So-net無料ブログ作成

ねずみ石 [日本の作家 大崎梢]


ねずみ石 (光文社文庫)

ねずみ石 (光文社文庫)

  • 作者: 大崎 梢
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/01/12
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
真ん中にひと文字「子」という漢字が入った灰色のすべすべとした楕円形の石。神支村の子どもたちが祭りの夜に探す「ねずみ石」は、願いをひとつだけ叶えてくれる――。中学一年生のサトは四年前の祭りの日、一時行方不明になった。その夜、村で起きた母娘殺人の犯人は未だに判明していない。親友セイとともに、祭りを調べていくうち、サトは事件の真相へと迫っていく。


大崎梢の作品群の中では、ミステリ味の濃かった「片耳うさぎ」 (光文社文庫)の姉妹編(?) です。主人公が男の子になったので、兄弟編??
うん、書店シリーズよりこっちの方がいいですね。

因習というほどのことはないでしょうが、田舎の小さな村を舞台にしたミステリです。
タイトルの「ねずみ石」というのは、子(ね)と書かれた石で、神支神社(かみしじんしゃ)の祭りで、七個のねずみ石をさがす子供向けのイベントがある、という設定です。村のあちこちに隠されている石を見つければ、願いがひとつ叶えられるという。で、いちど見つけたら、次の年からは参加しないという掟(?)。
主人公は、中学一年生のサト(土井諭大 どいさとひろ)。そして同学年の友人セイ(山田誠也 やまだせいや)と、三年生の内修平がメインの登場人物です。
このメインの登場人物たちの心情がポイントの作品で、うまいなぁ、と思いました。
ミステリとしての出来は...「片耳うさぎ」 (ブログの感想ページへのリンクはこちら)同様、まあ他愛もないものですね。
ただ、この作品の場合、テーマというか、まずまず難しい年ごろの中学生を描くという方向性から真犯人が設定されていると思われ、その意味ではミステリの肝ともいうべき意外性はあえて放棄する形をとっているように感じました。
ミステリ好きとしては若干複雑なところですが、この作品はこれでいい気がします。

千街晶之の解説によると、同系列に「かがみのもり」 (光文社文庫)があるようです。
主人公が新米教師で大人なのがちょっと不安ですが...そちらもいずれ読んでみます。

タグ:大崎梢

2016本格ミステリ・ベスト10 [その他]


2016本格ミステリ・ベスト10

2016本格ミステリ・ベスト10

  • 作者: 探偵小説研究会
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本



12月8日に書いた週刊文春2015ミステリーベスト10 に続く年間ベスト本は、「2016本格ミステリ・ベスト10」です。
これもすっかり毎年恒例となりましたね。

日本編ベストスリーは順に、
第一位 深水黎一郎「ミステリー・アリーナ」 (原書房)
ミステリー・アリーナ (ミステリー・リーグ)

ミステリー・アリーナ (ミステリー・リーグ)

  • 作者: 深水 黎一郎
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: 単行本


第2位 倉知淳「片桐大三郎とXYZの悲劇」(文藝春秋)
片桐大三郎とXYZの悲劇

片桐大三郎とXYZの悲劇

  • 作者: 倉知 淳
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/09/24
  • メディア: 単行本


第3位 米澤穂信「王とサーカス」(東京創元社)
王とサーカス

王とサーカス

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: 単行本


深水黎一郎は、最近充実してきていますので、貫録の1位というところでしょうか。
文春1位の「王とサーカス」は3位ですね。


海外編は、
第1位 D・M・ディヴァイン「そして医師も死す」 (創元推理文庫)
そして医師も死す (創元推理文庫)

そして医師も死す (創元推理文庫)

  • 作者: D・M・ディヴァイン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/01/22
  • メディア: 文庫


第2位 ヘレン・マクロイ「あなたは誰?」 (ちくま文庫)
あなたは誰? (ちくま文庫)

あなたは誰? (ちくま文庫)

  • 作者: ヘレン マクロイ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2015/09/09
  • メディア: 文庫



第3位 クリスチアナ・ブランド「薔薇の輪」 (創元推理文庫)
薔薇の輪 (創元推理文庫)

薔薇の輪 (創元推理文庫)

  • 作者: クリスチアナ・ブランド
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/06/29
  • メディア: 文庫


3冊とも文庫本というのがいいですねぇ。


毎年楽しみにしている装幀大賞は、
結城充考「狼のようなイルマ」
狼のようなイルマ

狼のようなイルマ

  • 作者: 結城充考
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2015/05/14
  • メディア: 単行本

でした。
amazonから書影は引っ張ってきているのですが、この書影、帯が邪魔ですね。
「2016本格ミステリ・ベスト10」の109ページに掲げられているものは帯がないものですね。

この「2016本格ミステリ・ベスト10」は投票者のコメントをじっくり読むのが楽しみなんですが、17位に「聖母」(双葉社)がランクインしている秋吉理香子が気になりました。


C.M.B.森羅博物館の事件目録(16) [コミック 加藤元浩]


C.M.B.森羅博物館の事件目録(16) (講談社コミックス月刊マガジン)

C.M.B.森羅博物館の事件目録(16) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/02/17
  • メディア: コミック



この第16巻は、
「ナスカの地上絵」
「レヤック」
「学校の七不思議」
「クファンジャル」
の4話収録です。


「ナスカの地上絵」は、タイトル通り、ペルーのナスカ台地が舞台です。
ナスカに道路を通す計画が持ちあがって、強硬に反対していたスペイン人のサイード博士が、墜落死する。しかし、現場の平原には墜落死できるような高いところはない。
魅力的な謎でしょう?
うまくいくかな? と思う危なっかしいところもありますが(こんなことして、地上絵は大丈夫なのでしょうか??)、非常に絵になるいいトリックだと思いました。おもしろい。

「レヤック」は、バリ島が舞台です。
レヤックはバリ島に伝わる悪霊。
迷信深い(信心深い?)島人というのはいいんですが、この犯人と動機(?) は、なし、じゃないかなぁ?
すっきりしません。

「学校の七不思議」で、後輩に怪談を残してやろうと考えだす(?) 馬鹿馬鹿しい怪談がおかしい。
飼育室に閉じ込められる仕掛け(?) は単純だし、学校でここまでうまく働くかな、と思ってしまいますが、怪談を背景にして舞台に合っていますね。
「なんでみんな 怖い話なんか聴きたがるのかな?」
「人は白い紙に絵を描くけど……黒い闇の中にも絵を描きたがるんだ」
って、かなり印象的なセリフでした。

「クファンジャル」に、ヒヒ丸がちょこっとだけ出演。
クファンジャルというのは、「トルコなど中近東の男性が持つお守りの短剣」だそうです。
しかし、この解決というか、オチは、ちょっとがっくり。
泥棒たち、あまりにも頭悪すぎ...



タグ:加藤元浩 CMB

ばけもの好む中将 平安不思議めぐり [日本の作家 さ行]


ばけもの好む中将―平安不思議めぐり (集英社文庫)

ばけもの好む中将―平安不思議めぐり (集英社文庫)

  • 作者: 瀬川 貴次
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
十二人の姉が居る以外は、ごく平凡な中流貴族の宗孝。御所に鬼が出たという噂を聞き、仲間たちと度胸試しで確かめに行くが、そこに居たのは怪異を愛する変人と名高い名門貴族・宣能(のぶよし)だった。なぜか彼に気に入られてしまった宗孝は、彼と共に鬼の正体を追うことに。結局、人の仕業とわかって落胆する宣能だったが、その後も続く怪異の裏には、とある陰謀が隠れていて……。新感覚、平安冒険譚!


この本を買ったとき、すでにシリーズは第3巻まで出ていました。
「ばけもの好む中将 平安不思議めぐり」 (集英社文庫)
「ばけもの好む中将 弐 姑獲鳥と牛鬼」 (集英社文庫)
「ばけもの好む中将 参 天狗の神隠し」 (集英社文庫)
時代物だし、怪異はあってもミステリとは違うみたいだし、いつもならスルーする本なのですが、ふと手に取って、表紙袖の作者紹介を見てびっくり。
「また、瀬川ことび名義での著書に『お葬式』『妖霊星』 などがある。」
えっ、瀬川貴次って、瀬川ことびだったの?
瀬川ことびだったら、第6回日本ホラー小説大賞短編賞佳作を表題作とした
「お葬式」 (角川ホラー文庫)
から始まって、
「厄落とし」 (角川ホラー文庫)
「夏合宿」 (角川ホラー文庫)
「7」 (角川ホラー文庫)
と読んでいます。
ホラーなんだか、ユーモアなんだか、かなり特異な作風で、好みでした。
これは、読まねば! そう思って、即購入。
「お葬式」 などのことび名義の作品とはちょっと趣が違いますが、楽しめました。
まずは、若い人向けということだから、かもしれませんが、キャラクターですね。
「生まれもよし、見た目もよしで、なんの不足も不満もないはずなのに、どうして宣能は化け物にこれほど入れあげるのか。」(134ページ)と宗孝に言われる宣能と、宣能に引っ張りまわされる宗孝の組み合わせがポイントですね。
そして、宗孝の大勢の姉たち。
そして、怪異だ、妖異だといいながら、人間の企みが隠されているのを暴いていくのですから、薄味とはいえ、これはミステリでもあるのです!!
もうちょっと大仕掛けの陰謀だとより楽しめると思いましたが、これはこれでよし、でしょう。
いまのところ、「ばけもの好む中将 四 踊る大菩薩寺院」 (集英社文庫)まで出ているようで、今後のシリーズに期待します。


<蛇足>
わざと現代風の言い回しを登場人物にさせている部分もあって(解説で大矢博子も指摘していますが)、それもまた楽しなのですが、
平安時代の人間が
「とんでもありません」(133ページ、259ページ)
と言うのはまずいと思います。
校正でチェックしてあげればいいのに。





週刊文春2015ミステリーベスト10  [その他]

週刊文春 2015年 12/10 号 [雑誌]

週刊文春 2015年 12/10 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/12/03
  • メディア: 雑誌



週刊文春2015ミステリーベスト10 が掲載された12月10日号が発売されています。

日本編ベストスリーは、
第1位 米澤穂信「王とサーカス」
王とサーカス

王とサーカス

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: 単行本

第2位 東山彰良「流」
流

  • 作者: 東山 彰良
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/05/13
  • メディア: 単行本

第3位 深緑野分「戦場のコックたち」
戦場のコックたち

戦場のコックたち

  • 作者: 深緑 野分
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/08/29
  • メディア: 単行本


昨年「満願」(新潮社)で第1位だった米澤穂信が2連覇です。

海外編ベストスリーは順に、

第1位 ピエール・ルメートル「悲しみのイレーヌ」
悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 文庫

第2位 ジェフリー・ディーヴァー「スキン・コレクター」
スキン・コレクター

スキン・コレクター

  • 作者: ジェフリー ディーヴァー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/10/17
  • メディア: 単行本

第3位 ウィリアム・ケント・クルーガー「ありふれた祈り」
ありふれた祈り (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ありふれた祈り (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

  • 作者: ウィリアム ケント クルーガー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/12/10
  • メディア: 新書


こちらも去年「その女アレックス」 (文春文庫)で第1位を獲得したピエール・ルメートルが、「悲しみのイレーヌ」 (文春文庫)で2連覇。
国内・海外両部門ともに同じ著者が連続1位というのは、「ミステリーベスト10」史上初だそうです。

この「週刊文春 2015年 12/10 号」の「阿川佐和子のこの人に会いたい」のゲストが、ピエール・ルメートルです。