So-net無料ブログ作成
検索選択
日本の作家 似鳥鶏 ブログトップ

迫りくる自分 [日本の作家 似鳥鶏]


迫りくる自分 (光文社文庫)

迫りくる自分 (光文社文庫)

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/02/09
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
総武線で隣を並走する電車に乗っていた、自分に瓜二つの男。後日その男と再会した俺は、気づけば犯罪者にさせられていた。顔が同じことを利用して周到に仕組まれたらしい冤罪。あいつはいったい誰だ? なぜこんなことを? 日常を突然奪われた俺の、必死の逃走劇が始まった。自分から過去から警察から、逃げて逃げて逃げまくれ。疾走する新感覚のエンタメ小説


似鳥鶏さんらしい部分もいっぱいありますが、それでも基本ラインとして似鳥さんらしくない作品だと思いました。
文体とか、キーとなる人物で主人公の同僚である朴さんのキャラクターとかは、いつもの似鳥さんなんですが、自分と瓜二つの人物と出会ったことから陥れられ、はじまる逃走劇、というあたりのサスペンス風の展開は、似鳥さんのいつもの手触りとは違います。
これがおもしろかったんですよ。
まあ、こういうストーリーの場合、最後には主人公が勝つ、と考えながら読まれると思うので、ここでも書いてしまいますが、特に、234ページの「反撃は、ここからだ。」以降に痺れました。
なんと、そう来ますか...
似鳥さんの作品は、やわらかな語り口にくるまれていても、芯には棘があるというか、そういう部分もきちんと拾い上げて作品になっていることが多いですが、やわらかな語り口を控え目にして、もっとサスペンス色を盛り込むとこういう風になるんですね。

あと個人的にいいなと思ったのは、ネタバレになりそうなので色を変えて書いておきますが、主人公が陥れられるという状況は不条理というか、単に似ていたからって...ということかと思いきや、きちんと犯人サイドでは主人公を狙う理由が用意されている、ということです。しかも、その理由から判断するに、いくら子供の頃の話とはいえ主人公も清廉潔白とはいいがたい設定になっているわけです。このあたり、物語設定上のバランス感覚としていいですよね。
「平穏な日々というのは、トラブルとトラブルの間の休憩時間のようなものにすぎないのだ。こちらがいくら真面目に暮らしていても、トラブルはいずれまた、勝手に降りかかってくる。そういうものなのだ」(270ページ)
なんて言っていますが、今回のトラブルは「勝手に降りかかって」きたわけではない、ということですね。 こういう風に、平凡な読者の平穏な日々を確保したうえで、物語が構築されている、というのは美点だと思います。

いつもの似鳥節が大好きですが、たまにはこういうブラック似鳥も読んでみたいです。



タグ:似鳥鶏
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

迷いアルパカ拾いました [日本の作家 似鳥鶏]

迷いアルパカ拾いました (文春文庫)

迷いアルパカ拾いました (文春文庫)

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/07/10
  • メディア: 文庫

<裏表紙あらすじ>
「ちょっとここで、アルパカ拾いまして」――楓ケ丘動物園のアイドル飼育員・七森さんの友人が失踪した。行方を探る鍵はアルパカ? ハムスター? それとも……飼育員仲間の桃くん、ツンデレ獣医の鴇先生、アイドル飼育員の七森さんや変態・服部君らおなじみの面々が大活躍する、大人気動物園ミステリーシリーズ第3弾!


似鳥鶏の動物園シリーズ第3弾ですが、動物園を舞台によくネタが続きますねぇ。素晴らしい。
迷いアルパカって...犬や猫じゃあるまいし、日本には野良アルパカもいなければ、迷うアルパカもいません!!
似鳥鶏の作品は、日常のような顔をしていながら、ぽーんと遠い着地点へ連れて行ってくれるのが魅力だったりするのですが、本作品は、わりと飛躍は抑え気味。動物園との結びつきが自然ですね。
ミステリとしても、僕と七森さんと服部君と鴇先生、四者それぞれが別の人間を怪しいと睨むという展開(176ページ)は素敵ですね。
そして、クライマックスの鴇先生が、すごい。なんたって女王様。
動物は刃物や棒を振り回してもそう怯まない。でも鞭の音は不思議と怖がるの」(190ページ)って本当なんですかね? ネタバレではないですが、クライマックスの見せ場(?)だと思うので、色を変えておきます。女王様にふさわしい段取りですが...
僕は、鴇先生を選びそうな雲行きでエンディングです。
続きが読みたい!!

それにしても、服部君、やはり只者ではないですね。
ラスト近くで実家がちょこっと出てくるんですけど、本当、何者!?
服部君の動向も気になります!



<下記のブログにトラックバックしています>
日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 [日本の作家 似鳥鶏]


戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 (河出文庫)

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 (河出文庫)



<裏表紙あらすじ>
警視庁捜査一課に着任したドジッ娘メガネ美少女警部・海月千波は、周囲の期待を裏切る捜査能力の低さで、配属から2日で戦力外通告を受ける。お守役の設楽恭介刑事と独自に連続放火事件を追ううち、女子大学院生殺人、さらに7年前の幼女殺害事件に辿り着くが……。凸凹コンビは犯人の壮大な復讐計画を阻止できるのか!?


似鳥鶏の新シリーズです。
武井咲&EXILE・TAKAHIRO主演でドラマ化されていましたね。
それにしてもこの本の表紙、どうなんでしょうね?
たしかに、海月と設楽のキャラクターに要素は大きい小説ではありますが、この表紙絵では、込み入った本書の内容にマッチしているとは言い難い気がします。

多少ネタバレ気味ではありますが、書いてしまうと、
いくつかの事件を追うと同時に、その裏側で(?)、大きな話が進行しているという構造になっています。
海月と設楽のキャラクターやふたりのやりとりは、その大きな話のめくらまし、とも解すことができるようにはなっていますが、それは褒めすぎというもので、あまり有効にワークしていないように思います。特に、似鳥鶏の読者には。
警視庁捜査一課の、しかも凶悪犯相手の火災犯掛にキャリアの女性警部が配属される。しかも事前の打診も相談もなく、刑事部長直々の肝いりで。
こりゃ、何かあるな、と思うではないですか、ミステリ読者としては。
確かに、海月のキャラクターはマンガ的なので、その落差を楽しむ小説なのかな、と思いかけるものの、作者が似鳥鶏だったら、もう一段は考えがあるはずと思って間違いない。
大きな話の内容そのものまではわからなくても(わかるような書き方にはなっていません)、何かあるんだろな、と心の中で考えながら読むことになるはずです。
ただ、その大きな話の内容が、ちゃんと事件と関係してくるところは、なるほどねー、と思いましたし、クライマックスの刑事部長の勇姿もなかなかいいではありませんか。

事件が意外と盛りだくさんなので、しかもギャグシーンを盛り込んでいることもあり、かなり展開が窮屈に思えました。
クライマックスシーンの性格からスピーディーにしようとされたのかもしれませんが、もうすこしそれぞれの構成要素を書き込んだ方がミステリとしては安定したような気がしました。

気になる点もありましたが、これはシリーズの第1作。
「大きな話」も無事(?) 明かされて、今後は事件に集中できると思うので(集中させない、という選択肢もありますが、個人的には事件をメインに据えて書いてもらいたいです)、続けて出ている、
「神様の値段: 戦力外捜査官2」 (河出文庫)
「ゼロの日に叫ぶ: 戦力外捜査官3」 (河出書房新社)
に期待します。



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から [日本の作家 似鳥鶏]




<裏表紙あらすじ>
警察を突然辞めた惣司智(そうじさとる)は兄の季(みのる)が継いだ喫茶店でパティシエとして働き始めた。鋭敏な推理力をもつ智の知恵を借りたい県警本部は秘書室の直ちゃんを送り込み、難解な殺人事件ばかり相談させている。弟をお菓子作りに専念させたい兄は、なくなく捜査を手伝いを。人が好い兄の困った事態を見かねた弟は、しぶしぶ事件解決に乗り出す羽目に……。


喪服の女王陛下のために」
「スフレの時間が教えてくれる」
「星空と死者と桃のタルト」
「最後は、甘い解決を」
の4話収録の短編集です。

あらすじを読んで、喫茶店が舞台で、パティシエが探偵役で...ということで、ああ、流行りの傾向の作品に似鳥鶏も手を出したのかぁ。今一つ感心しないなぁ、なんて思いながら、とはいえ似鳥鶏ファンを自認する立場としては読まねば、とちょっとおそるおそる、で読みました。
結論から申し上げると、やはり流行に便乗した気配はあるものの、ミステリ度は、その辺の作品対比濃く仕上がっていましたので、個人的には満足しました--ファンなので、評価は甘めだと自分でも思います。

一見安楽椅子探偵もののような感じですが、事件を運んでくるのが警察、というのがポイントでしょうか。
日常の謎、に埋没していないのが好印象。
それにしても、その事件を運んでくる、県警本部秘書室の直ちゃん(直井楓)のキャラクターがすごい。
「~っスよ」という言葉づかいも強烈なら、やることが警察官っぽくない。というか、警察官だったらアウトでしょう、ということが多い。
もちろん、警察であることを利用して、いろいろと調べたりできるので、ミステリとして便利です。

「喪服の女王陛下のために」は、ミステリではかなりお馴染みの要素を組み合わせて、それでいて、それぞれの持つ方向性とは違うところへ着地させようとした作品なのではなかろうかと思います。このどっちつかず感がポイントなのではないでしょうか。

「スフレの時間が教えてくれる」は、パティシエだけに(いや、違いますね)、事件の解決のヒントにスフレを使てはいますが、苦しい...
「何も言わなかった」に対しての「一度も訊いてくれなかった」というのは印象に残っているんですが。

「星空と死者と桃のタルト」は、桃のエピソードはちょっと勇み足っぽいですが、いやあ、トリックは好きですね。前例のあるトリックではありますが、そして、そのままな感じで使われていますが、ここでそのトリックを使うのかぁ、と感じ入ってしまいました。
トリックに不可欠な小道具も、堂々と読者にさらされています。

「最後は、甘い解決を」は、甘い解決、というタイトルとは裏はらに、きわめて重いテイストです。うすうす、気づいてはいたのですが、もっと軽やかなものを期待していたので、そうなったらいやだなぁ、と思いながら読んで、着地はそこに。うーん、苦い。
正義面した「どうして許してあげないの?」という言葉による暴力への反発には強く共感しましたが、こういう解決はちょっと行き過ぎ感がありますね。
このラストだと、続編が作りにくいのではないだろうか、と余計な心配をしてしまいます。タイトルの構造が、続編が作れるような感じに読み取れますので。

似鳥鶏は、流行を後追いしなくても、独自の作品、作風で勝負できる作家だと思うので、いままでのような形で作品を発表してもらえることを期待します。
もちろん、この続編でも買って読みますけれども。









<蛇足>
「お召し上がり」というのはよく使われる表現だとは思いますが、「召し上がる」がすでに敬語ですから、「お召し上がり」は二重敬語というのか、なんというのか、過剰な敬語で×ではなかろうかと思います。




nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

昨日まで不思議の校舎 [日本の作家 似鳥鶏]


昨日まで不思議の校舎 (創元推理文庫)

昨日まで不思議の校舎 (創元推理文庫)

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2013/04/26
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
超自然現象研究会が配布した〈エリア51〉の「市立七不思議」特集が影響を与えたのだろうか? 突如休み時間に流れた、七不思議のひとつ「カシマレイコ」を呼び出す放送。そんな生徒はもちろん存在しない。さらに「口裂け女」「一階トイレの花子さん」の悪戯まで見つかった。なぜこの三つなのだろう……。調査を進めた葉山君は、ある真実に気づく。ますます快調な、シリーズ第五弾。

「理由(わけ)あって冬に出る」 (創元推理文庫)
「さよならの次にくる <卒業式編>」 (創元推理文庫)
「さよならの次にくる <新学期編>」 (創元推理文庫)
「まもなく電車が出現します」 (創元推理文庫)
「いわゆる天使の文化祭」 (創元推理文庫)
に続く第5弾。
シリーズ、順調です。なにが順調かって、やはり、主人公である葉山くんが柳瀬さんの愛人の地位を確立しつつある、いや、この言い方は正確ではないですね、柳瀬さんの愛人だといってからかわれる地位を確立しているところです。しかし、高校生にして、“愛人”って、どういう...
葉山くんが、探偵役(あるいは狂言回し?)としての自分のスタンスを確認したりしています。
「僕はまわりの人から『事件が集まってくる体質』と言われているが、その原因の一つは、他人事に首をつっこむ僕の性格にあるかもしれず、それは恰好をつけて言えば『探偵気質』と言ってもよいものだ。誰にでもあるものではないだろう。
だが同時に、それがどうした、という冷笑的な声も、頭の中に響いている。こういう自意識は、往々にしてみっともない結果を招くのだ。」
ど、どうした葉山くん!? 一歩引いているようで、実のところずんずん関与していく(関与させられていく)葉山くんをこちらは応援しているのだ。そんなこと気にせず、ぐんぐんやっていってほしいところですが。
この、やや内省的な部分が出てきているのも、この作品の行きつく先と無縁ではないのかもしれません。
このシリーズには珍しく、かなりシリアスな事件が扱われており、ある意味でこれまでのシリーズの総決算的な色彩も帯びているからです。
英文タイトルも「Release My School Days! 」だし、ひょっとしてこの作品でシリーズも完結かなぁ、なんて思ったりもしましたが、作者自身があとがきで否定しているので、まだまだ葉山くんの活躍を楽しめそうです。
よかった、よかった。
話が前後しますが、この作品で扱われているのは、学園の七不思議。学校にまつわる七不思議と言い切れないところがミソでしょうか。こういうの、ちょっと新しいと思って感心しました。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ダチョウは軽車両に該当します [日本の作家 似鳥鶏]


ダチョウは軽車両に該当します (文春文庫)

ダチョウは軽車両に該当します (文春文庫)

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/06/07
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
県民マラソン大会のコースを駆け抜けてくるのは「ダチョウだって?」――そして発見された焼死体。捕獲したダチョウと被害者とをつなぐものとは? キリン飼育員・桃くんにツンデレ女王・鴇先生、変態(?!)・服部くん、アイドル飼育員・七森さんら、楓ヶ丘動物園の怪しく愉快な面々が活躍する動物園ミステリー第2弾!

いやあ、前作「午後からはワニ日和」 (文春文庫)を読むのがとてもとても楽しかったので、前回の感想のブログ(リンクはこちら)で、「シリーズ化されるのかな?」と書きましたが、こうして第2作
「ダチョウは軽車両に該当します」が届けられました! やった! 
このシリーズ、なんと呼べばいいのでしょうね? 
さておき、 今回もシリーズメンバー大活躍です。特に鴇先生の過去が明かされる(!)のが興味深い。
事件もまあ、マラソン大会にダチョウが乱入、という派手なスタートです。
この派手なエピソードをどう持っていくのかなぁ、と思って読んでいたら、そこへ持っていきますか。なるほどねー。
動物園とミステリを結び付けるのって、苦労しそうなんですが、いやぁ、鮮やか。
どこかで読んだことのあるテーマを扱っているのですが、それをこういう形で料理するんですね。ステキです。
さすがに警察はもっと早く気づくんじゃないか、と思うところもありますが、動物のプロとしての行動・考えが解決に結びつく展開は、とてもいいですね。
それにしても、楓ヶ丘動物園の面々、多士多才ですねえ。
なんだか、服部くんの変態さ加減が、前作よりオープンなものになっている気がするのがちょっと残念。服部くんの変なところは、もうちょっとわかりにくいほうがいいのに。
「にわか高校生探偵団」シリーズの新作「昨日まで不思議の校舎」 (創元推理文庫)も当然買ってあります。楽しみです。

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

午後からはワニ日和 [日本の作家 似鳥鶏]


午後からはワニ日和 (文春文庫)

午後からはワニ日和 (文春文庫)

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/03/09
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
「イリエワニ一頭を頂戴しました。怪盗ソロモン」凶暴なクロコダイルをどうやって? 続いて今度はミニブタが盗まれた。楓ヶ丘動物園の飼育員である僕 (桃本) は解決に乗り出す。獣医の鴇先生や動物園のアイドル七森さん、ミステリ好きの変人・服部君など、動物よりもさらに個性豊かなメンバーが活躍する愉快な動物園ミステリ。

いままでずっと創元推理文庫だった似鳥鶏の作品が、今回は文春文庫。出版社はかわっても文庫オリジナル。お財布にやさしい作家ですね! --といっても先月出た次の「戦力外捜査官 姫デカ・海月千波」は単行本ですが...なので、買おうかどうか思案中だったりします(笑)。
さておき、「午後からはワニ日和」に話を戻しまして、今度の舞台は学校ではなく、動物園。飼育係が主人公です。
飼育係って、こんなに変わった人ばかりなのでしょうか? と言いたくなるくらい個性的な登場人物がそろっています。「飼育員のうち『動物好き』と呼べる人は二割といったところで、あとの三割は動物マニア、残りの五割は動物バカである」(P11)と書かれている通り、愛すべきキャラクターたちに出会えてよかったなぁと思えます。特に服部君の曲者ぶりは要注意です! シリーズ化されるのかな?
似鳥鶏の特徴である語り口も健在で、すごく楽しい。
そんな中でも、きちんとミステリとして注意が払われていて、歯ごたえもあります。
ワニが盗まれるという冒頭の謎も秀逸なのですが、どうやって盗んだのか? なぜ盗んだのか? とミステリとしておいしいところ満載で、作者にはアイデアがこんこんと湧き出てきているのでしょうね。
しっかりとしたミステリの骨格に、ユーモアあふれる語り口と特徴あるユニークなキャラクターが組み合わさって、上出来の一冊。
東京創元社の「にわか高校生探偵団」シリーズを読んでいない方にも、ぜひ読んでみていただきたいです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

いわゆる天使の文化祭 [日本の作家 似鳥鶏]


いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)

いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/12/10
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
夏休みも終わりに近づいた文化祭目前のある日、準備に熱の入る生徒たちが登校すると、目つきの悪いピンクのペンギンとも天使ともつかないイラストが描かれた貼り紙が目に飛び込んできた。別館中に貼られた、部活にちなんだ様々な恰好の〈天使〉を不思議に思いつつも、手の込んだ悪戯かと気を抜いていると――。波瀾万丈で事件に満ちた、コミカルな学園ミステリ・シリーズ第四弾。

葉山君シリーズです。
文化祭が舞台かと思ったら、文化祭の準備期間中の事件(笑)。
あらすじには、「手の込んだ悪戯」とありますが、本当に手が込んでいます。事件も、作者も。
事件(悪戯?)の進行や人物の出し入れも、すーっと読めてしまうのですが、振り返ってみると非常によく考えられています。凝っている。
視点が葉山君だけではなくて複数視点になっているので、お馴染み度は低くなってしまっていますが、これがまた味わい深かったですね。他人の眼を通してみた葉山君をご覧いただけます。最後にちょっとだけ出てくる文化祭のシーンなんか、とっても楽しい。
事件が深刻さを増していくにつれて、シリーズの雰囲気を損ねてしまうのではないかと、変な心配もしましたが、着地もぴたりと決まっていてお見事。
殺人事件のような大掛かりな事件はなくても、これまでの作品を拝見したところでは、作者はミステリのセンス十二分、と思います。これからも必ず買います。
柳瀬先輩との仲も気になりますね。どう見ても、進展してるとしか思えないシーンがあちこちに。181ページからのくだりなんて、もう... さて、どうなっているのでしょうか? 『演劇部を始めとする彼女の周囲では、僕は「柳瀬の愛妾」と認知されてしまっているほど』なんてあっけらかんとした説明もあるのですが。早く続編でないかな。
あと、創元推理文庫に収録される作品は日本人作家のものであっても英語タイトルがつけられているのですが、この作品は「KILROY WAS HERE」。かっこいい。創元推理文庫の英語タイトルは作者が考えるのだと聞いたことがありますが、素敵ですね。センスがいいと思いました。
本筋とは関係ないですが、「鋼の錬金術師」 (ガンガンコミックスデラックス)「動物のお医者さん」 (白泉社文庫)-どちらもリンクは第1巻に-の名前が出てくるのも楽しかったですね。これだけでなく、注書きがコミカルで、このシリーズの読みどころ(?)の一つです。
最後に。本書の冒頭9ページに、天使の絵があるんですが、これ見て天使と思う人いますかね? 文中でも「これのどこが天使だ?」と書いてはありますが。まあ、だったら何に見える、といわれても困るんですけど...こういうぬけぬけとしたところがまた楽しい。お気に入りの作家、確定です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

まもなく電車が出現します [日本の作家 似鳥鶏]

まもなく電車が出現します
似鳥鶏
創元推理文庫

まもなく電車が出現します (創元推理文庫)

まもなく電車が出現します (創元推理文庫)

  • 作者: 似鳥 鶏
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
芸術棟が封鎖され、困ったクラブや同好会が新たな棲処を探し始めた。美術部の僕は美術室に移動して、無事作品に取り掛かれるかと思いきや、美術部の領地と思しき開かずの間をめぐる鉄研と映研の争いに、否応なく巻き込まれてしまう。しかし翌日、その開かずの間に突如異様な鉄道模型が出現!?表題作を含む五編収録の、山あり谷ありで事件に満ちたコミカルな学園ミステリ短編集。

「理由(わけ)あって冬に出る」 (創元推理文庫)
「さよならの次にくる <卒業式編>」 (創元推理文庫)
「さよならの次にくる <新学期編>」 (創元推理文庫)
に続く新作です。帯には「にわか高校生探偵団」というフレーズがありますが、このシリーズ、そう呼ぶんですね、知りませんでした。
学校を舞台に、作風としてはいわゆる「日常の謎」に属します。このタイプでは、米澤穂信(「氷菓」 (角川スニーカー文庫)を第1作とする「古典部」シリーズや「春期限定いちごタルト事件」 (創元推理文庫)を第1作とする「小市民」シリーズが該当します)が代表的な作家ではないかと思いますが、似鳥鶏は、米澤穂信とは違ったテイストで展開していて、コミカル、とあらすじには書かれていますが、ドライというか軽やかな味わいを、主人公の葉山くんが醸しているのが特徴だと思います。おそらく、葉山くんが、事件に対して、巻き込まれていても、いい意味で余裕があるというか、一定の距離感を持って語っているのがポイントなのだと思います。葉山くんに彼女ができた!という最終話の「今日から彼氏」などにもよくあらわれているのではないでしょうか。
謎とき、としてみると、とても小粒なものばかりですが、この舞台にはぴったりですし、欠点として捉えるのではなく、このシリーズの雰囲気にマッチした長所として積極的に受け止めたいです。
葉山くん(美術部)と、先輩の柳瀬さん(演劇部)の、友達以上恋人未満ならぬ先輩・後輩以上恋人未満な掛け合いがいつもの読みどころですが、最終話の「今日から彼氏」を受けて、次作ではどんな雰囲気になるのか、楽しみです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
日本の作家 似鳥鶏 ブログトップ