So-net無料ブログ作成
日本の作家 島田荘司 ブログトップ

リベルタスの寓話 [日本の作家 島田荘司]


リベルタスの寓話 (講談社文庫)

リベルタスの寓話 (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/08/12
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
ボスニア・ヘルツェゴヴィナで、酸鼻を極める切り裂き事件が起きた。心臓以外のすべての臓器が取り出され、電球や飯盒の蓋などが詰め込まれていたのだ。殺害の容疑者にはしかし、絶対のアリバイがあった。RPG(ロールプレイイングゲーム)世界の闇とこの事件が交差する謎に、天才・御手洗が挑む。中編「クロアチア人の手」も掲載。


ひさしぶりに島田荘司の作品を読みました。
この島田荘司の「リベルタスの寓話」は島田荘司の作品の中では低調な方にはいると思いますが、御大のやりたい放題には楽しませてもらいました。

中編「リベルタスの寓話」と「クロアチア人の手」を収めているのですが、
「リベルタスの寓話(前篇)」、「クロアチア人の手」、「リベルタスの寓話(後篇)」という配列になっていまして、「リベルタスの寓話」で「クロアチア人の手」を挟み込んだ形になっています。
こういうのは、「帝都衛星軌道」 (講談社文庫)でも採っていた形式ですね。

間に挟まれている「クロアチア人の手」ですが、日本が舞台です。
日本の俳句振興会から招待されたクロアチア人二人イヴァンチャンとボジョビッチ。うち一人イヴァンチャンが、宿泊していた芭蕉記念会館で密室状態のボジョビッチの部屋の中殺されている。室内にあった水槽に右手と顔を突っ込み、ピラニアに食べられていた。もう一人ボジョビッチは、交通事故にあって死んでいたが、持っていた荷物はイヴァンチャンのもの...
いやあ、やりすぎですって。本当に。
しかも密室のトリックが、唖然とするほど無理矢理。怒る人、かなりいるんじゃないだろうか。

表題作の「リベルタスの寓話」の舞台は、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの都市、モスタル。
上で引用したあらすじ通りの、激しい事件が描かれます。
民族紛争の傷に加え、オンライン・ゲームと医学的知識の三題噺みたいです。
作中に描かれているオンライン・ゲーム、仮想通貨の部分がちょっと理解できませんでした。
仮想通貨、といっているのに、プラスチックに金メッキをした玩具が実際のコインとして存在する???? 
このところを除けば、仮想通貨が独り歩きしていき、本当の通貨のように成長(?)していくところなんかは理解できるのですが。
また、事件の鍵となるアイデアも、ミステリではわりと有名な事実なので、これを最後の切り札として提示されても、「知っていますけど」という感じで、拍子抜け。

「リベルタスの寓話」「クロアチア人の手」通して、民族紛争の激烈さ、は伝わってきましたし、作者があとがきでいうところの
「民族愛という正義と道徳により、逆説的に動物以下の卑しさにと転落する仕組み」
には、勉強になったところ大なのですが、全体を通して、作者の意欲が空回りしちゃったかなぁ、というところです。それでも十分楽しんだので、個人的には満足ですが。

ところで、「リベルタスの寓話」では、タイトル通り、クロアチアの原点である都市国家ドゥブロブニクのエピソードが語られます。
あとがきによると、この寓話、島田荘司の創作だそうです。すごいなぁ。
すごく印象的なエピソードなので、実際の故事ではなく、島田荘司の創作と後で知ってびっくり。


<おまけ>
表紙に、”ALLEGORY OF RIBELTAS” と書いてあります。
タイトル「リベルタスの寓話」を訳したもの、と思われますが、リベルタス、といえば、普通は LIBERTAS でしょう。意味からいっても、自由 = Liberty に近しいですもんね。
実際、ドゥブロブニクにいけば、城壁の上に LIBERTAS と書いた旗が翻っています。
今年の8月にドゥブロブニクに旅行にいったときの写真↓でも確認いただけます。
P8210459 ミンチェタ要塞 (800x573).jpg
とすると、間違い、ということになってしまうわけですが、こんな基本的なところでミスするわけもないでしょうから、故意にスペルを違えていることになります。どういう意図かわかりませんが、この「リベルタスの寓話」であつかわれている寓話が、実際のものではなく島田荘司の創作であるので、あえて実際に使われている LIBERTAS とはスペルを変えてそのことを示して見せているのかな、なんて考えたりしました。

さらにおまけでドゥブロブニクの(旧市街の)写真を貼っておきます。
P8210366 山頂からの眺め ちょっとアップに。 (800x600).jpg



UFO大通り [日本の作家 島田荘司]


UFO大通り (講談社文庫)

UFO大通り (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/10/15
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
鎌倉の自宅で、異様な姿で死んでいる男が発見された。白いシーツを体にぐるぐる巻き、ヘルメットとゴム手袋という重装備。同じ頃、御手洗潔は、この男の近所に住むラク婆さんの家の前を、UFOが行き交うことを聞き及ぶ。果たして御手洗の推理はいかに!? 「遠隔推理」が冴える、中編「傘を折る女」も収録。

いつもファンシーな謎を提示してくれる島田荘司ですが、今回もなかなかすごいですよ。
表題作「UFO大通り」は、UFOを見て、宇宙人がいっぱいいて、みんな光線銃を撃っていて、火花がいっぱい散ってて、あたりが煙で何も見えなくなった、というもの。これを合理的に解決するの、大変ですよね。
もちろん無理もありますが、その手際には、やはり感心します。
個人的には、その状況だと、宇宙人ではなく、宇宙服を着た地球人、なんじゃないかなぁ、と思ったりもしますが、宇宙人だって宇宙服着てもいいでしょうし、なんといっても、UFOを見た、という証人がおばあさんというのが大きなポイントになりますね。
同時収録作「傘を折る女」も強烈です。
ざんざん降りの雨の中、白い半袖のワンピースを着た女が、オレンジと赤の縞々模様の派手な傘を閉じ、交差点近くで車に轢かせようと車道に置いて、首尾よく(?)轢いてもらって、させないくらい折れ曲がった傘を大事そうに帰って行った、というもの。奇天烈でしょう?
これも、合理的に説明されます。
そういう行動とるかなぁ? と疑問に思うところはないではありませんが、この作品のように行動する人がいてもおかしくないな、と思うくらいには説明されますので、ミステリとしては十二分だと思います。
なにより、この両作に共通するアイデアがある、というのがおもしろかったですね。
島田荘司のなかで上位に来る作品とはいえないと思いますが、きっちりと楽しませてくれる作品です!

溺れる人魚 [日本の作家 島田荘司]


溺れる人魚 (文春文庫)

溺れる人魚 (文春文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/02/10
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
オリンピックで4つの金メダルを獲得した天才女性スウィマーが30年後、リスボンで拳銃自殺を遂げた同じ夜、彼女を破滅に追い込んだ医師が射殺された。2人の命を奪った弾丸は同時刻に同じ拳銃から発射されたものだった!? 表題作など異郷の都市を舞台に描く3篇と、著者の原点・横浜の今を描く1篇、巻末には自作解説を収録。

御手洗潔はほとんど出てこないのですが、というか、たとえば表題作など名前だけ、みたいなのですが、御手洗潔ものにカウントしていいのでしょうか?
さておき、医学というか科学技術というか、にスコープを当てた作品群です。
表題作ですが、天才スウィマー、アディーノ・シルヴァの悲劇の人生が強く、強く印象に残ります。この人、実在の人物だったのだろうか、と読んでいる間中気になりました。それくらい鮮やかなエピソードにあふれているのです。
リスボンを舞台にした不可能犯罪は、ちょっとバランスが悪い印象で、島田荘司の筆力というか、腕力というか、力でねじ伏せたような仕上がり。それでも、アディーノの人生が響き渡って、ある意味予定調和的な結末にも納得がいきます。
島田荘司でなければ書けない、あたかも「島田荘司」というのが一つのジャンルであるかのような読後感になりますが、やはり巨匠なればこそ、ですね。


P.S.
島田荘司の作品の感想が5作目になりましたので、カテゴリーを独立させました。





最後の一球 [日本の作家 島田荘司]

最後の一球 (文春文庫)

最後の一球 (文春文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/07/09
  • メディア: 文庫

<裏表紙あらすじ>
母親の自殺未遂の理由が知りたい――青年の相談に、御手洗潔はそれが悪徳金融業者からの巨額の借金であることを突き止める。裁判に訴えても敗訴は必至。さすがの御手洗も頭を抱えたが、後日、奇跡のような成り行きで借金は消滅。それは一人の天才打者と、生涯二流で終わった投手との熱い絆の賜物だった。

御手洗潔が登場する作品ですが、本格ミステリとして読者に挑んでくるものではなく、事件の背後にある人間ドラマを読者に差し出してくる、そんな作品です。
悪徳金融業者をめぐる事件がまさに奇跡のように決着するまでが82ページ。
そこからは、貧しい中で野球をがんばった人物・竹谷亮司の手記になります。
さて、どうつながるのかなぁ、と思いながら読むわけですが、そんなことどうでもよくなるくらい、この野球人生に引き込まれました。
ミステリ的な仕掛けは単純で、すぐにピンとくると思いますが、物語の楽しさのおかげで、欠点とは感じられませんでした。
実際、読者は竹谷の手記を読むので全体を見渡すことができますが、作中人物はこの手記が読めないので、82ページまででそれなりの説明を御手洗が一応しますし、不思議だなぁ、というだけのことになっているのでしょう。
それにしても御手洗潔、現場だけでこの手記のおおよそのラインをつかんだのでしょうか? おそるべし、というか、さすが、というか。
この手記の内容であれば、ミステリに仕立てなくてもよかったのではないか、という意見もありえますが、また、御手洗潔ものにしなくてもよかったのではないか、という意見も同様にありえますが、“奇跡”を現実にする手つきはやはり島田荘司ならではだと思いますし、このストーリーの場合一瞬で背景を見抜く目が必要ということもあって、この形がよかったのではないでしょうか。

帝都衛星軌道 [日本の作家 島田荘司]

帝都衛星軌道 (講談社文庫)

帝都衛星軌道 (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/08/12
  • メディア: 文庫

<裏表紙あらすじ>
一人息子が誘拐された。身代金の額はわずか十五万円。受け渡しの場所として山手線を指定され、警察側は完璧な包囲網を敷くが……。前後編の間に、都会の闇で蠢く人びとを活写した「ジャングルの虫たち」を挟む異色の犯罪小説。大胆なトリック、息をつかせぬ展開、繊細な人間描写が織りなす魅力に満ちた傑作。

御手洗潔でも、吉敷竹史でもない、ノン・シリーズです。
巻末の参考文献として「帝都東京・隠された地下網の秘密」 (新潮文庫) が挙げられていて、そういえば「帝都東京・隠された地下網の秘密」 も奇想だったし、島田荘司にぴったりかな、なんて思いながら、さて島田荘司はどう料理するんだろう、という興味も持って読みました。
山手線をめぐるトランシーバーのトリック(?)は、シンプルながら、いやシンプルゆえに効果的で、誘拐ミステリにおける大きなポイント、身代金受け渡しの技が冴えています。シンプルすぎて警察は気づくんじゃないの? なんて負け惜しみを言いたくなるくらい。
ただ、島田荘司のなかでも、テーマというかメッセージが強くでた作品は苦手というか、乗りきれないものを感じるのが常で、この作品も冤罪や都市論がどーんと噴出する後半がちょっと個人的には残念でした。メッセージは直接表に出すのではなく、底流として響かせてもらった方がこちらに届くように思います。
「帝都東京・隠された地下網の秘密」 も、ミステリ部分というよりは、このメッセージの部分に組み込まれていて、ちょっと消化不良かなと感じてしまいました。
途中で「ジャングルの虫たち」という作品をはさんで前後編に分かれている構成も狙いがピンときませんでした。「ジャングルの虫たち」のファンタジーっぽい作風は決して嫌いではないのですが...
1冊全体を通して、要素要素はあるのですが、それぞれが響き合ってハーモニーを奏でるまでには至らず、島田荘司らしい詩的なイメージは不発だったようで、なんとも惜しいな、と思いました。

犬坊里美の冒険 [日本の作家 島田荘司]


犬坊里美の冒険 (光文社文庫)

犬坊里美の冒険 (光文社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/08/06
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
衆人環視の総社神道宮の境内に、忽然と現れて消えた一体の腐乱死体。容疑者として逮捕・起訴されたホームレスの冤罪を晴らすために、司法修習生・犬坊里美が活躍する! 里美の恋と涙を描く青春小説として、津山、倉敷、総社を舞台にした旅情ミステリーとして、そして、仰天の大トリックが炸裂する島田「本格」の真髄として、おもしろさ満載の傑作司法ミステリー!

御手洗潔シリーズのスピンオフとでもいうべき作品です。
「龍臥亭事件」〈上〉 〈下〉 (光文社文庫)「龍臥亭幻想」(上)(下) (光文社文庫) に登場した犬坊里美が、司法修習生として主人公をつとめます。
既存作での設定ゆえ仕方のないことかもしれませんが、難関で知られる司法試験を通った人物として、不自然というか無理ですね。話し方はともかくとして、こんなに漢字を知らないことはないんじゃないのかなぁ? また、里美ゆえの右往左往が長過ぎる気がします。成長物語としての意味をこめたのかもしれませんが...
そこを除くと、快調に楽しめます。
自白偏重の司法批判という狙いもあったのかもしれませんが、そこは敵役の検事があまりにも劇画っぽくて興ざめだし、藤井被告はどうなったのか尻切れトンボだし、ミステリとしての謎に集中して読むのがいいと思います。
仰天の大トリック、とまで言うのは大袈裟ですが、死体消失が合理的に解決される醍醐味を味わえます。解決の部分部分は見当がつくというか予想できると思いますが、終盤も終盤、534ページで里美の口から語られる真相はすばらしい。あれが伏線だったとはねえ、と感心しきりです。腐乱死体であることが目くらましになるなんて!
ということで、島田荘司はやはりおもしろいと感じました。

摩天楼の怪人 [日本の作家 島田荘司]


摩天楼の怪人 (創元推理文庫)

摩天楼の怪人 (創元推理文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/05/30
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
ニューヨーク、マンハッタン。高層アパートの一室で、死の床にある大女優が半世紀近く前の殺人を告白した。事件現場は一階、その時彼女は34階の自室にいて、アリバイは完璧だったというのに……。この不可能犯罪の真相は?彼女の言うファントムとは誰なのか? 建築家の不可解な死、時計塔の凄惨な殺人、相次いだ女たちの自殺。若き御手洗潔が摩天楼の壮大な謎を華麗に解く。

言わずと知れた、現代本格の大御所、島田荘司の作品です
島田作品と言えば、「奇想」ですが(そのものズバリ、「奇想、天を動かす」 (光文社文庫) とタイトルにこの単語を使っている作品もありましたね、懐かしい)、その特質が遺憾なく発揮されています。
また同じように、冴えわたるトリックも島田作品の長所ですが、こちらも充実しています。あらすじにもある34階にいたアリバイがある(停電中でエレベーターは使えない)のに1階の殺人を実行したという不可能犯罪の謎をはじめとして、セントラルパークと摩天楼との瞬間移動(? 瞬間は大げさですが、時間的余裕がないのに移動する謎が扱われています)、死んだ女優を支えていたファントム(ガーディアンエンジェル)は何者か、一斉に割れてしまったビルのガラス窓、ガラス窓の外に見える怪物...と盛りだくさん。なかには強引なのもありますが、それらが一体となって、「奇想」を支えているのは、さすが、というところ。
タイトルからも、また、作中のエピソードからも明らかなのですが、「オペラ座の怪人」 (創元推理文庫) をなぞらえていまして、本作品の「奇想」は、ファンタジーというかメルヘンというか、非常にイメージ喚起力が強くて、印象的です。
謎ときミステリで、こういうイメージが湧いてくる作家、作品は貴重だと思います。680ページにも及ぶ大作ですが、たっぷりと世界に浸れて満足しました。
ところで、第四章 地下王国 の位置づけがよくわかりませんでした。ぽんっ、と抛りだされたように、その後つながることもなく書かれています。この章はこの章で興味深く読んだのですが....

日本の作家 島田荘司 ブログトップ