。CGのおかげですね。

しかし、ドウェイン・ジョンソン演じるお父さんレイ、たぶんロス近辺のレスキュー隊だと思うんですが、自分の勤務地でもかなりの大きな被害を受けているだろうに、サンフランシスコにいる妻と娘を救いに出かけていく、なんて、ちょっとだめなんじゃないかなぁ。しかも、ヘリまで使って...
レスキュー隊も、割とお気軽に、がんばってこい、なんて送り出したりしています...たしかレイはリーダーではなかったか。理解不能。
まあ、ここに目を瞑れば、あとは次から次へと押し寄せてくる苦難にどう立ち向かうかという、ハラハラの連続です。
ビルも次々と倒壊していきます。
まあ正直、こんなに簡単に最新鋭のビルが倒壊するものか、と疑念を抱くくらいですが、観測史上最大、ということで、まさに「想定外」の強度の地震ということなのでしょう。
そして、津波。
津波はやはりど迫力なのですが、一旦水が来てしまうと、なんだかその後は街が巨大プールと化したようで、廃墟のなかの「ウォーターワールド」風。あんまり寄せては返す「波」感がなかったですね。
最後の最後の、娘の救出シーンも、ちょっとくどいかなぁ。
嫌な奴がきっちり死んでいくのはポイントなんですが、この規模の災害だと、嫌な奴もいい人もいっしょくたで、ちょっと複雑。

震災の記憶が未だ生々しい日本では、みなさんにお奨め、というわけにはいかないテーマではありますが、あれこれあげつらったものの、ハリウッドのディザスター物として、かなり優れた作品だったように思いました。
観てよかったです。


原題:SAN ANDREAS
製作年:2015年
製作国:アメリカ
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

空の中 [日本の作家 あ行]


空の中 (角川文庫)

空の中 (角川文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは? 一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは―すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント!!


有川浩、もう大流行作家ですよね。
第10回電撃ゲーム小説大賞受賞のデビュー作「塩の街」 (角川文庫)に続く第2作です。
「塩の街」 をずいぶん昔に読んで(手元の記録を見ると、2006年に読んでいます)、おもしろかった記憶があります。

「塩の街」 、この「空の中」 (角川文庫)、そして次の「海の底」 (角川文庫)を「自衛隊三部作」というのだそうです。

この本には、新井素子が解説を書いていまして、それがいかにも新井素子なので好き嫌いはあるかもしれませんが、要領よくまとまっていまして、本書を読もうかどうか迷った時は、解説を先に読んでお確かめください。
なによりも、わかりやすい、というのがこの作者の長所かと思います。
引用したあらすじでは微妙にぼかしてあるのを、以下ではもうすこし明かしてしまいますので、白紙の状態で読みたい方は、以下は読まずに本へ!
「空の中」 というタイトル通り、空に住む(?) 「白鯨」(ディック)と、その分身(?) フェイク。
かなり怖い(?)存在なんですけど、なんだかフェイクかわいい。
かわいいけれど、これに憑かれていく主人公で高校生の瞬。瞬をとりまく、佳江と宮じい。
そして、自衛隊のパイロット三尉武田光稀(みき)と、事故調査委員春名高巳。
作者ご本人が、「大人ライトノベル」がほしくて、そういうものを書いたというだけあって、キャラクターもくっきり。
2つのパートで、さてどうなるのだろうと話をひっぱっていく。
ある意味、甘々なストーリーなんですが、それが心地よい。
巻末に特別書き下ろし「仁淀の神様」が収録されていて、後日談(?)が楽しめます。

次の「海の底」 も楽しみです。
(でも、読むのは一体いつになることやら!?)

<おまけ>
「塩の街」は電撃文庫で読みました。

塩の街―wish on my precious (電撃文庫)

塩の街―wish on my precious (電撃文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2004/02
  • メディア: 文庫

後で、角川文庫にも収録されていますね。

塩の街 (角川文庫)

塩の街 (角川文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/01/23
  • メディア: 文庫





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

民王 [日本の作家 あ行]


民王 (文春文庫)

民王 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/06/10
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ!」 漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!? 一気読み間違いなしの政治エンタメ!


漢字の読めない政治家や酔っぱらい大臣というと、あからさまなモデルがありますね。
池井戸潤、売れてきたから、現実によりかかった小説をてすさびに書いたんだろなぁ、いただけないなぁ、というのが、読む前の感想。

読んでみてびっくり。
あらすじではわからないようになっていますが、遠藤憲一、菅田将暉主演で、ドラマ化されたので有名になっちゃったと思いますから明かしてしまいますと、総理とそのバカ息子が入れ替わってしまう、という設定なんですね。
ドラマを見ていないので、その辺を知らずに読んでびっくりしました。
漢字が読めなかったり、とんちんかんだったりしたのは、バカな大学生の息子が中身だったから、というわけですね。なるほど。
入れ替わりのメカニズムにも、SFチックですが、陰謀が...というあたりも、楽しい仕掛けでしょう。

だからと言って、安直な小説が安直でなくなるわけでもなく...そのあたりはシビアにみる必要があるでしょう。
ドタバタコメディとしても上質とはいいがたい。
ただし、さすがは池井戸潤というべきか、ステレオタイプながらも、泣かせ処というか、聞かせ処というか、ラストではしっかりと盛り上げてくるんですね。
主張は生硬で、ありきたりですが、そのぶん普遍性があって、理解しやすい。
こういう作品ばかり書かれると困りますが、1作くらいこういうのに寄り道してもらっても、まあ、よし、ということでしょうか。

タグ:池井戸潤
nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

悪徳警官はくたばらない [海外の作家 ら行]


悪徳警官はくたばらない (文春文庫)

悪徳警官はくたばらない (文春文庫)

  • 作者: デイヴィッド ローゼンフェルト
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
町を騒がす汚職警官殺害事件。犯人は自分だ――弁護士アンディを訪れた男は告げた。それが悪辣な罠のはじまりだった。事件の様相は二転三転、ついにはアンディの恋人が容疑者として逮捕される事態に! 弁護に立つはわれらがアンディ。だが情勢は不利。狡猾な敵のしかけた罠を破れるか? 読みごこち最高の痛快ミステリ!


「弁護士は奇策で勝負する」 (文春文庫)に続くシリーズ第2作で、みなさんにおすすめ、と言いたいところですが、2005年に翻訳された本書、とっくに品切れ状態。
第1作のネタバレもあるので要注意なんて、警告も不要ですね。1作目も2作目も絶版ですから。

弁護士が主人公で、語り口に特徴があって(特に本作は、大部分を現在形が占めるという、かなり特殊な文体を採用していて-原文がどうなっているのかわかりませんが-、これが非常にリズムよく、心地よく読める原動力になっています)、軽い、気の効いたミステリ。

この第2作はプロットが入りくんでいるのがポイントですね。
弁護士には依頼人に関し守秘義務がある。
なので殺人を自白されても、暴露できない。同じ事件で、自分の恋人が逮捕されてしまう...さて、どうする!?
敵を見定めて、法廷で決戦。ドラマチックですが、アンディにはあまり武器はありません。
アンディ自身が被告側の証人として法廷に立つ、なんて荒技も!
トム・クルーズとジャック・ニコルソンの映画「ア・フュー・グッドメン」 への言及があったりしますので、綱渡り加減を想像いただけるかと思いますが、いやあ、危ない、危ない。
ラストにもうひと波乱あるのもうなずけますね。

あと、本書で特筆すべきは解説でしょう。
実際にはどなたが書いていらっしゃるのかわかりませんが、タラが書いたという体裁。タラ、というのは主人公アンディの飼い犬です。
冒頭の登場人物表にもしっかり記載されていて、「ぼくの愛犬 ゴールデンレトリーバー」となっています。
これが、結構、ほろりとさせられます。

このあと翻訳が途絶えていますが、アメリカではシリーズは快調に続いているようです。
訳されたら必ず買いますので、どこか翻訳出版してください!




原題:FIrst Degree
作者:David Rosenfelt
刊行:2003年
翻訳:白石朗


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: