So-net無料ブログ作成
検索選択

眼球堂の殺人 ~The Book~ [日本の作家 さ行]


眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)

眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)

  • 作者: 周木 律
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
神の書、"The Book"を探し求める者、放浪の数学者・十和田只人(とわだただひと)がジャーナリスト・陸奥藍子(むつあいこ)と訪れたのは、狂気の天才建築学者・驫木煬(とどろきよう)の巨大にして奇怪な邸宅 "眼球堂" だった。二人と共に招かれた各界の天才たちを次々と事件と謎が見舞う。密室、館、メフィスト賞受賞作にして「堂」シリーズ第一作となった傑作本格ミステリ!


第47回メフィスト賞受賞作で、〇〇"堂の殺人"というパターンで、で、目次をみると、「眼球堂の殺人事件」と書いてあって...いかにもな作りで、いかにもな作品ですよね。
帯には、森博嗣が
「懐かしく思い出した。
本格ミステリィの潔さを。」
なんて書いている。
うーん、どうでしょうか。期待しすぎましたか。あるいは、こちらが若い頃に読んでいたらよかったのか...
最近、本格ミステリ、より厳密にいうといわゆる新本格ミステリテイストの作品を読むとこういう感想を抱くようになりました。

奇矯な登場人物に、奇矯な建物。
世界を代表する天才建築家驫木煬(とどろきよう)が建てた建物、眼球堂。集められたのは天才たち。
つまらないと思うわけではないのですが、なにか物足りなく感じてしまうんですよね。
館ミステリにつきものの図面。
38ページとか、42、43ページに掲げられている図、わくわくすんですよね。
でも、これこの数枚の図を見ただけで、
(ネタバレにつき伏字にします)アレ? この館回転するんじゃないの?  アレ? この立地、水が溜まるんじゃないの? (ここまで伏字)
と思ってしまうんですよね。

また、驫木煬の子どもが、善知鳥神(うとうかみ)という天才数学者である、という設定になっています。
でも、館に呼ばれたのは、探偵役をつとめる、放浪の天才数学者十和田只人で、善知鳥神はいない、と。
この設定だけで、
(ネタバレにつき伏字にします)呼ばれている登場人物の中に善知鳥神がいるんだろうな、とすると候補者少ないな。 ってことは、あれか、十和田とくっついているということで冒頭から登場する、陸奥藍子が怪しいよな。叙述トリックかぁ。タイトルと違う目次だったしねぇ。(ここまで伏字)
と思ってしまうんですよね。

で、真相はその通りだったんで、ちょっと残念。
メインとなる部分が、早々に見当ついちゃうと、ちょっとね。

それでも、この作品、おもしろかったかどうかというと、おもしろかったんです。
一昔前でいうところのペダンティックな部分(天才同士の会話とか、建築学があらゆる学問の最上位に来るものだ、とか)も、もっともっと淫してほしいと思ったりもしましたが、この作品には、ミステリが古来持っていた(大げさですが)、稚気、遊び心が溢れているからです。
いわゆる新本格が大切にしていたものを、この「眼球堂の殺人 ~The Book~」 (講談社文庫)はきちんと受け継いでいると確かに感じました。

続々とシリーズが文庫化されていくようなので、追いかけてみたいです。


<下のブログにトラックバックしています>
せいぞんかくにん。
黒夜行
不定期日記



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

C.M.B.森羅博物館の事件目録(21) [コミック 加藤元浩]






この第21巻は、
「冬木さんの1日」
「湖底」
「エルフの扉」
「バレッタの燭台」
の4話収録です。

「冬木さんの1日」は、外資系の会社で働く冬木亜季の死んだ父親冬木一郎の一日を亜季が見つめなおすというストーリー。
ポイントは、「“驚異の部屋(ヴァンダー・カンマー)”をご案内します」といういつもの決め台詞を、森羅ではなく立樹が言うことでしょうか(笑)。森羅が横にいたのに。
この程度で“真実”に気づけるのなら、もっと早く気づいていたと思いましたが、灯台下暗しではないけれど、意外とそんなものかもしれませんね。

「湖底」は日本有数の巨大グループを率いる一族の姉妹が出てきて、妹の恋人が溺れて死んだという話。
水中遺跡が出てきて楽しいのですが、溺れたときに船が突然消えたと目撃されている、というのが非常に美しく解かれるのが更に楽しい。
これ、大好きです。

「エルフの扉」は、マウがメインキャストですね。
マウの少女時代のエピソードが出てきます。なるほどね。
でも、やっぱり、騙す方も悪いけど騙される方も悪いように思えました、このストーリーでは...

「バレッタの燭台」は、マルタ島が舞台で、聖ヨハネ騎士団が出てきます。
聖ヨハネ騎士団のバレッタ騎士団長が礼拝で使っていた燭台をめぐる話で、ドイツ、スペインフランスイギリスの4ヶ国が所有権があるとして名乗りをあげます。
この裁定を森羅がする、というわけですが、まあ、この決着はどうでもよくて(失礼、でも、こんなのどうとでも、と言えそうな...)、七瀬の活躍の仕方がポイントですね。

この21巻、ヒヒ丸が出てこなかった...
タグ:加藤元浩 CMB
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Q.E.D.証明終了(43) [コミック 加藤元浩]






ずいぶん更新をさぼってしまいました。ちょっと仕事が忙しいとダメですね。

さて、この第43巻には「検証」と「ジンジャーのセールス」の2つの話が収録されています。

「検証」は、殺人事件の状況を再現し、警察に捕まった被疑者以外に、殺人が可能だった人物がいたのかどうか、検証する、というストーリーです。
狙いはおもしろいと思いますが、こういう検証、そもそもうまくいきそうもないですよね。
それを前提に物語が作られているところがポイントかと思います。技あり。
ただ真犯人が平凡になってしまっているのは、この設定につきまとう宿命のように思えました。

「ジンジャーのセールス」は、帯の裏表紙側にあらすじがついていました。
銀行投資部門で監査役を引き受けることになった燈馬。
第一候補は民間宇宙旅行会社。見るからに穴のありそうな物件だが、
売り込むのは神技セールストークの持ち主、ジャンジャー・ガレージだった!」
お話そのものは楽しく仕上がっていると思いましたが、うーん、神技とまでは思えませんでした。
あと、銀行の投資部門とやらの審査、ここまでいい加減ですか??


タグ:加藤元浩 QED
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: