So-net無料ブログ作成
検索選択

雨恋 [日本の作家 ま行]


雨恋 (新潮文庫)

雨恋 (新潮文庫)

  • 作者: 松尾 由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/08/28
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
ある晩、マンションの居間で彼女は語りだした。「わたしは幽霊です。そういうことになるんだと思います」。OL・小田切千波は自殺したとされていた。だが、何者かに殺されたのだ、と訴えた。ぼくは彼女の代わりに、事件の真相を探ることにする。次々と判明する驚愕の事実。そしてぼくは、雨の日にしか会えない千波を、いつしか愛し始めていた。名手が描く、奇跡のラブ・ストーリー。


ここから、ようやく昨年10月に読んだ本の感想に入ります。

松尾由美の作品の感想を書くのはこれが初めてですね。
松尾由美といえば、変な作品! (念のため、褒め言葉です)
ミステリでは、「バルーン・タウンの殺人」 (創元推理文庫)「安楽椅子探偵アーチー」 (創元推理文庫)も変だったし、サスペンスでは「ブラック・エンジェル」 (創元推理文庫)も、「ピピネラ」 (講談社文庫)も相当変わっていました。

ですが、この「雨恋」 は、幽霊とか出てきても、まあ、普通です。
路線としては、パラレル・ワールドを扱っていた「スパイク」 (光文社文庫)に近いのかもしれません。
小道具(?)として、「スパイク」 では犬、この「雨恋」 はで猫が使われるという類似点もありますね。

雨の日にしか会えない幽霊...
松尾由美の、透明感ある、とでも言いましょうか、ある意味乾いた文体がぴったりです。
千波の死の真相をさぐる、ミステリ風味も効かせてあります。
自分の死の真相って、結構扱いが難しそうですが、さすがは松尾由美、うまく着地してみせます。
千波とぼく渉の恋物語も、千波が幽霊である以上予想のつく着地を見せるのに、「なーんだ予想通りじゃん」なんて思わず、素直に読めました。

タイトルの読み方は、「あまごい」。ラストに響いてきます。

豊崎由美の解説が素晴らしいので買おうかどうか迷っている人は解説の最初の部分を、読み終わった人は解説を全部読まれるとよいと思います。

それにしても、帯の
「ラスト1ページ、涙が止まらない。」
というのは、いまいちですねぇ。
泣かせる話が世間的には受けるのは確かでしょうが、なんか、じめじめした売り方に思えます。
この「雨恋」 の売り方として、ふさわしいとは思えませんでした。

以下のブログにトラックバックしています。
No one’s gonna dive


<2016.11.13追記>
双葉文庫でこの作品復活しましたが、タイトルが変更になっています。
題して、「雨の日のきみに恋をして」 (双葉文庫)



雨の日のきみに恋をして (双葉文庫)

雨の日のきみに恋をして (双葉文庫)

  • 作者: 松尾 由美
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/10/13
  • メディア: 文庫







タグ:松尾由美
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) [コミック 加藤元浩]


C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) (講談社コミックス月刊マガジン)

C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/02/17
  • メディア: コミック



この第19巻は、
「銀座夢幻亭の主人」
「夜にダンス
「大統領逮捕事件」
の3話収録です。

「銀座夢幻亭の主人」は、昭和30年代に銀座にあった「夢幻亭」の主人、稀代の美貌で、全ての客に愛され、みんなを愛した涼、彼が本当に好きだったのは誰か、という謎を扱っています。
これ、ちょっと平凡な答えだと思ったのですが、いかがでしょう??

「夜にダンス」は、防犯カメラや他の証人の証言と食い違う証言の謎を森羅が解きます。
これも、ミステリとしては平凡な答え。このトリック(?) すぐに見当がつきます。
それでも、「トンボは運命だから飛ぶ」という森羅のセリフが、周りの反対を押し切ってアメリカにダンスの勉強をしに行こうとする高校生の姿と響きあって、よかったです。

「大統領逮捕事件」は、もう一つのシリーズ、「Q.E.D.証明終了」とのコラボです。
「Q.E.D.証明終了」の方の感想ページへのリンクはこちら
裁判の結果はエチケットとして書きませんが、この「Q.E.D.証明終了(41)」 (講談社コミックス月刊マガジン)には判決も、そのあとの展開も描かれています。
こういう試み、おもしろいですね。

この第19巻にも、ヒヒ丸が出てこなかった...ちぇっ。


<2016.7.24追記>
タイトルと書影が間違っていたので修正しました。
18巻としていまっていました。19巻が正しいです。




タグ:加藤元浩 CMB
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Q.E.D.証明終了(41) [コミック 加藤元浩]


Q.E.D.証明終了(41) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(41) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/02/17
  • メディア: コミック




この第41巻には「バルキアの特使」と「カフの追憶」の2つの話が収録されています。

「バルキアの特使」は、もう一つのシリーズ、「C.M.B.森羅博物館の事件目録」 (講談社コミックス月刊マガジン)とのコラボ作品です。
今回は、あらすじとは思えなかったので↑には引用しなかったのですが、帯には
「対峙するのは、知を司る『“C”“M”“B”』の指輪の主・榊森羅!」
と書かれています。
虐殺を行ったとして人道に反する罪でベルギーで逮捕された、東ヨーロッパの小国バルキア共和国の元大統領スワミ。
自国で裁判を行うというベルギーに対し、バルキアで裁くべく、ベルギー政府発行の逮捕状の無効とスワミの身柄返還を求め、国際司法裁判所に提訴したバルキア。
燈馬は今回、バルキア共和国の補佐人となります。一方、ベルギーの補佐人が森羅。
で法廷での対決劇となるわけです。
結果がこちらでは描かれておらず、対となる「C.M.B.森羅博物館の事件目録(19)」 (講談社コミックス月刊マガジン)で描かれているようです。
「あんた達が頭がいいのは交わす言葉を端折るためじゃねェだろ!! イトコなんだからちゃんと話してこい!!」って可奈のタンカ、かっこいいですねぇ。

「カフの追憶」は、禁錮40年の計でアメリカの刑務所に囚われている囚人の迷妄を解くという話なんですが、いくらなんでもこれはいただけませんね。
ミステリでいうところの、アンフェアの最たるものです。
描かれている内容な悪くない、というか、むしろすきな方に入るんですが、物語の枠組みが致命的にだめだと思います。残念。



タグ:加藤元浩 QED
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アップルターンオーバーは忘れない [海外の作家 は行]


アップルターンオーバーは忘れない (ヴィレッジブックス)

アップルターンオーバーは忘れない (ヴィレッジブックス)

  • 作者: ジョアン・フルーク
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2012/10/20
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
〈クッキー・ジャー〉の6月はとにもかくにも忙しい。それでも頼まれるとイヤとはいえないのがハンナ。町長夫人主催のチャリティーパーティ用に大量のお菓子を焼いて、出張中のノーマンの愛猫を預かり、隠し芸大会に出るハーブマジックショーの助手も引き受けて、さすがにへとへと。でもハンナには他にも気になることが。あの女たらし、レイク・エデンの客員教授になった元恋人ラムジーが末妹ミシェルと関係を深めているようなのだ。 昔のことを妹に話すか悩んでいた矢先、死体となったラムジーを発見し……。
犯人探しも私にまかせて! 意外な展開が次々と、大好評お菓子探偵シリーズ第13弾!


ハンナの昔の恋人というか付き合っていた相手というか、騙された相手と言うべきですね! が殺されます。
しかしハンナ、こんなやつに騙されていたんですねぇ。若かったんだねぇ。こういう殺されても読者が残念に思わないやつを被害者に選ぶというのも、コージー・、ミステリでは大事なポイントですよね。
ハンナは今回も超いきあたりばったりの捜査(?) で犯人にたどり着きますが、この犯人像だと、ちゃんと推理でつきとめるのは難しかったでしょうねぇ。その意味では、ハンナの捜査方法にぴったりの犯人!?
このシリーズには珍しく(?) 動機がきわめて普通なのは、被害者の設定が設定だからでしょうか?

シリーズ的には、あのノーマンが怪しい動きを見せます。
一方で、マイクが妙にやさしかったりして...
さぁ、このあとどうなるんでしょうか?

こちらがぼやぼやしているうちに、
「デビルズフード・ケーキが真似している」 (ヴィレッジブックス)
「シナモンロールは追跡する」 (ヴィレッジブックス)
「レッドベルベット・カップケーキが怯えている」 (ヴィレッジブックス)
と3冊も続刊が翻訳されています。
頑張って読むぞー。いずれ...
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: