So-net無料ブログ作成
検索選択
アンソロジー ブログトップ

乱歩の選んだベスト・ホラー [アンソロジー]


乱歩の選んだベスト・ホラー (ちくま文庫)

乱歩の選んだベスト・ホラー (ちくま文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
乱歩のエッセイ「怪談入門」は、幻想怪奇小説ファンには絶好のブックガイドである。その中から俊英ミステリ研究家が選び抜いた12篇。名作「猿の手」原典版新訳をはじめ、横溝正史のユーモラスな訳が冴える「専売特許大統領」、ホテルの同じ部屋で縊死者が続出するミステリ「蜘蛛」と、乱歩によるその変奏曲「目羅博士」他、ドイル「樽工場の怪」など個性的な作品がずらり。

冒頭に乱歩の「怪談入門」が収録されていて、そのあとにそこに挙げてあった作品の中から、編者である森英俊と野村宏平が選んだ作品が並んでいます。
W・W・ジェイコブズの「猿の手」が読みたくて買った本なのですが、この話を読むのは何度目でしょうか? 怪談をこう評するのは変な気もしますが、すっきりした怪談だといつも思います。
いろいろなタイプの作品が集められていますが、いずれも「ホラー」と呼ぶよりは、やはり「怪談」と呼んだほうがしっくり来る作品です。なかには「専売特許大統領」のように、「ホラー」でも「怪談」でもなさそうなのも交じっているのも、また楽し、というところでしょう。その点では、解説で野村宏平が述べている通り、「スーパーナチュラルで怪なる小説」というくくりが正解かも。
古めかしい、とも言えますが、クラシカルな味わいを楽しみました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
アンソロジー ブログトップ