So-net無料ブログ作成
検索選択
日本の作家 赤川次郎 ブログトップ
前の10件 | -

人間消失殺人事件 [日本の作家 赤川次郎]


人間消失殺人事件 (講談社ノベルス)

人間消失殺人事件 (講談社ノベルス)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/05/07
  • メディア: 新書


<裏表紙あらすじ>
毎朝同じバスで通学していた高探生の南尾小百合は、ある朝、いつもの駅で降りずに行方不明になってしまう。失踪直前、少女と一緒にいて疑いを掛けられたのは、一人の男性だった。しかし一年後、少女は旅芸人の一座で発見される。喜びもつかの間、彼女の失踪事件はさらなる悲劇を呼び寄せて……!? 偶然、現場の温泉宿に居合わせた大貫警部が事件に関わらないワケがない! 読むと元気がわいてくる、人気ミステリーシリーズ最新作!


大貫警部シリーズ第16弾の本書「人間消失殺人事件」 (講談社ノベルス)には
「人間消失殺人事件」
「有名無実殺人事件」
「寄生生物殺人事件」
「上昇志向殺人事件」
「高温多湿殺人事件」
の5話が収録されています。

表題作は、まず、タイトルがちょっと...
これだと、単なる失踪であって、人間消失とは言わないでしょう...
で、中身もちょっと困りもの、です。
そもそも家出して旅芝居の一座に入って、というかたちで一年ほどもわからないまま、なんてありうるのでしょうか?
それはありうる、としても、小百合が家出し姿を現さないばっかりに、小百合を殺したのだろうと警察に取り調べを受けた男性が死んでしまう(もともと心臓が弱かったために)、という事態。もちろん、一番悪いのはひどい取り調べをした警察ではありますが、17歳にもなって自分が引き起こしたこと(=自分の好きなことだけをして、まわりのことはちっとも考えないことから起こった出来事)の結果をまるで他人事のように感じるのでは困りもの、ではないでしょうか。小百合の両親の反応・対応もかなりひどい。

そう感じていると、第二話「有名無実殺人事件」も、困りものです。
中学生に薬を飲ませて不届きなことをしようとしてた六十五歳の社長が殺され、その中学生が殺したと目されている状況。社長の娘(大人です)がその中学生に非難をぶつけたところに、井上が
「あなたのお父さんは、この子に薬を飲ませて、一緒に風呂に入ったりもしたんです。その方がまともじゃなりませんよ」(84ページ)
警察がこのセリフはだめでしょう。まるで殺されてもいいみたい。確かに、社長のした行為は許されることではないと思いますが、だからってその方が殺すことよりも「まともじゃない」というのは常軌を逸していないでしょうか。
「あら、いつから警察は人殺しの味方になったの?」
と返した娘に、今度は直子が
「敵、味方の問題じゃありません」「人間の倫理の問題です」
いつから、人殺しが正当化されるようになったのでしょうか? 人殺しも立派な倫理上の問題ですけどね。
もちろん、この種のミステリのことですから、中学生がやったのではなく真犯人が現れるわけですが、そして読者は当然そのことを予想しているので、↑の部分の違和感は軽減されるのですが、それでもこの一連のやり取りはアウトだと思います。

弱いものの立場に立つのは結構ですが、そしてそれはエンターテイメント上とても大切なことですが、一方でそれ以外のものの立場や権利(人権)にも必要な配慮というのはあると思います。
あまりに一方的にストーリーを組み立てているようでは支持されないでしょう。
ちょっと最近の赤川次郎は、このあたりのバランスを崩してしまう例が多くなっているように思えます。心配です。

似たようなことは第五話「有名無実殺人事件」にも出てきます。
囮に赤ちゃんを使うなんて、あり得ますか? ふとした拍子に簡単に殺されてしまいますよ。
殺人犯に対する囮は、当然危険で、ミステリや映画ではちょくちょく用いられる手法ですが、やはりそれは、囮になるもの自身がきちんと危険を理解したうえで、大げさに言えば覚悟を持って挑む必要があると思うんですが、赤ちゃんだとそんなこと望めない...
こういう展開を使うこと自体がアウトだと思います。

「寄生生物殺人事件」と「上昇志向殺人事件」についても触れておくと、どちらもあまりにも戯画化され過ぎた登場人物の設定で白けてしまいます。
倫理観が歪んでそちらに井上や直子が肩入れする、なんてことはありませんが、それでもここまで極端な性格の人物では...
大貫警部がデフォルメされた設定で、それと対峙させるという意味合いもあるかもしれませんが、すこしやり過ぎでしょう。
このシリーズはもともと危なっかしいところを秘めているので、慎重に書いていってもらいたいです。



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

吸血鬼は初恋の味 [日本の作家 赤川次郎]


吸血鬼は初恋の味 (集英社オレンジ文庫)

吸血鬼は初恋の味 (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
取引先の社長子息の結婚披露宴に招かれたクロロックとエリカの吸血鬼父娘。ところが華やかな結婚式場は、招待客の突然死で大騒ぎに。そんな中花嫁が出逢った男は、死んだはずの恋人で!? 表題作ほか、無理心中を図ろうとした貧しい母娘を救う『吸血鬼の小さな灯』、謎の声がひきこもりの青年に話しかける『吸血鬼と真夜中の呼び声』の2編を収録した人気シリーズ最新作!

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ 第34弾。
第32作だった前作「天使と歌う吸血鬼」 (集英社オレンジ文庫)(ブログの感想ページへのリンクはこちら)から集英社オレンジ文庫となっていて、この「吸血鬼は初恋の味」 はオレンジ文庫第2弾ですね。

表題作は、タイトルの意味がもう一つわかりませんね。
また、本筋にはあまり影響ありませんが、披露宴でのミスとして、料理の出し違いってあり得ないと思うんですよね。同じ式場で同時に行われる披露宴が同じ人数、ということもないでしょうし、設定ではかなり料理のランクが違うことになっていますからさらに無理がありますね。
吸血鬼や怪異現象が普通のように起こるシリーズなのだから、逆にそれ以外の部分はきちんと常識的に組み立てられていて欲しいです。

その他収録の2作も含め、わかりやすい、典型的な勧善懲悪で締めくくられているのが、よくもあり、悪くもあり、というところでしょうか。


<蛇足>
ひだかなみさんが描くイラストのクロロック、ちょっと若すぎませんか?



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

栗色のスカーフ: 杉原爽香(43歳の秋) [日本の作家 赤川次郎]


栗色のスカーフ: 杉原爽香(43歳の秋) (光文社文庫)

栗色のスカーフ: 杉原爽香(43歳の秋) (光文社文庫)



<裏表紙あらすじ>
着々と仕事を進める爽香の前にトラブルは絶えない!  都市開発を主導する大企業が抱える複雑な事情。愛人の死体隠蔽に奔走する取引先の男。そして、勤務する“G興産”の社長・田端の心変わり!? 期せずして爽香は苦難の渦に呑み込まれる。一方、夫・明男は、彼に恋する未亡人・大宅栄子と二人きりで会うこととなり……。登場人物が年齢を重ねる大人気シリーズ!


「えんじ色のカーテン: 杉原爽香〈42歳の冬〉」の感想(リンクはこちら)で書きました通りの次第で、「えんじ色のカーテン」の感想をアップし終わったので、いよいよ(?) この「栗色のスカーフ: 杉原爽香(43歳の秋)」 (光文社文庫)の感想です。
ちなみに、この「栗色のスカーフ」 は3月に読んだ3冊目の本。今年12冊目です。


今回の話は、死体を隠そうとする取引先の社員という要素が大きいでしょうか。
実は前作「えんじ色のカーテン」の感想と変わりません。
奇矯な人物てんこ盛りで、びっくり。
もう一度書いておきます。
正直、赤川次郎には、もうすこし普通の人たちの間で巻き起こるドラマを期待したい、と。

それにしても、明男、だめですねぇ。
タイトルにもなっている「栗色のスカーフ」 が不気味ですね。
どうなっていくんでしょう。





nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

えんじ色のカーテン: 杉原爽香〈42歳の冬〉 [日本の作家 赤川次郎]




<裏表紙あらすじ>
長から休暇取得を厳命された爽香は、部下のあやめたちと温泉旅行の計画を立てる。そんな折、恩師・河村布子から相談が。社会人との交際が問題となった生徒・淡口かんなを、旅行に同行させてほしいというのだ。しかし、彼女とつながりのある人々は物騒な事情を抱えていた。爽香の休日は不穏な影に覆われて……。登場人物が年齢を重ねる人気シリーズ。


実はシリーズ次作「栗色のスカーフ: 杉原爽香(43歳の秋)」 (光文社文庫)を読んだのでその感想を書こうとしたところ、この「えんじ色のカーテン: 杉原爽香〈42歳の冬〉」の感想を書いていないことがわかり、あわてて(?) 感想を書いています。

今回の話は、淡口かんなという少女の成長物語、というところでしょうか。
しかしねぇ、奇矯な人物てんこ盛りで、びっくりできます。
これだけ変な人物が集まったら、そりゃあ、大騒ぎにもなりますよねぇ。
正直、赤川次郎には、もうすこし普通の人たちの間で巻き起こるドラマを期待したいなぁ。

今回一番ほぅっと思ったのは、タイトルです。
なかなかえんじ色のカーテンが出てこないなぁと思っていたら、こういう出し方でしたか。
なかなかインパクトのある使い方ですね。

<蛇足1>
冒頭
「『仕事人間』ってのは、家族より仕事の方を大切だって思ってる人間のことでしょ。私は家庭が何より大切」(24ページ)
という爽香のセリフがありますが、なかなかいいセリフと思うものの、それでも爽香って仕事人間ですよねぇ。
「思ってる」もさることながら、実際にどうなっているか、で判断されるものじゃないかな。

<蛇足2>
2015年9月に出た本なので、今更言っても詮無いことですが、帯に
「爽香の生き様は彼女を変えられるか!?」
とあって、がっかり。
生き様なんて品のない言葉、赤川次郎の作品に使わないでほしかった...


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

友の墓の上で 怪異名所巡り 8 [日本の作家 赤川次郎]


友の墓の上で 怪異名所巡り 8

友の墓の上で 怪異名所巡り 8



<帯紹介文>
自殺した親友を偲ぶバスツアーを企画する男、兵器設計の仕事を断った技術者、億万長者である若き実業家の妻……。〈幽霊と話せる〉名物バスガイド町田藍が、人々の感情を読み解き、難事件に立ち向かう! 人気シリーズ第8巻。


シリーズ第8巻の本書には
「友の墓の上で」
「人のふり見て」
「乙女の祈りは永遠に」
「地の果てに行く」
「殺意がひとり歩きする」
「夢は泡に溶けて」
の6編を収録。

マンネリ化していると思っていたシリーズ(失礼)なので、いつも通りさらっと読めて、そこそこ楽しめればいいや、と思って読み始めたのですが、冒頭の表題作「友の墓の上で」でびっくり。
パターン通り幽霊(あるいはそれに類するもの)が出てきて、生きていた頃の思いを伝える、という話だと思っていたら、なるほどねー、町田藍の霊感にそういう使い方があるんだ...と思えました。普通に考えれば、当たり前の使い方なんですが、このシリーズの中に置くと新鮮。
生者と死者の思いが、すっと交錯するところなんて、見事ですねぇ。

そのあとの「人のふり見て」「乙女の祈りは永遠に」「地の果てに行く」では、ゴースト・ストーリー、怪談のいろいろなヴァリエーションを見せてくれます。

そして「殺意がひとり歩きする」。
怪異現象的なことも出てきますが、力点はそこにありません! 
人物設定が若干現実離れしているというか、ファンタジックな方向へ振れてしまっていますが、ミステリではそれほど珍しい物語ではないのに、このシリーズの中に置くと、不思議な存在感を示す作品になっています。

ラストの「夢は泡に溶けて」は正統派の(?) 怪談で締めくくっていますが、

前作「とっておきの幽霊 怪異名所巡り 7」 (集英社文庫)の感想(リンクはこちら)でも、マンネリ、マンネリと言って申し訳なかったです。
読者がマンネリと思い込むのを逆手にとって、ありふれた話を一味違った風味に仕立てる、ベテランの技だと感じました。



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

鼠、地獄を巡る [日本の作家 赤川次郎]


鼠、地獄を巡る

鼠、地獄を巡る



<裏表紙あらすじ>
弱きを助け強きを「盗む」
その者、大泥棒、鼠小僧次郎吉。
壱、妹、小袖と〈地獄〉で湯治。人気役者と若い妻に出合い事件が。「鼠、地獄を巡る」
弐、幼い娘を残し、貧乏長屋で腹を切った浪人。驚くべきその理由とは。「鼠、腹切り長屋を覗く」
参、そば屋の女房に頼まれ同行した山奥の村。不穏な空気が充ち満ちて。「鼠、山道に迷う」
肆、大名屋敷で男女の逢引き。男が斬られる場に居合わせた「鼠」だが。「鼠、今宵は月明かり」
伍、大店の旦那が女と心中? 見つけた娘に災難が降り懸かる。「鼠、戸を開ける」
陸、目が不自由ながらも腕の立つ姉とその妹。同じ男に惚れてはいるが。「鼠、闇に数える」

シリーズ第9弾で、今年の3月に出た単行本です。
この第9巻も、第8巻同様、上で引用したあらすじ(?) にもあるように六話収録です。

帯の惹句がいいです。
『「鼠」、今宵も人情の糸が絡まる謎を解く!』
なるほどね。

人情話に仕立てられているわけですが、やはりポイントは長屋暮らしの次郎吉のこと、いわゆる庶民目線である、というところでしょう。
侍だったり、歌舞伎役者だったり、大店の関係者だったり、庶民とはかけ離れた人たちの事件を、庶民目線で語っていく、というベースがしっかりしているからこそ、すっきりした話に仕上がっているのだと改めて思います。

ちょっとあっさりしすぎている感もあるのですが、ただただいたずらに長々と物語る癖のあるほかの作家に学んでほしいかも...




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

鼠、滝に打たれる [日本の作家 赤川次郎]


鼠、滝に打たれる (「鼠」シリーズ)

鼠、滝に打たれる (「鼠」シリーズ)



<裏表紙あらすじ>
天下の大泥棒、鼠小僧次郎吉。
その華麗なる活躍をご覧あれ。
壱、賭場で見かけた勝気な女。一人勝ちする女の驚きの正体。「鼠、裏を返す」
弐、女医の千草に縁談が。お相手は大名の息子だというけれど。「鼠、高砂やを謡う」
参、そば屋で出会ったわけあり男女。まさかあんな事件を予防とは。「鼠、滝に打たれる」
肆、将棋盤の前で愚痴ばかりのやせ浪人。それが招いた死の危険。「鼠、恨み節を聴く」
伍、遊郭で、女と男が殺人計画? 妹・小袖と潜入調査。「鼠、密談に探る」
陸、道場に現れた若侍。御前試合に向け、小袖に弟子志願!? 「鼠、太鼓を打つ」

シリーズ第8弾です。前々作「鼠、危地に立つ」 (角川文庫)、前作「鼠、狸囃子に踊る」 (角川文庫)はいきなり文庫でしたが、この「鼠、滝に打たれる」 は単行本です。
ちなみに、2014年12月に単行本が出て、2016年3月には文庫化されています。

この第8巻には上で引用したあらすじ(?) にもあるように六話収録です。
「鼠、危地に立つ」 「鼠、狸囃子に踊る」では、本があまりに薄いことを指摘しましたが、収録話数が増えたのでこの点は若干なりとも緩和されたでしょうか?
とはいえ、1ページ当たりの行数は17行と、開いてみれば、すっかすか...

会話主体で、改行に次ぐ改行ではありますが、ストーリーの輪郭はくっきりと伝わってきます。
スラスラ読めてしまうので、あまり感じませんが、かなり複雑なプロットが忍んでいたりします。
現在では当たり前に受け止められていることを、ぽんと江戸時代に抛り込んでみるという実験的なこともやってのけたりもします。

シリーズとしてのポイントはやはり、第二話「鼠、高砂やを謡う」で扱われている、千草先生の縁談でしょう。
でも次郎吉は、気にはなるけど、態度にそれほど変化はあらわれない。
千草先生と次郎吉の仲も、進展するでもなく、しないでもなく。
このあたりの呼吸が、じれったくもあり、心地よくもあり、というシリーズですね。


次の「鼠、地獄を巡る」 (KADOKAWA)が2016年3月に出ています。
相変わらずのハイペースです。

文庫版の書影も最後に掲げておきます。


鼠、滝に打たれる (角川文庫)

鼠、滝に打たれる (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 文庫



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

三姉妹、さびしい入江の歌 [日本の作家 赤川次郎]


三姉妹、さびしい入江の歌 三姉妹探偵団(24) (講談社ノベルス)

三姉妹、さびしい入江の歌 三姉妹探偵団(24) (講談社ノベルス)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/07/07
  • メディア: 新書


<表紙袖あらすじ>
休暇のため高級ホテルを訪れた佐々本家三姉妹――綾子、夕里子、珠美。温泉で疲れを癒し、美味しい食事を堪能し、フカフカの布団で休みたい……ところだが、事件が彼女達を放っておくわけがない! 急な女将の交代劇をきっかけに、ホテルにかかわる人々の間で凄惨な殺人事件が次々と発生! さらに、国友刑事が追う正体不明の殺し屋も現れ、三姉妹の休暇先はますます危険な状況に! 三姉妹と国友刑事は、犯罪者を捕らえることが出来るのか!?


副題に「三姉妹探偵団24」とあります。
早くも24弾ですか、三姉妹シリーズも。

物語のきっかけとなる女将の交代劇というのは、現実には到底ありえない設定になっていますが、これは
「このストーリーの舞台は、みなさんの過ごしている現実の世界とは違うんですよ」
という作者の宣言とも受け取れますね。
であれば、舞台となる「ホテル犬丸」がちっともあらすじでいうような高級ホテルにみえないのも、登場人物たちがどう考えても喜劇的な動きしかしないのも、納得です(と、いいながら、あらすじには高級ホテルとありますが、本文にはそういった記述はなかったような気もします。ホテルとついていても、旅館、というイメージですね)。
でも、だからダメということではなく、この三姉妹シリーズはそういう作品世界にどっぷりと浸るのがおすすめなのです。
国友刑事がやってくるのも、かなり無理無理ですよ(笑)。今度はその手で来たか、と楽しくなるくらい。
あげく、
「いや、せっかく来たんだ。もう一泊するよ」
って、どんな刑事なんだか...

二十歳か二十一歳になったばかりの若い女の子佐知子(女の子というのは失礼ですが)が、いきなりホテルの女将=支配人となって差配する、というのは、まあ無理がありますが、そこはそれ、
「セーラー服と機関銃」 (角川文庫)
「女社長に乾杯!」 (角川文庫)
などという作品を世に送り出してきた赤川次郎のこと、手慣れたものです。
佐知子が打ち出す施策が高級ホテルや旅館に似つかわしいかどうかも大きな疑問ですが、物語を転がしていく手とすると、うまくいっていると思います。
隣りの市の美術館で開かれる国宝展とか、旅館(ホテル)独自のバスツアー<紅葉の日>とか、盛りだくさんに、多数の登場人物が入り乱れる展開も、さすがはベテラン作家。軽々とこなしています。

正直、いい人ではあっても、佐知子にホテルの経営がやっていけるようには思えないのですが、それでも、うまくいけばいいなぁ、とそう思えるくらいには佐知子たちのことを知ったような気がします。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

幽霊審査員 [日本の作家 赤川次郎]


幽霊審査員

幽霊審査員

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: 単行本


<表紙袖あらすじ>
「ずるい!」と、夕子は言った。
「仕方ないだろ」と、私は言った。
「僕だって好きで引き受けたわけじゃないよ、審査員なんて」

なんと宇野警部が、警視総監の代わりに大晦日の国民的TV番組「赤白歌合戦」の審査員に!
ケガをした警視総監の代役をつとめることになった宇野は、慣れないタキシードを着せられ、メークまでされて、審査員席で大奮闘。
恋人で女子大生の永井夕子は、羨ましがりつつも「何かが起る」と予言するが、果たして、秒刻みの進行で大騒ぎの舞台裏で事件が……。大好評、幽霊シリーズ第二十五弾。


今年1月に、シリーズ第1作である前作「幽霊列車」 (文春文庫)の新装版が出たんですね。
amazon.co.jp のページをみると「作家生活四十周年を祝して新装版刊行」と書かれています。そうか、もう40年にもなるんですね。40年でシリーズ25冊...
順調にシリーズが続いていてなによりです。

この「幽霊審査員」には
「犯罪買います」
「哀愁列車」
「幽霊審査員」
「愛と憎しみの果て」
「意地っ張りの季節」
「もういいかい」
「過去のある勲章」
の7話が収録されています。

表題作は、どうして「赤白歌合戦」なんでしょうね?
どうせあからさまなんだから、もう、「紅白歌合戦」と書いちゃったほうがすっきりすると思うんですけど。まさか、NHKが了承しなかった!?

気になったのは、「もういいかい」。
「勝手にしゃべる女」 (新潮文庫)に収録されている「長い、長いかくれんぼ」という作品が赤川次郎にはありますし、お気に入りのテーマなんでしょうか?


<蛇足>
この「幽霊審査員」、表紙の紙質がこれまでのものとは変わっています。




nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

女主人公 [日本の作家 赤川次郎]


女主人公 (フタバノベルス)

女主人公 (フタバノベルス)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/08/19
  • メディア: 新書


<裏表紙あらすじ>
売れないシナリオライターだった大多の毎日は、人気女優あやめの主演ドラマを手掛けることで、一転する。脚本制作の忙しさに加え、出演者の降板や関係者の死亡事故など数々の事件が巻き起こり、あやめ達に頼られ奔走することに。一方で、不穏な動きをするのは、ドラマのモデルになった一人のシングルマザー。大多は犯人を突き止められるのか!?


赤川次郎作品ではおなじみの主人公の設定です。心優しい中年男。
急にスポットライトがあたるようになっても、慢心せず、きちんとすごす主人公。
そして舞台は、こちらも赤川次郎お手のものの芸能界。
いかにも、The 赤川次郎、というべき作品に仕上がっています。
後半に数多い登場人物がクロスする手さばきもいつもどおり手堅いです。

それにしても(少々ネタバレに近いので色を変えておきます)
さすがに 「君のせいじゃない」 「君はまだ十八歳の女の子なんだ。騙した奴の方が悪い」(252ページ) というのは、それはその通りだとしても、犯罪は犯罪ですよねぇ... ここはきちんと償う方向に話を持っていくべきでしょうね。いつもの赤川次郎だとそっちの方向性だと思うんですけれど。


<蛇足>
「スタッフも、てんでんに食堂で食べていた。」(100ページ)
とあるので、「てんで」の間違い? と思ったのですが、そもそも「てんで」が「てんでん」の音変化なんですね。
今さらながら、勉強になりました。


タグ:赤川次郎
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 日本の作家 赤川次郎 ブログトップ