So-net無料ブログ作成
検索選択

レプリカたちの夜 [日本の作家 あ行]


レプリカたちの夜

レプリカたちの夜



<裏表紙作品紹介>
「わかりませんよ。なにがあってもおかしくはない世の中ですから」--登場人物が呟くこのセリフこそ、はてしなく奇妙で、だが最高に魅力的な本作の世界観を代弁している。
 動物のレプリカ製造工場に勤める往本は、残業中の深夜、動くシロクマを目撃する。だが、この世界において、野生のシロクマはとういn絶滅したはずだった。往本は工場長に呼び出され、動くシロクマの正体を内密に探るよう頼まれる。
 はたしてシロクマは本物なのか? それとも工場で作ったレプリカに人が入っているのか? 入っているとしたら、それは一体誰なのか?--往本と共にシロクマを追ううちに、読み手はいつのまにか、ぐにゃりと歪んだ世界に足を踏み入れている。
 気づけば、ものごとはかなりの混乱をきたしている。あったはずのものがなかったり、なかったはずのものが現れたり。そして、その混沌の中で交わされる、妙な登場人物たちのヘンテコな会話に愛着を覚えるようになった頃には、あなたはその世界からすっかり抜け出せなくなっている。


単行本です。
第2回新潮ミステリー大賞受賞作です。
上で引用した内容紹介文、あれで1/3程度なんです。長いので、全部引用するのはやめました。

帯に、選考委員をつとめた伊坂幸太郎のことばが載っています。
いわく
とにかくこの小説を世に出すべきだと思いました。
ミステリーかどうか、そんなことはどうでもいいなあ、と感じるほど僕はこの作品を気に入っています。」
作品の評価は別にして、ミステリーの賞を授賞するのなら、その作品はミステリーでないと困ると思うのですが...

正直この作品をミステリーとして評価するのは難しいと思います。
ミステリー的な展開もあることはありますが、明らかに力点はそこにはない。
次々と出てくる謎は、ほとんど解かれません。
この作品は、大賞ではなく、せめて審査員特別賞とかいう枠組みで出版すべきではなかったか、と。
あるいは、いっそ伊坂幸太郎賞?

とはいえ、この小説をつまらないと思った、ということではありません。
ちゃんと理解できたか、という質問にもまったく自信がないという回答しかできませんが、不思議なおもしろさを感じました。
レプリカと本物、という分け方は、畢竟、人間とは、人とは、自分とは、という問いに重なっていくわけで、そりゃ難しい。

普通じゃない登場人物たちの奇妙な会話は、確かにクセになります。
おそらくはミステリではないのでしょうが、次はどんな作品を出してくるのか、気になる作家です。






nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

海街diary 7 あの日の青空 [コミック 吉田秋生]


海街diary 7 あの日の青空 (フラワーコミックス)

海街diary 7 あの日の青空 (フラワーコミックス)



<裏表紙あらすじ>
中学最後の年を迎えたすずに、静岡の高校からサッカー特待生の話が舞い込む。なかなか決められず、悩む彼女に寄り添う風太だが……。一方、すずの姉たち3人もそれぞれ恋の悩みを抱え!?
鎌倉の街に初夏の風が吹く、シリーズ第7巻。


このシリーズ「海街diary 7 あの日の青空」 (フラワーコミックス)には、
「同じ月を見ている」
「パンと女子と海日和」
「あの日の青空」
「遠い雷鳴」
の4話 収録。

「同じ月を見ている」では、いよいよすずが進学についての決断をします。
「同じ月を見ている」というのは「いろんな人がいろんな気持ちでおんなじ月を見てるんだろうね」という意味であるわけですが、「月はずっと同じように闇を照らしてくれていた」という含みも月はもっているわけですね。
紹介されている、満月の夜月が海に映って道みたいに見える「月の道」、観てみたいです。
久しぶりに藤井朋章の消息が触れられているのがGOODですね。

「パンと女子と海日和」では、幸ねえとヤスがついに恋人宣言。
一方で、浜田店長は千佳を置いてネパールに(2週間だけど)行ってしまうし、佳乃は坂下課長との間の壁にいらいらしています。

「あの日の青空」は、これまで何度も出てきたネパールの青空のことですが、なかなか意味深ですね。
すずは奈良京都へ修学旅行。こちらはお笑いパートですね(笑)。
一方で、ついについに、佳乃と坂下課長の仲が大きく進展します。山猫亭の福田のおやじが大きな役割を果たします。福田のおやじのする話も、坂下課長のする話も、重い内容ですが、重要ですね。
「話聞いてくれるいう相手がいつまでもおる思とんのか!? そんな相手が明日もまたおんなしように笑てくれるいう保証がどこにあんねん!」

「遠い雷鳴」は、うまくいきはじめた幸ねえと佳乃、そして決断を仕切ったすずの後日談的な雰囲気を漂わせながら、残ったチカの試練(?)が出てきます。
「あの日の青空はね たぶん あの場所に行かないと見えないんだよ」というチカのセリフが象徴的ですよね。
浜田店長がネパールに行ってしまったというだけではなくて、妊娠検査薬ですか...続きが気になりますね。吉田さん、あんまり厳しい運命をチカにつきつけないでくださいね。





nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

うそつき、うそつき [日本の作家 さ行]


うそつき、うそつき

うそつき、うそつき



<表紙袖あらすじ>
国民管理のために首輪型嘘発見器の着用が義務付けられた世界。非合法の首輪除去技術を持つ少年フラノは、強盗犯、痣のある少女、詐欺師、不倫妻、非情な医者、優しすぎる継母など、様々な事情を抱えた人々の依頼を請けて日銭を稼いでいた。だが彼には密かな目的があった。ある人のために特殊な首輪を探しだして、外すこと。首輪には複数のタイプがあり、中でも、フラノに技術を仕込んだ師匠ですら除去法を教えられず、存在自体ほとんど確認されていない難攻不落の型こそ、フラノが探す首輪・レンゾレンゾだった。レンゾレンゾを求めることがやがてフラノを窮地へ追いやり、さらには首輪に隠された秘密へと導いてゆく。人はなぜ嘘をつき、また真実を求めるのか。フラノが辿り着いた衝撃の結末とは?
近未来の管理社会を生きる少年の苦悩と成長を瑞々しい筆致で描く、ディストピア青春ミステリ。小説推理新人賞とダブル受賞でデビューした超大型新人による、第5回アガサ・クリスティー賞受賞作。


単行本です。
第5回アガサ・クリスティー賞受賞作。
ディストピアという語も上↑のあらすじには出てきますが、SF的設定を用いています。
正直、この設定、かなり疑問だらけ。
でも、まあ、この種の作品はそういうものだ、として読むのがよいのでしょう。
むしろ、その設定が効果的に使われているか、という方を気にしないといけないのでしょうね。
嘘発見器が常につけていて、他人がこちらの嘘を見抜いてしまうという状況で生まれ育つと、だいぶ人間の行動も変わってくると思うのですが、そういうような部分は読み取れませんでした...

この作品は、「首輪外し」を繰り返していくわけで、連作短編のようなテイストになっています。
後半はフラノ自身の物語としてまとまっていきます。
主人公フラノの現在と過去を交互に重ねて描いていくので、この構成はおもしろかったですね。

「首輪外し」は人助けでありながら、同時にその人を殺してしまう可能性を強く持っている設定が、フラノに与える影響が読みどころですね。
もともと少年少女の成長物語的なストーリーが好きなので、この作品には点が甘くなりますが、フラノのラストは予定調和でありながら、衝撃的で気に入っています。
しかし、このディストピア、何を目指したんでしょうか。

ただ、アガサ・クリスティー賞はどこに行ってしまうのでしょうか? 気になりますね。
アガサ・クリスティー自体、本格ミステリだけではなく、さまざまな作品を書いていましたので、本格ミステリでなければならない、とは思いませんが、これまでの5年間で、本格ミステリー「致死量未満の殺人」 (ハヤカワ文庫JA)1作だけ、残りの4作はいずれも癖球ばかり、というのはミステリ好きとしては寂しいです。
普通のミステリーでも、十分おもしろい、というのがアガサ・クリスティの王道だと思いますから、彼女の名を冠した賞もそうだといいのになぁ、と思います。




nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

インフェルノ [映画]

インフェルノ T0020832p.jpg


いつものシネマ・トゥデイから引用します。

チェック:人気作家ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第3弾。主演のトム・ハンクス、監督のロン・ハワードが続投し、これまで数々の歴史や名画の謎を解明してきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授が、詩人ダンテの「神曲」の「地獄篇」に絡んだ世界を揺るがす陰謀に挑む。ラングドンと共に謎を追う医師を『博士と彼女のセオリー』などのフェリシティ・ジョーンズが演じるほか、『ジュラシック・ワールド』のオマール・シーとイルファン・カーンらが共演。

ストーリー:記憶喪失状態でフィレンツェ病院で目覚めたロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は何者かに命を狙われるも、医師のシエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)の手引きで事なきを得る。やがて二人は、人口増加を危惧する生化学者バートランド・ゾブリスト(ベン・フォスター)が人類の半数を滅ぼすウイルス拡散をたくらんでいることを知る。彼らは邪悪な陰謀を阻止すべく、ゾブリストがダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」に隠した謎の解明に挑むが……。


『ダ・ヴィンチ・コード』と『天使と悪魔』に続く、映画版ロバート・ラングドン教授シリーズ第3弾。
原作であるダン・ブラウンの小説の方は
「天使と悪魔」 (上) (下) (角川文庫)
「ダ・ヴィンチ・コード」 (上) (中) (下) (角川文庫)
「ロスト・シンボル」 (上) (中) (下) (角川文庫)
「インフェルノ」 (上) (中) (下) (角川文庫)
と出ています。
「ロスト・シンボル」は映画化飛ばされていますね。
この「インフェルノ」、原作を読む前に映画を観ました。「ロスト・シンボル」も積読です...

おもしろかったですが、どうでしょうね、ロバート・ラングドン教授シリーズとして捉えるとあまり...といったところではないかと思いました。
というのも、専門知識があまり活躍しないから。
活劇シーンが多いのも、この映画の見どころなのだと思いましたが、それとラングドン教授とがあまりうまく一致していないような気がします。

ラングドンの幻覚シーンが、ダンテの「神曲 地獄篇」 (講談社学術文庫)をなぞらえているのはすごくて、一瞬しかないシーンだけど印象的でしたが、全体としてみると、普通のサスペンス映画として出来上がっているようです。

ミステリ的には、ウイルス探索がいきあたりばったりなのはご愛嬌ですが、記憶喪失からスタートするだけに、誰が味方で誰が敵かわからない、というサスペンスは十分楽しめました。
タイムリミット・サスペンスとなっている部分は、ちょっと時間の設定に無理があるように思いましたが、定石的でもおもしろかったです。



原題:INFERNO
製作年:2016年
製作国:アメリカ



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

サナキの森 [日本の作家 さ行]


サナキの森

サナキの森



<裏表紙側帯あらすじ>
昭和怪奇譚的テイスト×ラノベ的文体
平成生まれの25歳が放つ、新感覚ホラーミステリー
帯留めを探して欲しい――売れない小説家だった祖父が遺した手紙に従い、仕事を辞めてひきこもっていた私は、遠野を訪れる。この地の旧家で起こった80年前の不可解な殺人事件。それは祖父の怪奇小説『サナキの森』に描かれていた「呪いによる殺人」に酷似していた……。これは偶然の一致か? 祖父は何を知っていたのか? 時空を超えた謎解きが始まる。


単行本です。
新潮ミステリー大賞とかいう、新しい賞の第1回受賞作。
奥付は2015年1月です。

昭和怪奇譚的テイスト、ラノベ的文体、新感覚ホラーミステリーと惹句はいろいろと書かれていますが、読後の印象は、一所懸命ミステリを書こうとしたんだなぁ、というもの。なんたって密室事件ですから。

印象的な文体でスタートして、なかなかいいなと思って数ページ読んでいたら、
「おかーさん」
なんて記載が16ページにあって、せりふとはいえ、なんだかなぁ、と警戒モード。
あとは、「せんせー」というのが出てきますが、それ以外はそこまでひどくない。
この2つを除けば、文章にかなり自覚的な作家なのだと思います。

それが証拠に、作中作「サナキの森」は、旧仮名遣い(!)。
若い作者(1989年生まれ)の旧仮名遣いが正しいのかどうか、わかりませんが、雰囲気は出ています。
サナキというのは「逆袈裟に身体を千切られ、左腕と頭部、それより下の部分に分れた若い女性の妖怪」(116ページ)で、舞台となる佐代村が言い伝えの発祥という設定です。
「一人で山歩きしていると、どこからともなくゆっくり草履で歩く足音が聞こえて来て、その音が聞こえる方に行くとサナキい出会ってしまうから、聞こえたら反対方向に逃げなきゃいけない、けれど絶対に走ってはいけないって話。左腕とか左耳にアクセサリーと着けていると肉ごと持って行かれる……って」(67ページ)とも説明されます。
これをベースにした、旧仮名遣いの作中作「サナキの森」がポイントで、80年前の密室事件を解き明かす、というストーリー。

ただねぇ、この密室トリックがあまりにもいただけない。よくこれで長編を支えようとしましたねぇ。
新潮「ミステリー」大賞だし、なんとかミステリーっぽくしようとして、密室を採り上げたのはいいけれど、そんなにすごいトリックを思いつけるはずもなく、平々凡々なトリックでお茶を濁しちゃった、ということでしょうか。
これなら、密室だ、ということに焦点を当てないほうがよかったと思いますが、これがないとミステリーとしての趣向がほぼなにもないことになってしまうのがねぇ。
作中作の怪奇趣味すらミステリに奉仕する構成となっているので、一層ミステリとしての弱さが気になりますね。

とはいえ、新旧の文体を取り混ぜた構成とか、それぞれの時代に配置した人物像の軽やかさとか、いくつかポイントのある作品には仕上がっていると思いましたので、無理してミステリを志向せずに、自由に想像の羽根を拡げられるとよいのでは、と思いました。


<以下のブログにトラックバックしています>
積読本は積読け!!






nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

十二月八日の幻影 [日本の作家 さ行]


十二月八日の幻影

十二月八日の幻影



<帯>
この男たち、スパイ殺し
奇襲作戦の秘密が漏れている! 裏切り者は誰だ?
太平洋戦争前夜の帝都・東京を舞台に、帝国海軍軍令部特別班と米英露の謀報員たちの知略と謀略が火花を散らす!
プロット、筆力、そして主人公たちの魅力を選考委員[あさのあつこ・笠井潔・今野敏・藤田宜永]が絶賛。


単行本です。
第18回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。
奥付を見ますと、2015年2月20日。

好きなんですよ、こういう作品。
真珠湾攻撃前夜という時代背景に、日本を舞台とした諜報戦...
頭脳戦といったタイプのスパイもので、コンゲームに近いです。
わくわくします。なので、こういう作品が好きな方はぜひ。

なによりも、主人公である潮田と、その上官となる渡海少佐がいいです。
海軍省の食堂のシーンから、すっかり引き込まれてしまいました。カレーライスをめぐるやりとり、無茶苦茶おもしろいじゃないですか。
この後も、小出し小出しに、おやっと思えるシーンの連続で最後まで楽しく読めました。

「武士道など、三百年の太平でしか存在できなかった戯れ言です」(44ページ)
「そもそも、戦国時代に暗躍した忍者、あれは間諜、諜報員、そのものではありませんか。その忍者を使っていたのは、みな、名だたる名将たちですよ。彼らは武士ですよね」(44ページ)
おっしゃる通りですね。日本伝統の武士道って、ひょっとして概念として間違っている!?

「握手をしながら足で蹴り合っている。それが国と国との駆け引きというものです」(291ページ)
この蹴り合いを、垣間見せてくれるスパイものを、日本の軍部を舞台に楽しませてくれました。
第2作「幻影たちの哀哭」が、ようやく先月出たようですが、同じように大戦前夜の日本を舞台にした諜報戦のようです。楽しみです。





<次のブログにトラックバックしています>
第二級活字中毒者の遊読記




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

しだれ桜恋心中 [日本の作家 ま行]


しだれ桜恋心中

しだれ桜恋心中



<表紙袖あらすじ>
若手文楽人形遣いの屋島達也は、師匠・吉村松濤のもとで充実した修業の日々をおくっていた。
そんなある日、達也は怪しげな魅力を持つ花魁の文楽人形「桔梗」を見つける。桔梗は『しだれ桜恋心中』という演目専用に作られた、特別な人形らしい。だが、約60年前に『しだれ桜恋心中』が上演された際、技芸員が次々と不審死を遂げていたことを知り、達也は桔梗に近づくことを恐れはじめる。
一方、補助金削減問題に揺れる日本文楽協会は、『しだれ桜恋心中』を呪いの演目として興行し、観客を呼びこもうとするが……。
一つの演目に込められた想いが引き起こす悲劇を描いた、第4回アガサ・クリスティー賞受賞作。


単行本です。
第4回アガサ・クリスティー賞受賞作。
奥付を見ると、2014年10月20日。うわぁ、2年も前の本だ...

アガサ・クリスティー賞は
第1回が森晶麿「黒猫の遊歩あるいは美学講義」 (ハヤカワ文庫JA)
(ブログの感想へのリンクはこちら
第2回が中里友香「カンパニュラの銀翼」 (ハヤカワ文庫JA)
(ブログの感想へのリンクはこちら
と非常に癖のある作品が続けて受賞したあと、
第3回が三沢陽一「致死量未満の殺人」 (ハヤカワ文庫JA)
(ブログの感想へのリンクはこちら
で普通の本格ミステリがようやく受賞しました。
で、今回第4回のこの「しだれ桜恋心中」で、再びくせ者路線に戻りましたね。

ミステリ的な趣向もあり、ミステリ的な展開を見せても、この「しだれ桜恋心中」をミステリとして呼ぶのは少々無理がありそうです。
巻末につけられている選評を拝見しても、ミステリかどうか、疑念が呈されていますね。
鴻巣友季子さんの言うところの、「無謀とも言える語りのパワー」というのがポイントなのでしょうね。

文楽が題材で、修行中の若者を中心としたストーリーなんですが、文楽人形がしゃべるわ、動くは、もう、作者はやりたい放題です。
もともと人形というのはホラーでもよく使われますし、超常現象を起こす存在として、古今東西いろいろな物語で使われてきているのですが、ミステリーの場合は、もうちょっと抑制的というか、気を配った使い方をする必要があると思います。
文楽人形がしゃべることを前提として(特殊な)ミステリー世界構築、ということでもなく(文楽人形がしゃべるからこそのトリックとか、仕掛けとかがある、わけでもない)、単に文楽人形がしゃべる世界で普通の(ミステリーっぽい)ストーリーが展開するだけ、なので、ちょっと拍子抜け。

と、ミステリーとしては破格で、まあ正直落第といった出来栄えなんですが、面白く読んじゃったんですよねぇ。
人形を意識・意志を持つ一人の登場人部として配すとどうなるか、というのは、よくある安直な発想で、しかも文楽とか人形浄瑠璃とか人形が大きなウェイトを占める古典芸能を舞台に、となるとそれこそ安直の極みみたいな感じもするのですが、こちらに馴染みのない世界だからか、わりとすっと世界に入っていけたように思います。
北上次郎さんの選評「手垢のついた素材を人形を媒介にすることで新鮮な風景に一変する鮮やかさに注目したい」というのはこのあたりのことも関係しているかもしれませんね。(北上さんが文楽にお詳しかったらすみません)

ということで、アガサ・クリスティー賞という看板は無視して、ミステリを期待せずにお読みください。









nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: