So-net無料ブログ作成
日本の作家 初野晴 ブログトップ

千年ジュリエット [日本の作家 初野晴]


千年ジュリエット (角川文庫)

千年ジュリエット (角川文庫)

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/11/22
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
清水南高校、文化祭間近、晴れの舞台を前に、吹奏楽部の元気少女・穂村チカと、残念系美少年の上条ハルタも、練習に力が入る。そんな中、チカとハルタの憧れのひと、草壁先生に女性の来客が。奇抜な恰好だが音楽センスは抜群な彼女と、先生が共有する謎とは?(「エデンの谷」)ほか、文化祭で巻き起こる、笑って泣ける事件の数々。頭脳派ハルタと行動派チカは謎を解けるのか?青春ミステリの必読書、“ハルチカ”シリーズ第4弾!


2015年も早や7日ですが、この「千年ジュリエット」 からやっと昨年11月に読んだ本の感想となります。

シリーズ第4弾の本書も、チカのモノローグである「イントロダクション」で幕を開けます。
「エデンの谷」「失踪ヘビーロッカー」「決闘戯曲」「千年ジュリエット」の4編収録。
「エデンの谷」では新キャラ登場。草壁先生と知り合いってのがポイントですね。「本物の自由と孤独と音楽を愛するスナフキン」って...出てくる楽器が、鍵盤ハーモニカというのも意表をついていておもしろい。探し物をめぐる謎は、まあ平凡な出来だし、いつものハルチカ・シリーズと比べると、日常からの飛躍ぶりが控えめなのが残念ですが、この作品のメッセージにはぴったりな展開でした。
「失踪ヘビーロッカー」は、よくこんなことを考え付いたなぁ、と感心。タクシーでの奇行につけられる説明が明かされると、きっとびっくりしますよ。
それにしてもシリーズ的には、まだ新部員集めてるんだと、ちょっとびっくり。でも、考えてみたら、普門館を目指すんだから、ちょっとでも裾野を広げておく必要はありますよね。
「決闘戯曲」は、またフィクションの中の謎かぁ、とちょっと愚痴ってしまいますが、超弩級の馬鹿馬鹿しい(褒め言葉です)真相に不満は吹き飛びました。
表題作「千年ジュリエット」は、よくあるトリック(?)のバリエーションではありますが、文化祭のフィナーレと響きあうような設定になっているので、これはこれでOKかと思います。

解説で引用されている作者のインタビューで
「今までの三作とは趣向が変わっていて、高校を舞台に、どこまで外にむかって世界観を拡げられるのかを意識してみた」
と語られているのですが、これって、シリーズ第1作「退出ゲーム」 (角川文庫)の感想 (感想のページへのリンクはこちら) にも書いた通り、舞台設定とはずれた地点に到達してみせることがこのシリーズの持ち味と考えているので、もともとこのシリーズが持っている特長の一つだと思うんですよね。だから、「今までお三作とは変わっていて」というのに、あれれ、と思いました。僕の感じていることと、作者の考えていることでは、「世界観を拡げる」という観点だと別のこと、ということなのでしょうが....

この後シリーズの新刊が出ていないような。早く続き書いてくださいね。




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

空想オルガン [日本の作家 初野晴]


空想オルガン (角川文庫)

空想オルガン (角川文庫)

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2012/07/25
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
穂村チカは、憧れの草壁先生の指導のもと、吹奏楽の“甲子園”普門館を夢見る高校2年生。同じく先生に憧れている、幼なじみの上条ハルタと、恋のさやあて(?) を繰り広げながらも、夏の大会はもう目前。そんな中、どうも様子がおかしいハルタが、厄介な事件を持ち込んで…!? 色とりどりの日常の謎に、頭脳明晰&残念系美少年ハルタと、元気少女のチカが立ち向かう! 絶対に面白い青春ミステリ、“ハルチカ”シリーズ第3弾!

去年(H24年)の7月に文庫化されたものを買っていたのですが、今 amazon.co.jp からひっぱった上の画像を見ると、表紙絵が変わっていますね。
「退出ゲーム」 (角川文庫)「初恋ソムリエ」 (角川文庫)に続くシリーズ第3弾ですが、3作とも表紙絵を代えたようですね。
旧バージョンは↓

空想オルガン (角川文庫)

旧バージョンの方が好きですねー。あくまで個人的な好みの問題ですが...軽やかな感じがいいと思いませんか!?

いよいよ大会となったシリーズ。
本書は、冒頭、「イントロダクション」と銘打たれた、いきなり大人になったチカのモノローグで幕を開けるので、びっくりします。そういう趣向でしたっけ?
このモノローグのラストがいい感じです。
「どんなに苦しいときでも、素敵な寄り道ができたことを伝えたい。どんなに厳しい環境でも、ちょっとだけ遠まわりして楽しく生きたことを教えてあげたい。それが許される宝石箱のような時間は、だれにでも必ずおとずれるのだから--」
「宝石箱のような時間」って言葉に込められた思いがポイント高い。

「ジャバウォックの鑑札」「ヴァナキュラー・モダニズム」「十の秘密」「空想オルガン」の4話を収録していますが、各話もモノローグで幕開けです。
いずれも、ハルチカのいる清水南高校関係者ではないところがミソなのでしょう。
モノローグが一番効果的に使われているのは最終話で表題作の「空想オルガン」。モノローグで始まり、モノローグで終わります。ひょっとしてこのために、モノローグ形式を導入したのかも。個人的には、仕掛けの結果うまくだまされた、というのではなく、藪から棒に突然仕掛けが明かされたような使い方なので、素直には感心できなかったのですが、全体としては、「イントロダクション」と呼応するエンディングとしてのスパイスなのだと思いました。
個人的なベストは、幽霊アパートの謎に秘められた遺言(?)を解く、「ヴァナキュラー・モダニズム」。いやあ、馬鹿馬鹿しい(褒め言葉です)。

いよいよ吹奏楽部も新しいステージに入りましたので、シリーズの続きが気になります。

P.S.
裏表紙側の帯に「残念系美少年ハルタと、体育会系吹奏楽少女チカが、日常の謎を解く!」とあって、笑ってしまいました。残念系美少年、というのはおかしいのですが、体育会系吹奏楽って、ふつうでしょ、と思って...
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

初恋ソムリエ [日本の作家 初野晴]


初恋ソムリエ (角川文庫)

初恋ソムリエ (角川文庫)

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/07/23
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
廃部寸前の弱小吹奏楽部を立て直し、普門館を目指す高校2年生の穂村チカと上条ハルタ。吹奏楽経験者たちに起きた謎を解決し入部させることに成功していた2人だったが、音楽エリートの芹澤直子には断られ続けていた。ある時、芹澤の伯母が高校にやって来た。「初恋研究会」なる部に招待されたのだという。やがて伯母の初恋に秘められた、40年前のある事件が浮かび上がり……(表題作より)。
“ハルチカ”シリーズ第2弾!

「退出ゲーム」 (角川文庫)に続くシリーズ第2弾です。「退出ゲーム」 の感想はこちら
連作短編なのですが、まず、この本のラストを飾っています、表題作ともなっている「初恋ソムリエ」 。タイトルがいいですよね。
ソムリエと言ったら、食事や好みにあわせてぴったりのワインを選んでくれるお仕事。初恋のソムリエって、なんだか素敵な初恋を演出してくれそうな、そんな気配。実態は...
初恋研究会とかを作っていて、初恋の真贋を鑑定するのだとか。「当時の状況を正確に再現する。記憶から、誇張や歪曲をという要素を取り除いた、純粋な情報のみを抽出して鑑定する」(P243) そして、「初恋は嗅覚によって生まれた感情だと仮説を立て」(P245)、「その匂いを再現して、顧客に嗅いでもらう」(P245) というお仕事(?)らしい。ちょっと予想とは違いました。これは、「ソムリエ」と呼ぶものではないと思うのですが...
というわけでタイトルに惹かれて読むと、あれれ!? となりますが、中身のほうは、ぽーんと遠い場所へ連れて行ってくれる初野晴の本領発揮、ここに着地しますかぁ、というところを目指してミステリが成立しています。
第1話「スプリングラフィー」こそ、学園ミステリらしい出だしで、学園ミステリらしい着地となりますが、第2話「周波数は77.4MHz」も、第3話「アスモデウスの視線」も、学園ミステリからすっとスライドしたかのような地点にたどり着きます。特に「アスモデウスの視線」は1ヶ月の間に3回も席替えをしたクラスの謎、という学園ミステリならではの謎を出発点に、学園からはみ出さないのに、それでいてずれた着地を見せるという、なかなか興味深い作品になっています。
吹奏楽部のメンバー集めも着実に進んでいるようですし、シリーズの進展に期待します。



<蛇足>
やっぱりこのシリーズの目次のページ、バランスが悪くて気になるのですが...

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

退出ゲーム [日本の作家 初野晴]


退出ゲーム (角川文庫)

退出ゲーム (角川文庫)

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/07/24
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
「わたしはこんな三角関係をぜったいに認めない」――穂村チカ、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみのホルン奏者。音楽教師・草壁先生の指導のもと、吹奏楽の“甲子園”普門館を夢見る2人に、難題がふりかかる。化学部から盗まれた劇薬の行方、六面全部が白いルービックキューブの謎、演劇部との即興劇(フリーエチュード)対決……。2人の推理が冴える、青春ミステリの決定版、“ハルチカ”シリーズ第1弾。

主人公ふたりが、ハルタとチカで、ハルチカ・シリーズらしいです。
どうでもいいことですが、新宿西口の小田急ハルクの地下のことを、ハルチカっていうんですね。この前近くを通りかかったら、看板にそう書いてあって、ちょっとびっくりしてしまいました。
さて、おやじギャグ以下のレベルの余談はさておき...
4編をおさめた短編集です。
表題作「退出ゲーム」は2008年(第61回)日本推理作家協会賞短編部門の候補作に選ばれた秀作です。高校を舞台にした作品らしく、演劇部の仕掛けた劇中での対決、という設定で、頭脳ゲームとしてよく作られていると思いますが、個人的には不満あり。こういう舞台や劇など、架空であることを前提としたお芝居やゲームを扱うと、どうも上滑りになってしまって、せっかくの対決も色あせるように感じてしまいます。そのせいか、真相の切実さと物語のトーンがずれているような印象を受けました。
と否定的な意見を述べましたが、でも、この作品がこのシリーズの特徴をよくあらわしているかもしれません。
このシリーズは、登場人物も、話の進み方も、青春ミステリで、学園ミステリで、タイプとしては日常の謎、になると思われるのですが、ぽーんと日常からかけ離れたところに連れて行ってくれたりするのです。つまり、舞台設定とはずれた地点に到達してみせることが持ち味なのかも。
ずいぶん遠くへ連れて行ってくれるやり方が、「鮮やか」「切れ味するどく」とは言い切れないのがたまにキズですが--表題作への不満もこのせいだと思われます--、狙いはなかなかよいと思います。謎が解けた時の落差が、ちゃんとミステリです。ずらし方、に気を配ってもらえれば、いっそう素敵なシリーズになると思います。

ハルタのキャラクターが、単に目新しい設定にした、というだけではなくて、ストーリーにもっともっと密接にかかわってくるとさらにいいのではないかと思うのですが...
「初恋ソムリエ」 (角川文庫)
「空想オルガン」 (角川文庫)、そして
「千年ジュリエット」 (角川書店)
とシリーズは順調に進んでいますので、弱小クラブ(?)の吹奏楽部の行く末ともども、そのあたりも気にしながら読み進めていきたいです。

<蛇足>
この文庫の目次のページ、なんだかバランスが悪くて気になるのですが...
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

1/2の騎士 [日本の作家 初野晴]

1/2の騎士 (講談社文庫)

1/2の騎士 (講談社文庫)

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫

<裏表紙あらすじ>
“幸運のさる”を見つけた中学生が次々と姿を消し、盲導犬は飼い主の前で無残に殺されていく――。狂気の犯罪者が街に忍び寄る中、アーチェリー部主将の女子高生・マドカが不思議な邂逅を遂げたのは、この世界で最も無力な騎士だった。瑞々しい青春と社会派要素がブレンドされた、ファンタジックミステリー。

「水の時計」 (角川文庫)「漆黒の王子」 (角川文庫)に続く第3作です。
今回の作品にもファンタジックな設定が取り入れられています。それが、タイトルにもなっている騎士「サファイア」。物語の底流は、ボーイ・ミーツ・ガールで、ここがあらすじでいう瑞々しい青春にあたります。
社会派要素という方の底流は、マイノリティ、でしょうか。
ミステリとしても非常によくできています。
全体の構成は連作長編のようになっていて、
「騎士叙任式 もりのさる」
「序盤戦 Dog Killer -ドッグキラー-」
「中盤戦 Invasion -インベイジョン-」
「終盤戦 Raffesia -ラフレシア-」
「一騎打ち GrayMan -グレイマン/灰男-」
と、それぞれのエピソードでいずれも異常者との対決が描かれます。ファンタジックな外装に似合わず、描かれている事件はとても現実的で、このあたりも社会派的とされる要素なのかもしれません。
中では「中盤戦 Invasion -インベイジョン-」の真相が印象に強く残ります。女性の一人暮らしの部屋に忍び込むストーカー(?)を扱っているのですが、その狙いにはたいていの人が唖然とするのではないでしょうか? 全然作風は違うのに、初期の泡坂妻夫を思い出したりもしました。
畳み掛けるように緊迫度が上がっていく、「終盤戦 Rafflesia -ラフレシア-」、「一騎打ち GrayMan -グレイマン/灰男-」もサスペンスフルで、特に「一騎打ち GrayMan -グレイマン/灰男-」では、ミステリとしては典型的なサイコ犯ながら、サファイアの姿が気になって、気になって。ミステリとしてのクライマックスが、ボーイ・ミーツ・ガールのクライマックスと重なって、迫力あります。
主人公マドカの成長物語としての側面は、「後日談 ふたりの花」でフォローされていて、力強い一歩を踏み出す姿には、がんばれと声をかけたくなりました。

「通りすがり」さんがこの作品について「本書は、犯罪が起こってそれを解決するという、まあ本格ミステリのような感じの作品ですけど、本格ミステリとは明らかに違う点が一点。それは、どの犯罪者も、不特定多数の対象を狙っている、という点」「本格ミステリっぽいストーリーで、不特定多数の対象を狙う犯罪を扱うというのはなかなか珍しい」と指摘されていて、鋭いなぁ、と思いました。気づいていなかった...そういう意味でも注目の作品だと思います!
タグ:初野晴
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

漆黒の王子 [日本の作家 初野晴]

漆黒の王子
水野晴
角川文庫

漆黒の王子 (角川文庫)

漆黒の王子 (角川文庫)

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/09/25
  • メディア: 文庫


<背表紙あらすじ>
ある地方都市のマンションで、男女の死体が発見された。遺体は暴力団藍原組組員とその情婦。だが、藍原組では以前から組員が連続不審死を遂げていた。しかも、「ガネーシャ」と名乗る人物から「睡眠を差し出せ」という奇妙な脅迫メールが……。一方、街の下に眠る暗渠には、“王子”他6名のホームレスが社会と隔絶して暮らしていた。奇妙な連続殺人は彼らの仕業なのか?ふたつの世界で謎が交錯する超本格ミステリ。

「水の時計」 (角川文庫)で第22回横溝正史ミステリ大賞を受賞した水野晴の第2作です。
「水の時計」 は、「幸福の王子」を下敷きに、きわめてファンタジックな世界でありながら、臓器移植を扱っていて、不思議な手触りの作品でした。横溝正史という名のつく賞を獲ったことに違和感を覚えるほど、透明、な感覚。
この作品でも、ファンタジックな「地下」世界と、やくざを舞台とする「地上」世界と交互に話が進んでいって、前作のイメージが(方向は違いますが)漂ってきます。
ミステリである以上、この2つの世界がどう交差するのか、が読みどころの一つ、となるはずなわけですが、うーん、ここには意外性はありませんでした。想定通りの着地を見せます。つまり読みどころはここにはない、ということですね。
とはいえ、ミステリとしての仕掛けも十分張り巡らされています。たとえば、「地上」世界のやくざの連続殺人のトリックはおもしろくて、凡庸な作家だとこれを中心に据えて作品を仕立ててしまうような感じがします。また、やくざの「しのぎ」の内容も、実現性はともかくよくできていて、これを主軸にした作品も成立しそうです。
これらを贅沢にも構成要素の一つに押しとどめて、さきほど想定通りと言った着地へ向けて仕上げていく、その手腕こそがミステリとしての読みどころなのだと思います。
そして、ミステリとしての結構が整った後での対決シーンで終盤となります。ファンタジックな部分が、現実と交錯することで消失するのではなく、残っていくところに作者の意志を感じました。
非常に珍しい作風なので、今後も活躍していってほしいです。



タグ:初野晴
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
日本の作家 初野晴 ブログトップ