So-net無料ブログ作成
検索選択
日本の作家 道尾秀介 ブログトップ

鬼の跫音 [日本の作家 道尾秀介]


鬼の跫音 (角川文庫)

鬼の跫音 (角川文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
刑務所で作られた椅子に奇妙な文章が彫られていた。家族を惨殺した猟奇殺人犯が残した不可解な単語は哀しい事件の真相を示しており……(「犭(ケモノ)」)。同級生のひどい攻撃に怯えて毎日を送る僕は、ある女の人と出会う。彼女が持つ、何でも中に入れられる不思議なキャンバス。僕はその中に恐怖心を取って欲しいと頼むが……(「悪意の顔」)。心の「鬼」に捕らわれた男女が迎える予想外の終局とは。驚愕必至の衝撃作!


「鈴虫」
「犭(ケモノ)」
「よいぎつね」
「箱詰めの文字」
「冬の鬼」
「悪意の顔」
の6編を収録した道尾秀介の第一短篇集です。
解説で京極夏彦が
「オカルト的なガジェットを捨て、ホラーの看板を下ろしても--道尾作品は怖い。
そして、たとえば推理小説としての体裁を放棄していてもなお--ミステリの醍醐味を備え持っている」
と述べているのが印象的でした。
というのも、この「鬼の跫音」 に収録されている作品は、ミステリとホラーのあわいをたゆたうような作品が多かったからです。
ミステリかホラーか、どっちだ。中途半端だ、と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、この微妙な加減がポイントなのでしょう。
道尾秀介らしいミステリ的な仕掛けが、さまざまな作品でさまざまなかたちで弾けるのも見どころです。
それでいて、ミステリ的仕掛けがきわめて薄い「悪意の顔」がもっとも印象に残っているというのも、逆に個人的には興味深かったりします。
しかし、みごとに壊れてしまった人間がいっぱい出てきて、やはり怖いです。

<蛇足>
跫っていう字、これだけでも「あしおと」と読むんですね。



タグ:道尾秀介
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

龍神の雨 [日本の作家 道尾秀介]


龍神の雨 (新潮文庫)

龍神の雨 (新潮文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/01/28
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
添木田蓮と楓は事故で母を失い、継父と三人で暮らしている。溝田辰也と圭介の兄弟は、母に続いて父を亡くし、継母とささやかな生活を送る。蓮は継父の殺害計画を立てた。あの男は、妹を酷い目に合わせたから。――そして、死は訪れた。降り続く雨が、四人の運命を浸してゆく。彼らのもとに暖かな光が射す日は到来するのか? あなたの胸に永劫に刻まれるミステリ。大藪春彦賞受賞作。


週刊文春ミステリーベスト10 第8位、「このミステリーがすごい! 2010年版」 第9位。
今回は、複雑な家庭環境の兄妹・兄弟が2組登場。
辰也と圭介の兄弟は父親の後妻里江と父親の死後住んでいる。辰也は里江が母親を殺したのだと思い、里江に嫌がらせをする。返事をしない。会話をしない。本やお菓子を万引きしては、それをわざと里江の目につく場所に置いておく。うーん。中学生は複雑なお年ごろだし、こういう家庭環境は想像も及ばないので、どうこういう資格はないと自分で思いますが、ちょっとやり過ぎではないでしょうか。特に弟の圭介がわりと普通なのでなのさら。「母親を殺したのだと思い」と書きましたが、そういう証拠があるわけでもなく、むしろ無理にそう思い込もうとしている節がある。血のつながらない辰也と圭介を引き取り、育ててくれる里江って、客観的にはとてもいい人なんですよね。これはやはり心無い仕打ちという感じではないでしょうか。
一方の蓮と楓は再婚4ヶ月で母が死に、継父睦夫と暮らしている。会社も辞め、酒も増え、中学3年の楓をどうやら女として見ているようだ...睦夫を殺そう、と蓮は決意している。不穏ですね。
で、辰也と圭介が、蓮の働くコンビニ(?) で万引きをしようとしたことから、この2組の運命が交差します。
タイトルにもありますが、非常に雨が印象的な作品です。なんだかずーっと降っている感じ。
道尾秀介の本なので、このままでは終わらないというか、見かけどおりではないことが最後に明かされるわけですが、細かな事実の積み重ねでミス・リードしていく手法は見事ですねぇ。

それにしても、冒頭に圭介と蓮が見た龍、そして後半辰也と蓮が見た龍はなんだったんでしょうね?? 
橋本満輝さんの解説もおもしろかったですね。龍は龍のままでいいのかもしれません。







nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

カラスの親指 [日本の作家 道尾秀介]


カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/07/15
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは? 息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。道尾秀介の真骨頂がここに!


日本推理作家協会賞受賞作です。
「このミステリーがすごい! 2009年版」第6位、2008年週刊文春ミステリーベスト10 第10位。

冒頭、コナン・ドイルの「緋色の研究」からの引用が掲げられています。
曰く、
「表が出ればぼくの勝ち、裏が出れば君の負け。」
おお、そういう小説なんですね、と期待が膨らみます。いいじゃないですか、コン・ゲーム。

タイトルのうち、カラスは玄人のこと。カラスが黒いからそういう、と作中に出てきます。(151ページ) でも、スリのことなのかな? 詐欺師ではなく。
親指は、いろいろな意味が込められているようですが、お父さん指、ということでもあります。(241ページ)
英文タイトルとして(?)、“by rule of CROW’s thumb” とついていますが、by rule of thumbは、「理論やなんかじゃなくて、経験にもとづく方法って意味」(185ページ)だそうです。

騙す相手はヤミ金組織だから、命がけ。危ない目にも遭います。
道尾秀介の作品で、ここまでストーリーがぐんぐん展開するの、珍しくはないでしょうか? こういう勢いのある作品も上手なんですね。

さてさて首尾よくヤミ金を騙せますかどうか。ハラハラします。
そして最後の回想シーン。
うーん、いいですねぇ、これ。
こういう方向に話が展開していくとは、あまり予想していないでしょう。
やや駆け足で詰め込み過ぎ感はあるものの、途中、あれれ、とひっかかりを覚えていたところが回収されていい感じでした。

ただ、ここにあるのは結果として「コン・ゲーム」とは違う手触りの作品ですので、コン・ゲームは期待しないほうがよいかもしれません。
騙しに並々ならぬ手腕を発揮してきた道尾秀介のことだから、ひょっとしたら、冒頭にコナン・ドイルを引用して「コン・ゲーム」っぽくしたこと自体が、作者の仕掛けなのかもしれませんね。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ラットマン [日本の作家 道尾秀介]


ラットマン (光文社文庫)

ラットマン (光文社文庫)



<裏表紙あらすじ>
結成14年のアマチュアロックバンドのギタリスト・姫川亮は、ある日、練習中のスタジオで不可解な事件に遭遇する。次々に浮かび上がるバンドメンバーの隠された素顔。事件の真相が判明したとき、亮が秘めてきた過去の衝撃的記憶が呼び覚まされる。本当の仲間とは、家族とは、愛とは――。いまもっとも旬な作家・道尾秀介が思いを込めた「傑作」、ついに文庫化。

「シャドウ」 (創元推理文庫)「ソロモンの犬」 (文春文庫) に続く、初期の青春三部作のラストを飾る作品です。
「2009 本格ミステリベスト10」 第2位、2008年週刊文春ミステリーベスト10 第4位、「このミステリーがすごい! 2009年版」第10位。
タイトルは、P72に掲載されている錯視(騙し絵?)から来ています。
ネットだと、こちらが楽しいと思います。(勝手にリンクを張っています)
叙述トリックをよく使う道尾秀介が、タイトルに騙し絵を使う。こりゃ、なにかあるな、と身構えてしまうわけですが、この作品の構成はなかなかいいなぁ、と思いました。
作者が繰り返し言う、「ミステリの手法は人間を描くための手段であって、目的ではない」という言葉に照らしてみると、手段である手法が、きっちりミステリとしてのおもしろさにつながっている作品だと感じます。
手法としては「信頼ならない語り手」のバリエーションなのですが、現在と過去、双方について読者に対してすべてをあからさまにはしない語り手・姫川亮が、ミステリとして非常に大きなポイントとなっています。
通常の叙述トリックとは違う意味で、立派に叙述がトリックになっている、というか、読者に対する有効な仕掛けとなっていました。
後半にたたみかけるどんでん返しの内容そのもの(真相)は、見当がついてしまう読者が多いと思われますが、それは、「信頼できない語り手」が「信頼できる語り手」となる瞬間と重なるものであるため、不満を感じないのではないかと思います。手段と目的が、着地で一致した作品ではないでしょうか。
道尾作品の中でも上位に置いておきたい作品です。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ソロモンの犬 [日本の作家 道尾秀介]

ソロモンの犬 (文春文庫)

ソロモンの犬 (文春文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 文庫

<裏表紙あらすじ>
秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、まだ幼い友・陽介の死で破られた。飼い犬に引きずられての事故。だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた秋内は動物生態学に詳しい間宮助教授に相談に行く。そして予想不可能の結末が……。青春の滑稽さ、悲しみを鮮やかに切り取った、俊英の傑作ミステリー。

解説によると、この「ソロモンの犬」は、初期の青春三部作の一冊らしいです。
「シャドウ」 (創元推理文庫)が第1作で、「ソロモンの犬」は2作目、最後が「ラットマン」 (光文社文庫)のようです。
タイトルは、「ソロモン王は魔法の指輪を嵌めて、獣や鳥や魚と語った」と作中で触れられている旧約聖書のエピソードを念頭においたものです。このエピソードを主人公にもたらす間宮助教授がとってもよい味を出していて、作品への強いアクセントとなっています。
ミステリとしてみると...「ミステリの手法は人間を描くための手段であって、目的ではない」とよく言われる作者だけあって、効果的に使われていますが、ミステリとしての感興を呼び起こすようなものではないと思いました。ミステリファンとしてはちょっと残念ではありますが、一方で、人間のつなげ方、つながり方は、さすがという感じがしました。誤解のないように付け加えておくと、ミステリの手法の使い方、組み合わせ方には、ミステリファンも満足できると思います。ただ、ベクトルが残念だ、ということです。
内容として、描かれている事件が十歳の少年の死、というのが、個人的にはどうしても気になって仕方がないのですが、それに加えて、後半の怒涛の展開(?)も賛否両論ではなかろうかと思います。作者の描こうとしていた人間像と、そのための手段であるミステリの手法や仕掛けがちょっと遊離してしまっていたかなぁ、と。この作品のモチーフには、もっとすっきりした構図が似合うのではないでしょうか。その分、盛り沢山な趣向をたっぷり楽しめるのですが。
いずれにせよ、十分期待できる作家なので、次々と読んでいきたいです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

骸の爪 [日本の作家 道尾秀介]


骸の爪 (幻冬舎文庫)

骸の爪 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
ホラー作家の道尾は、取材のために滋賀県山中にある仏像の工房・瑞祥房を訪ねる。彼がその夜見たものは、口を開けて笑う千手観音と、闇の中で血を流す仏像。しかも翌日には仏師が一人消えていた。道尾は、霊現象探求家の真備、真備の助手・凛の三人で、瑞祥房を再訪し、その謎を探る。工房の誰もが口を閉ざす、二十年前の事件とはいったい?

道尾秀介の長編第3作です。
デビュー作で第5回ホラーサスペンス大賞受賞作の「背の眼」〈上〉〈下〉 (幻冬舎文庫) に続いて、真備庄介が探偵役で、ワトソン役が作者と同名の道尾秀介です。
工房という閉鎖された世界を舞台に、二十年前の事件が今に影響を与えて新たな事件を引き起こす、という典型的な本格ミステリの構図に挑んでいます。
道尾秀介というと、やはり「向日葵の咲かない夏」 (新潮文庫)の印象が強く、普通のミステリを逸脱したところがどこかしらあるような警戒感を抱かせるのですが、この作品はストレートなミステリとなっています。
仏像の顔が変わる、とか、仏像が血を流す、とかいかにもホラーチックな事象が出てきますが、合理的に解決されます。
第七章と最終章と2つも章を使ってたっぷり謎解きが繰り広げられるのにぐっときます。そしてこの作品で作者は、横溝正史の某作品で有名なアレをやってくれています。作品の根幹というわけではなく、1冊のなかで比重は小さいものだとは思いますが、360ページで明かされたときにうれしくなってしまいました。いやあ、楽しい。さらに、374ページ、380ページと波状攻撃を仕掛けてくれます。それぞれ、少しずつ趣向が違って、なんて贅沢なんだろう、と。ミステリをあまり好きではない人は、こんなことで? と思われるかもしれませんが、こういうの大好きです。
それ以外の部分も、小道具・大道具から死体まで、すっきりと出し入れがなされて、充実したミステリになっていると思います。
真備庄介シリーズ(?)の第3作を期待します! 道尾さんにはぜひ書いていただきたいです。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

シャドウ [日本の作家 道尾秀介]


シャドウ (創元推理文庫)

シャドウ (創元推理文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/08/20
  • メディア: 文庫


<背表紙あらすじ>
人は、死んだらどうなるの?――いなくなって、それだけなの――。その会話から三年後、凰介の母は病死した。父と二人だけの生活が始まって数日後、幼馴染みの母親が自殺したのを皮切りに、次々と不幸が……。父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは? いま最も注目される俊英が放つ、巧緻に描かれた傑作。本格ミステリ大賞受賞作。

「このミステリーがすごい!2007年版」第3位、週刊文春のベスト10では10位、そして「本格ミステリ・ベスト10〈2007〉」では第6位です。
道尾さんの作品は、評判になった「向日葵の咲かない夏」 (新潮文庫) にピンと来なかったというか、感心しなかったので、文庫化されるたびに買ってはいるものの漏れなく積読にしていたのですが、この作品は普通にミステリで、十分に楽しめました。
主人公である小五の凰介の家族とその幼馴染亜紀の家族、二つの家族が物語の核となっているのですが、どんでん返しが波状攻撃のように連なっていて、プロットが見事だなぁと思いました。ミステリで精神病が出てくると、どことなく胡散臭さが漂うのですが、胡散臭さは抑え気味にしつつ、うまく効果として織り込んでいるように思いました。
解説で紹介されている作者のことばがとてもよいので、孫引きになりますが、ここでも紹介します。
「ミステリーの世界は言葉でつくられた電子回路のようなもので、一本一本のケーブルの先端を複雑に繋いでいき、最後の一箇所を接続した瞬間にパッと明かりが灯る。そのとき突然の光の中で見えた光景が、ほかのどんな世界よりも強く心に残るからこそ、きっと世の中にはミステリー作家がいるしミステリーの読者がいるのだろう。」
この言葉に沿うような作品を生み出すのはやさしいことではないと思いますが、ぜひ続けて送り出してほしいと思います。積読にしていた本も、ずんずん読んでいきたいです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
日本の作家 道尾秀介 ブログトップ