So-net無料ブログ作成
検索選択
コミック 加藤元浩 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) [コミック 加藤元浩]


C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) (講談社コミックス月刊マガジン)

C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/02/17
  • メディア: コミック



この第19巻は、
「銀座夢幻亭の主人」
「夜にダンス
「大統領逮捕事件」
の3話収録です。

「銀座夢幻亭の主人」は、昭和30年代に銀座にあった「夢幻亭」の主人、稀代の美貌で、全ての客に愛され、みんなを愛した涼、彼が本当に好きだったのは誰か、という謎を扱っています。
これ、ちょっと平凡な答えだと思ったのですが、いかがでしょう??

「夜にダンス」は、防犯カメラや他の証人の証言と食い違う証言の謎を森羅が解きます。
これも、ミステリとしては平凡な答え。このトリック(?) すぐに見当がつきます。
それでも、「トンボは運命だから飛ぶ」という森羅のセリフが、周りの反対を押し切ってアメリカにダンスの勉強をしに行こうとする高校生の姿と響きあって、よかったです。

「大統領逮捕事件」は、もう一つのシリーズ、「Q.E.D.証明終了」とのコラボです。
「Q.E.D.証明終了」の方の感想ページへのリンクはこちら
裁判の結果はエチケットとして書きませんが、この「Q.E.D.証明終了(41)」 (講談社コミックス月刊マガジン)には判決も、そのあとの展開も描かれています。
こういう試み、おもしろいですね。

この第19巻にも、ヒヒ丸が出てこなかった...ちぇっ。


<2016.7.24追記>
タイトルと書影が間違っていたので修正しました。
18巻としていまっていました。19巻が正しいです。




タグ:加藤元浩 CMB
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Q.E.D.証明終了(41) [コミック 加藤元浩]


Q.E.D.証明終了(41) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(41) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/02/17
  • メディア: コミック




この第41巻には「バルキアの特使」と「カフの追憶」の2つの話が収録されています。

「バルキアの特使」は、もう一つのシリーズ、「C.M.B.森羅博物館の事件目録」 (講談社コミックス月刊マガジン)とのコラボ作品です。
今回は、あらすじとは思えなかったので↑には引用しなかったのですが、帯には
「対峙するのは、知を司る『“C”“M”“B”』の指輪の主・榊森羅!」
と書かれています。
虐殺を行ったとして人道に反する罪でベルギーで逮捕された、東ヨーロッパの小国バルキア共和国の元大統領スワミ。
自国で裁判を行うというベルギーに対し、バルキアで裁くべく、ベルギー政府発行の逮捕状の無効とスワミの身柄返還を求め、国際司法裁判所に提訴したバルキア。
燈馬は今回、バルキア共和国の補佐人となります。一方、ベルギーの補佐人が森羅。
で法廷での対決劇となるわけです。
結果がこちらでは描かれておらず、対となる「C.M.B.森羅博物館の事件目録(19)」 (講談社コミックス月刊マガジン)で描かれているようです。
「あんた達が頭がいいのは交わす言葉を端折るためじゃねェだろ!! イトコなんだからちゃんと話してこい!!」って可奈のタンカ、かっこいいですねぇ。

「カフの追憶」は、禁錮40年の計でアメリカの刑務所に囚われている囚人の迷妄を解くという話なんですが、いくらなんでもこれはいただけませんね。
ミステリでいうところの、アンフェアの最たるものです。
描かれている内容な悪くない、というか、むしろすきな方に入るんですが、物語の枠組みが致命的にだめだと思います。残念。



タグ:加藤元浩 QED
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

C.M.B.森羅博物館の事件目録(18) [コミック 加藤元浩]





この第18巻は、
「龍鳳」
「『A列車で行こう』」
ガラス博物館
の3話収録です。


「龍鳳」は、香港の南興会と北興会という二つの組織の対立を背景にした事件を扱っています。
龍鳳胎(ルンフォンタイ)とは男の女の双子のことで、中国では龍(ドラゴン)と鳳(フェニックス)の生まれ変わりとして特別な存在と考えられているらしいです。
で、南興会の会長周の子どもがこの龍鳳胎。
死んだ北興会の会長が「周のトコの双子は瓜二つが。見分けがつかねえ」と言い残して問題になるのですが、二卵性双生児の二人兄の文龍(マンルン)と文鳳(マンフォン)は似ていない(マンガではそれなりに似ているように見受けられますが)。さて...と。
双子をうまく使っていて楽しめますが、さすがに最後のトリックは無理ですよね。ネタバレになるから、色を変えておきますが、いくら雨のなかとはいえ墜落死の音を偽装できたのでしょうか?
とはいえ、前後編と二話分の長さだけあってなかなか味のあるラストを迎えて満足です。

「『A列車で行こう』」は、転校した高校生が覚える違和感を解く物語です。
意外な着地を見せていい話に仕上がっているのですが、やはりパワフルなトランペットの前部長の写真を見たら、いくらなんでも...ねぇ。

「ガラスの博物館」は、全体に安直なつくりなのは残念ですが、森羅が犯人に目星をつけるヒントがおもしろいですねぇ。(ただ、読み返しても、指摘されたポイントがはっきりわかるように描かれてはいませんでしたが...)
あと、劣化して見栄えが悪いからと隅っこに追いやられていたササン朝ペルシャのガラスを森羅がせしめるのがおもしろい。
でもねぇ、肝心のトリックがねぇ...絶対無理ですよ、これ。

この第18巻に、ヒヒ丸が出てこなかったのが不満です!!

タグ:加藤元浩 CMB
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Q.E.D.証明終了(40) [コミック 加藤元浩]




<帯裏表紙側あらすじ>
書店の金庫から売り上げ金が盗まれた。居合わせたのは、四角関係の男女二組。四人の出会いサポートした燈馬と可奈は、一方通行の恋愛模様の中にヒトの不思議を見る!
(『四角関係』他一編を収録)

この第40巻には「四角関係」と「密室 No.4」の2つの話が収録されています。

「四角関係」は、妙なかたちで成立してしまっている四角関係を背景に(?)、書店での盗難騒ぎを描いています。
うーん、この真相、簡単すぎませんでしょうか? と同時に、ちょっと犯人の振る舞いに無理があるように思えてしまいます。燈馬が動機について推理をめぐらせる端緒となるエピソード、犯人だったら言わないでしょう。
それと、最後の方の犯人のアップはかなりインパクトあるんですが、最後もちょっと不思議な終わりかたです。
四角関係というアイデアがちょっとうまくこなれていませんでしたね。
ところで舞台となった土鯉書店、やっぱり「どっこいしょてん」って読むのかな?

「密室 No.4」では、離れ小島で連続する密室事件を扱っています。
ミステリツアーとして、3つの密室事件の謎を解く。そういう構想のツアー体験会で、実際に密室殺人が1つ起こる、というもの。
ツアーのなかの3つの密室トリックが、それぞれあまりにもあんまりなトリックなのでおいおいと思ったら、そのトリックそのものが犯人特定に資する、という構成になっていて感心しました。できる!
ありふれた錯覚トリックも、効果的に使われていたように思います。
ただ、あれを消すのは無理だと思います。いろいろと痕跡が残るでしょうから。
とはいえ、密室をめぐる部分は十分の楽しみました。
コミックスへの描き下ろしにふさわしい力作です。



タグ:加藤元浩 QED
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

C.M.B.森羅博物館の事件目録(17) [コミック 加藤元浩]


C.M.B.森羅博物館の事件目録(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

C.M.B.森羅博物館の事件目録(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/06/17
  • メディア: コミック



この第17巻は、
「プリニウスの博物誌」
「隠れ里」
「モザイク」
「幻の車」
の4話収録です。


「プリニウスの博物誌」は、活版印刷の「プリニウスの博物誌」をかたに東側から西側へベルリンの壁を超えようとしてうまくいかなかった家族の物語です。
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」(ブログの感想へのリンクはこちら)を観た直後に読んだので、なかなか(個人的には)タイムリーでしたね。
ミステリを読み慣れている人なら、いやいや、このQ.E.D.シリーズを読み慣れている人なら、真相は見抜けてしまうと思いますが、
「今の話はぜんぶウソだ」
というセリフを軸にうまく作ってあるなぁと感心。なるほどねー。
そして、真相に至る道筋も自然です。
当時の新聞記事を利用して、一種の叙述トリックみたいなの(実際は、叙述トリックと言ってしまうと、言い過ぎですけどね)まで仕掛けてあって大満足の一作。

「隠れ里」は、七草がゆの七草を自分で摘んだらおいしいのでは? と思いつき、田舎へ出向いたら遭遇した怪を扱っています。
いや、おもしろいんですけどね、仕掛けは。
でも、これはないなぁ。いくらなんでも。だって、こんな家や道を作る理由がない。
この作品のために、わざわざそんな家、建てないでしょう....

「モザイク」は、設計事務所のひとたちをめぐる、いかにもミステリらしい作品なんですが、逆にミステリらしすぎて、底が浅くみえみえだし、ラストもなぁ。
ラストで森羅が見栄を切るセリフも、決め手になるようなもんじゃなく、誰でも気づいてるでしょう。警察だって...
この17巻、全体を通して、ヒヒ丸が出てこないんですが(「隠れ里」に出てきてもいいのに!!)、この「モザイク」の口絵で描かれているモザイクがヒヒ丸です!!

「幻の車」は、1931年に渋沢栄一などから資金協力を得て開発された1台しか現存していない幻の車「つくば号」が出てきます。(2台目があるという設定ですが)
真相は定番中の定番みたいな着地だし、推理は無理だし、というものですが、「つくば号」がもう一度走る、というロマンに奉仕するわけなので、この真相でいいんだ、と思えます。


タグ:加藤元浩 CMB
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Q.E.D.証明終了(39) [コミック 加藤元浩]


Q.E.D.証明終了(39) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(39) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/06/17
  • メディア: コミック


<帯裏表紙側あらすじ>
今なお太陽系を超えて飛び続ける無人惑星探査機・ボイジャー。
人類の偉業「ボイジャー計画」に携わった燈馬の恩師・イオ教授が、妻の命日を前に失踪した。
燈馬と可奈は、35年前に教授が成した仕事、その影で置き去りにされた一人の女の物語を知る。教授が手にした栄光、そして失った愛とは--?
〈『グランドツアー』他一編を収録〉

この第38巻には「ああばんひるず6号室事件」と「グランドツアー」の2つの話が収録されています。

「ああばんひるず6号室事件」は、「ああばんひるず」という名前だけは立派なボロアパートの大家さんの怪死事件を扱っています。
怪死の真相はいいとして、その後に付け加えられたオチ(?) の部分は失敗ではないでしょうか。
可奈がバイトの管理人として「ああばんひるず」に乗り込み、燈馬もそこに加わる、という流れですが、
「僕が借りたとき不動産屋さんが説明してくれましたよ」
という燈馬のセリフに、???、でした。
大家さんの孫から直接依頼されていたら、不動産屋さん通さないでしょう、普通は。
そこを置いておくにしても、ちょっと乱暴なストーリーだと思いました。


「グランドツアー」は、上で引用したあらすじにもあるようにボイジャー計画に関係した話です。
タイトルのグランドツアーというのは、1976年から1979年の3年間に奇跡のように起きた惑星の配置!! 「スイングバイ」で太陽系の果てまで一気に宇宙船を飛ばすことができる千載一遇の好機(チャンス)!! 天に与えられた時間が“グランドツアー” ということのようです。
「スイングバイ」は、あの“はやぶさ”でも話題となった技術(アイデア)ですね。
で、そのボイジャー計画に携わった科学者・技術者たちの人間模様。
よくある話、と片付けてしまってはかわいそうですが、世界に誇るプロジェクトでも、携わるのはやはり人間、ということでしょう。
でも、このストーリーを“グランドツアー”と名付けるのはちょっと無理があるかなぁ。
可奈たちが踊る歌が笑えました。
「ここは~~
ハワイ~~
だけど~~
ワイキキビーチはない~~
ここはハワイ島でオアフ島じゃないから~~」

ちょっとこのところ、シリーズが低調な気がします。
ぜひ、持ち直してほしい、です。

タグ:加藤元浩 QED
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

C.M.B.森羅博物館の事件目録(16) [コミック 加藤元浩]





この第16巻は、
「ナスカの地上絵」
「レヤック」
「学校の七不思議」
「クファンジャル」
の4話収録です。


「ナスカの地上絵」は、タイトル通り、ペルーのナスカ台地が舞台です。
ナスカに道路を通す計画が持ちあがって、強硬に反対していたスペイン人のサイード博士が、墜落死する。しかし、現場の平原には墜落死できるような高いところはない。
魅力的な謎でしょう?
うまくいくかな? と思う危なっかしいところもありますが(こんなことして、地上絵は大丈夫なのでしょうか??)、非常に絵になるいいトリックだと思いました。おもしろい。

「レヤック」は、バリ島が舞台です。
レヤックはバリ島に伝わる悪霊。
迷信深い(信心深い?)島人というのはいいんですが、この犯人と動機(?) は、なし、じゃないかなぁ?
すっきりしません。

「学校の七不思議」で、後輩に怪談を残してやろうと考えだす(?) 馬鹿馬鹿しい怪談がおかしい。
飼育室に閉じ込められる仕掛け(?) は単純だし、学校でここまでうまく働くかな、と思ってしまいますが、怪談を背景にして舞台に合っていますね。
「なんでみんな 怖い話なんか聴きたがるのかな?」
「人は白い紙に絵を描くけど……黒い闇の中にも絵を描きたがるんだ」
って、かなり印象的なセリフでした。

「クファンジャル」に、ヒヒ丸がちょこっとだけ出演。
クファンジャルというのは、「トルコなど中近東の男性が持つお守りの短剣」だそうです。
しかし、この解決というか、オチは、ちょっとがっくり。
泥棒たち、あまりにも頭悪すぎ...



タグ:加藤元浩 CMB
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Q.E.D.証明終了(38) [コミック 加藤元浩]


Q.E.D.証明終了(38) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(38) (講談社コミックス月刊マガジン)





この第38巻には「虚夢」と「十七」の2つの話が収録されています。

「虚夢」は、映画製作に夢をかけ、金をかけ、どうにもならなくなって追いつめられた男たちの話です。
かなりきわどいトリックが使われています。
でも、このトリック、うまくいくでしょうか? ぜんぜんタイプは違いますが、横溝正史の「獄門島」 (角川文庫)をなぜか思い出して、ニヤリとしたのは事実ですが、すぐに見破られてしまうような気がしてなりません。
真相究明シーンの絵がちょっとミスリーディングなだけかもしれませんが...
ラストのせりふがなかなかいいなぁ、と思えました。

「十七」は、一転して、江戸時代の和算を扱っています。QEDならでは、といえるかも。
算額に、遺題(問題の回答を示していないもの)、病題(答えのない悪い問題)...
そういえば、冲方丁の「天地明察」 (上) (下) (角川文庫)(ブログへのリンクはこちら)に算額が出てきましたね。
複素平面を江戸時代に13歳の少女が編み出していた、しかもひょっとしたらガウスより先に、というのはロマンがありますが、ちょっと大きなテーマに挑み過ぎているように思ってしまいました。

余談ですが、途中に、「和算になかったものの一つが“微積分”です。微積分はライプニッツとニュートンが完成させたと言われています」というせりふがあります。
高校生のとき、数学の先生に、ライプニッツとニュートンと関孝和がそれぞれ独自に微積分を編み出したと教えてもらった記憶があり、これを読んであれっと思ったのですが、国立国会図書館のHPをみてみると、
「関の数学が微積分のレベルに到達していたということもしばしばいわれますが、幾つかの公式に類似のものがあるものの、全体としてみると当時の和算と微積分は全く発想の異なった数学であり、単純な比較はできません。」
とあって、関孝和が編み出したわけではないのですね。





タグ:加藤元浩 QED
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

C.M.B.森羅博物館の事件目録(15) [コミック 加藤元浩]


C.M.B.森羅博物館の事件目録(15) (講談社コミックス月刊マガジン)

C.M.B.森羅博物館の事件目録(15) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/10/15
  • メディア: コミック



この第15巻は、
「アリアドネの糸」
「魚釣り」
「スタン」
「キルト」
の4話収録です。


「アリアドネの糸」は、ギリシャのミノタウロスの木像が人を襲う、というストーリーです。襲われた人たちは「太陽を見た」と言っている...
魅力的な謎ですね。
そうそううまくいくかな? と思うのは否定できませんが、ミステリ的には十分説明がついていると思います。ステキです。
太陽をめぐる謎も気が効いていますね。刑事さんは襲われても太陽は見ていないというポイントがうまく処理されています。ギリシャ語がわからない人(ほとんどの人がそうだと思いますが...)にはネタバレにならないので、豪快に書いちゃいますが、ラストの「ήλιος」「ηλίθιος」も二重丸!
ヒヒ丸も登場しますし、GOOD!

「魚釣り」は、森羅たちが釣りに出かけて遭遇する事件を描いています。
なかなかおもしろいトリックが使われていますが、麻薬捜査をやっているような警察官なら簡単に気づきそう...

「スタン」には、森羅は父二人目が登場。その名もスタン・ベルヌーイ。これまた強烈なおじさんだったので、大満足(!?)。
しかし、カンボジアの宝、『東洋のビーナス』をもしのぐ女神像(デバター)のすり替えをめぐる話は、すぐにばれそうなんですけれど。こんなに簡単に引っかかりますかねえ?

「キルト」は、死期の迫った老女が、昔親友から贈られたキルトに込められたメッセージの解読を森羅に頼むという話です。老女は、その親友から彼氏を奪ったような形で結婚をしてしまい、その後もらったキルトだったのですが。
こんなに都合よく謎が解けるかいっ! という感じですが、そこは森羅はCMBの指輪の持ち主ですから、よしとしましょう。ミステリマンガとしては、ちゃんと伏線が張られているところに注目だと思いました。
しかし、これは、苦い話ですね。少しかわいそうな気もします。当時、恋愛結婚が主流だったとは思いませんし。だからこそ、最後の森羅の対応が救いなんですよね、きっと...



タグ:加藤元浩 CMB
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Q.E.D.証明終了(37) [コミック 加藤元浩]


Q.E.D.証明終了(37) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(37) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 加藤 元浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/10/15
  • メディア: コミック




この第37巻には「殺人講座」と「アニマ」の2つの話が収録されています。

「殺人講座」は、伊豆半島の警視庁研修施設で行われる「犯罪プロファイリング講習会」が舞台です。
登場人物の名前が、瀬戸、有田、信楽、伊万里、と続いてちょっとニヤリとしていたら、講習会の講師となるFBI行動分析課のプロファイラーの名前が、マイセン・久谷。やりすぎですって。
さておき、事件に使われるトリックは、なかなかおもしろい思いつきだとおもいましたが、無理ですね。
関係者たちが、それぞれの個室にいつ最初に入ったのか、ちゃんと明示してくれていないのですが、見た限りのデータからだと、ちょっと成立しそうもありません。
しかし、マイセン・久谷が披露する推理は、プロファイリングに該当するんでしょうか? 単なる普通の推理のように思えました。

「アニマ」は、アニメ制作会社を舞台にしています。アニメ制作現場の厳しい実態が描かれます。
アニメ制作に打ち込む者と、彼らを追い込む過酷な状況。
最後の犯人(?) のせりふが印象的です。
スケジュール表に書き込まれた
「締切日
 最終ライン
 デッドライン
 死後の世界」
というのに、笑ってしまいました。


タグ:加藤元浩 QED
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | 次の10件 コミック 加藤元浩 ブログトップ