So-net無料ブログ作成
検索選択
海外の作家 ジョン・ディクスン・カー ブログトップ

三つの棺 [海外の作家 ジョン・ディクスン・カー]


三つの棺〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

三つの棺〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)



<裏表紙あらすじ>
ロンドンの町に静かに雪が降り積もる夜、グリモー教授のもとを、コート帽子で身を包み、仮面をつけた長身の謎の男が訪れた。やがて二人が入った書斎から、銃声が響く。居合わせたフェル博士たちがドアを破ると、絨毯の上には胸を撃たれて瀕死の教授が倒れていた!  しかも密室状態の部屋から謎の男の姿は完全に消え失せていたのだ!  名高い〈密室講義〉を含み、数ある密室ミステリの中でも最高峰と評される不朽の名作


2014年に出た新訳です。
帯には訳者あとがきからの引用で、

1981年に17人のミステリ作家、評論家が選出したオールタイム不可能犯罪ミステリ・ランキングで、ヘイク・タルボット『魔の淵』、ガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』などをおさえて第1位に輝いたのが本書。なにしろ選出にあたったのが、フレデリック・ダネイ、ハワード・ヘイクラフト、エドワード・D・ホック、リチャード・レビンソン&ウィリアム・リンク、フランシス・M・ネヴィンズJr.、ビル・プロンジーニ、ジュリアン・シモンズ、オットー・ペンズラーといった錚々たるメンバーなので、その品質保証には全幅の信頼がおけると言えよう(本書「訳者あとがき」参照)。

と書かれています。
名作と誉れ高いこの作品、当然、旧訳でも読んでいます。が、例によってうろ覚え...
〈密室講義〉にのみ気をとられていたことがよくわかります。
--この種の講義の常として、いくつかの作品のネタバレがされているので要注意です。まあ、いずれも古典的名作ではありますが、未読の方には嫌な状況ですね。

ただ、忘れていた自分を弁護するわけではありませんが、この作品、すごく込み入っているんです。メインとなっているのはシンプルなアイデアなんですが、その周りに贅沢にちりばめられた小技の数々、数々、数々、こりゃ、また、忘れるわ、きっと。
それでも、今回読み返すこととなって、メインとなっているアイデアと、周りの小技の組み合わせの剛腕ぶりには、さすがカーと、ため息がでちゃうくらいの凄いレベル。
凄い状況、謎を作り上げるぞー、というカーの強い意気込みが感じられます。

吸血鬼伝説、というか、墓場からの甦りを成し遂げた人物グリモー教授が被害者となる、という結構強烈な話なんですが、もうバリバリ、カー全開です。
何とも言えない恐ろしげな雰囲気がカーの魅力の一つですし。
その分、小技には無理に次ぐ、無理が見られてしまいます。
「コートと帽子で身を包み、仮面をつけた長身の謎の男」にまつわるところなんか、出現する現象の凄さに、思わず叫びだしたくなるようなアイデアなんですけど、図入りで説明されても、うーん、これはないなー。
「二発目はお前にだ」というセリフとともに殺されるフレイ(グリモー教授と因縁のあった奇術師)も、わくわくする中身なんですが、こちらもなー。このトリックは成立しなだろう、きっと。

と建て付けはあんまりうまくないような気がするのですが、読んでいて、こりゃだめだ、という気にはなりません。
素敵な不可能状況のために、これでもか、これでもかと趣向を詰め込んでいくカーに圧倒されるからです。
数々の仕掛けの凄さは、 SAKATAM さんのHP「黄金の羊毛亭」をご覧になると、技巧に感心できます。

個人的には一番感心したのはタイトルですね。
新訳、復刊でカーの作品がどんどん読めるようになることを引き続き期待します。


<蛇足1>
「びっくり箱のなかにいた禿頭のように跳び上がった」(200ページ)って、どういう比喩なんでしょう?

<蛇足2>
ヒズ・マジェスティーズ劇場というのが201ページに出てきますが、これ、現在の Her Majesty's Theatre と同じでしょうか? オペラ座の怪人を上演している劇場です。

<蛇足3>
「足の指のつけ根ですばやくなめらかに歩くところを見ると、おそらく空中ブランコか綱渡りをする男だ」(221ページ)って、どういう歩き方なのかなぁ、気になる。



原題:The Three Coffins
著者:John Dickson Carr
刊行:1935年
訳者:加賀山卓朗




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

曲がった蝶番 [海外の作家 ジョン・ディクスン・カー]


曲がった蝶番【新訳版】 (創元推理文庫)

曲がった蝶番【新訳版】 (創元推理文庫)



<裏表紙あらすじ>
1年前、25年ぶりにアメリカから帰国し、爵位と地所を継いだジョン・ファーンリー卿は偽者であり、自分こそが正当な相続人であると主張する男が現れた。渡米の際にタイタニック号の船上で入れ替わったのだと言う。あの沈没の夜に――。やがて、決定的な証拠によって事が決しようとした矢先に、不可解極まりない事件が発生した! 巨匠カーによるフェル博士登場の逸品、新訳版。


このところ続いているカーの新訳。今回は「曲がった蝶番」
旧訳のタイトルは、「曲った蝶番」 でしたから、「が」が増えました。新訳のタイトルは「まががったちょうつがい」? (笑)。

新訳を読むたびに、以前旧訳を読んだ記憶がほとんどないことに我ながら感心するのですが、この作品もそうで、見事に忘れ去っていました。
タイタニック号での入れ替わり、というロマンチック(?) な設定、自動人形《金髪の魔女》、そして魔女崇拝・悪魔主義。
道具立ては完璧ですね。カーらしい。
そしてトリックがすごいです。なんと言ったらいいんでしょうね? 豪快というか、剛腕というか、反則ですね。正直、今風にいえば、バカミスの境地かと思います。
第四部で真相が明かされる前の第三部で、フェル博士が偽の解決を展開して見せるのですが、そこで披露されるトリックもバカミスの資格十分のトンデモ系で、これはこれで味わい深いトリックなのですが、真相の方はさらに上を行く馬鹿馬鹿しさ(一応、褒めています)。
よく、こんなの忘れていたな、と我ながら感心します。
不可能味を示すための証人が弱い点はちょっと残念ですが、いやぁ、楽しんじゃいました。
第四部の扉の所に、チェスタトンの引用があるのですが、カーはこれを読んで、なんとか解決策はないものかとあれこれ考えて、この「曲がった蝶番」のトリックを思いついたんでしょうか? 
なんか、してやったり、とニヤついているカーの顔を想像してしまいました。

あと印象深いのはタイトルですね。
タイタニック号での「曲がった蝶番」のエピソードはかなり鮮明です(どうして忘れてしまっていたのでしょうね?)

愉快な作品でしたが、これを傑作と呼ぶのはためらわれてしまいます。
そんなところも含めて、カーらしいかな、と思える作品です。


原題:The Crooked Hinge
著者:John Dickson Carr
刊行:1938年
訳者:三角和代




nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

蝋人形館の殺人 [海外の作家 ジョン・ディクスン・カー]


蝋人形館の殺人 (創元推理文庫)

蝋人形館の殺人 (創元推理文庫)



<裏表紙あらすじ>
行方不明の元閣僚令嬢が、他殺死体となってセーヌ河で発見された。予審判事バンコランは、彼女が最後に目撃された蝋人形館の館主を尋問したのち、その館へ赴き展示を見て回るが、そこで半人半獣の怪物像に抱かれた女の死体を発見する。頽廃の都を震撼させる異様な殺人事件の真相とは。優雅な装いの下に悪魔(メフィストフェレス)の冷徹さと知性を秘めたバンコランの名推理。新訳にして初の文庫版。


初の文庫化らしいです。いやあ、めでたい!
前回カーの感想を書いたのは「夜歩く」 (創元推理文庫)でしたが(ブログへのリンクはこちら)、その「夜歩く」 同様、この「蝋人形館の殺人」 も雰囲気が怖いですねぇ。いや、蝋人形館なんて、いかにも怪しげな場所が舞台なので、一層怖さが際立っているかもしれません。蝋人形に紛れて死体が見つかるなんて、江戸川乱歩の通俗ものであるようなシチュエーション!
探偵役のバンコランも、正義の味方というよりは、怖い人みたいだし...

蝋人形館ともうひとつこの作品の主要な舞台となるのが、蝋人形館と隣接する秘密クラブ(笑)。
名家出身者限定の“色つき仮面クラブ”で、男女の出会いの場、という設定です。いやあ、退廃的な爛熟期のパリって感じですね。
語り手のジェフ・マールが大活躍します。馬鹿馬鹿しくていいですよ。

お得意の不可能トリックという感じはないのですが、意外な犯人の演出には成功しているように思います。
意外なところから、すっと犯人が差し出されたようなそんな印象を受けます。
ラストも衝撃的ですね。それにしてもこのラスト、バンコランの狙い通りだったのでしょうか?
気になりますね。
どうして長い間文庫化されなかったのか、不思議に思える佳品です。


原題:The Corpse in the Waxworks
著者:John Dickson Carr
刊行:1932年


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

夜歩く [海外の作家 ジョン・ディクスン・カー]


夜歩く【新訳版】 (創元推理文庫)

夜歩く【新訳版】 (創元推理文庫)

  • 作者: ジョン・ディクスン・カー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2013/11/28
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
パリの予審判事アンリ・バンコランは、剣の名手と名高いサリニー公爵の依頼をうけ、彼と新妻をつけねらう人物から護るために深夜のナイトクラブを訪れる。だが、バンコランと刑事が出入口を見張るカード室で、公爵は首を切断されていた。怪奇趣味、不可能犯罪、そして密室。カーの著作を彩る魅惑の要素が全て詰まった、探偵小説黄金期の本格派を代表する巨匠の華々して出発点。

ジョン・ディクスン・カーのデビュー作の新訳版です。旧訳で読んでいます。
処女作にはその作家のすべてがある、なんて言いますが、この「夜歩く」も正にその通りで、あらすじにもある通り、怪奇趣味と不可能犯罪を楽しむことができます。
この作品、昔読んだ際、怖かった記憶があります。享楽と退廃の街パリを跋扈する“人狼”のイメージが強烈で、そればっかり記憶に残っています。犯人はかろうじて覚えていたものの、その他の事件のディテールは忘れてしまっています。旧訳時代に、あまりに忘れているので、再読までしているのですが、それでもやっぱり覚えているのは、犯人と怖かったこと...
カード室を舞台にした密室トリックは、ちょっと無理なんじゃないかなぁ、と思わないでもないですが、この雰囲気だとありうるかも、という気になります。
カーは、トリックだけではなく、その演出というか魅せ方を意識していた作家なんだなぁと改めて気づかされます。

名探偵であるバンコランの怜悧というか冷徹というか、いやむしろ冷酷といってしまっていいくらいの造型にはさすがに時代を感じてしまいますが、それも往年の名探偵らしくていいかなと思いました。
こうやって創元推理文庫は古い作品をどんどんリニューアルしてくれるので、とても助かります。
今後とも発掘(?) を続けてほしいです。



nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

火刑法廷 [海外の作家 ジョン・ディクスン・カー]


火刑法廷[新訳版] (ハヤカワ・ミステリ文庫)

火刑法廷[新訳版] (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: ジョン・ディクスン・カー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/08/25
  • メディア: 文庫


<裏表紙あらすじ>
広大な敷地を所有するデスパード家の当主が急死。その夜、当主の寝室で目撃されたのは古風な衣装をまとった婦人の姿だった。その婦人は壁を通り抜けて消えてしまう……伯父の死に毒殺の疑いを持ったマークは、友人の手を借りて埋葬された遺体の発掘を試みる。だが、密閉された地下の霊廟から遺体は跡形もなく消え失せていたのだ! 消える人影、死体消失、毒殺魔の伝説。無気味な雰囲気を孕んで展開するミステリの一級品。

昨日感想を書いた「芝浜謎噺 (神田紅梅亭寄席物帳)」 (創元推理文庫)には、結構厳しいことを書いてしまいましたが、今日の「火刑法廷」にはその心配(?)はありません。なんといっても、ミステリの巨匠ディクスン・カーの傑作中の傑作ですから。
2011年の8月に出た新訳版です。当然(?)旧訳版で読んでいて、今回新訳版での再読になります。
裏表紙側の帯には、
「アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった』『オリエント急行の殺人』、エラリイ・クイーンの『Yの悲劇』、F・W・クロフツの『』……第1次大戦と第2次大戦の間の時代、長篇ミステリは黄金期を迎え、多くの傑作が生み出されました。そうした巨匠たちの一角を占めたジョン・ディクスン・カーの代表作が本書です。他の追随を許さぬ不気味なムード、巧妙な伏線と大胆な仕掛けは世界中の読者を唸らせ続け、驚嘆させてきました。ほぼ35年ぶりに翻訳を新たにし、従来は割愛されていた原著者による注釈も復活させた「完全版」の登場です。 」
と書かれています。
錚々たる顔ぶれに並べられていますが、いや本当に、これらの傑作群に負けない、きらびやかな傑作です。もし、未読の方がいらっしゃったら、すぐに本屋さんへGO! です。

引用したあらすじは、ストーリー展開を追っていませんので、視点人物エドワードに立って書き変えると...

編集者エドワード・スティーヴンズは、作家ゴーダン・クロスの新作原稿を読んで驚愕した。1861年に殺人罪でギロチンに処された毒殺犯マリー・ドブレーの写真が、彼の妻マリーのものだったから。そしてその夜、友人マーク・デスパードが、先日死んだマイルズ伯父は実は毒殺されたと疑っており(17世紀の毒殺魔ブランヴィリエ侯爵夫人の扮装をした犯人が、密室から煙のように消え失せたというおまけの謎つき)、墓を暴いて死体を調べるのに協力してほしいという。だが、密室状況の霊廟に入ってみるとマイルズ伯父の棺は空っぽだった。

というあたりでしょうか。おまけで付け加えておくと、このブランヴィリエ公爵夫人の扮装をした犯人というのも妻のマリーではないかという疑惑があります。
不死者だとか、生まれ変わり、とか、かなりの超自然現象と思われる事態に加えて、壁をすり抜ける犯人消失に、死体消失なんてものまで加わって、不可能興味てんこ盛り!
これらがすべて合理的に解決されたらすごいと思いませんか?
大丈夫です。さすがは名匠ディクスン・カー! きちんと理詰めで解決してくれます。
それだけでも十二分にすごいのに、最終章の「Ⅴ 評決」で、カーはもう一太刀振います。この最後の一撃の、めくるめくような衝撃力こそが、この作品の真髄です。せっかくつけた合理的な解決の鮮やかさが色あせてしまうほどの衝撃力、切れ味です。
もう、なんなんでしょうか、このカーの奥深さは。
ぜひ、ぜひ、手にとってお確かめください。
ちなみに、本作品は先日発表された「週刊文春臨時増刊 東西ミステリー ベスト100」の海外編第10位です。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

帽子収集狂事件 [海外の作家 ジョン・ディクスン・カー]

帽子収集狂事件【新訳版】 (創元推理文庫)

帽子収集狂事件【新訳版】 (創元推理文庫)

  • 作者: ジョン・ディクスン・カー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/03/24
  • メディア: 文庫

<裏表紙あらすじ>
《いかれ帽子屋》による連続帽子盗難事件が話題を呼ぶロンドン。ポオの未発表原稿を盗まれた古書収集家もまた、その被害に遭っていた。そんな折、ロンドン塔の逆賊門で彼の甥の死体が発見される。古書収集家の盗まれたシルクハットをかぶせられて……。比類なき舞台設定と驚天動地の大トリックで、全世界のミステリファンをうならせてきた、フェル博士シリーズを代表する傑作!

旧訳版で読んでいます。新訳になったので再読。
ディクスン・カーです。フェル博士です。
「密室をはじめとする不可能犯罪を得意とし、怪奇趣味の横溢する、作品によってはファースといってもいいほど諧謔の要素が多分に含まれている、というのが、ディクスン・カーの作風」(解説からの引用)であることからするとそれほど、らしくない、ので、あらすじにあるような「代表」とまでいえないのでは、というご意見がネット上含めありますが、「代表」であろうとなかろうと、この作品は傑作ですので、ぜひ! --個人的には、ロンドン塔を舞台にした時点で十分怪奇趣味のような気もしていますけれどね。
タイトルにもなっている“連続帽子かっぱらい事件”、“ポーの未発表原稿盗難事件”、“ロンドン塔での殺人事件”というバラバラな3つの事件を、狭い関係者のなかで構築して見せたカーの手腕は素晴らしいと思います。狭いせいで、事件の構図が予見しやすい、という鋭いご指摘もあるようですが、その境地に至れるのは相当鋭い読者に限られると思いますし、真相全体には行き当たらないのではないかと思います。予見しやすいというのは、きちんと仕組まれた本格ミステリの宿命でもありますし、見当がついたとしても十分楽しんで読めると思います。
殺人事件で使われているトリックですが、この作品が最初の作例というわけではないと思いますが、非常に鮮やかに使われていると思います。初読時は、この切れ味に本当にびっくりしたものです。なによりこのトリックのおかげで、陰と陽が入れ替わるような反転を示してくれるのがたまりません。と同時に、状況を考えるとなんともいえないおかしさ(当事者にとっては笑いごとではないのですが)が漂ってくるのもポイント高い! 横溝正史の某作 (ネタバレになるのでタイトルは書きません。amazonへのリンクは張っておきますので気になる方はネタバレ覚悟でお願いします)にも、この「帽子収集狂事件」を意識したような部分がありますね。
なんにせよ、再読でも十二分に楽しみました。やっぱりディクスン・カーはいい!!

ところで、“The Mad Hatter Mystery”という原題を最初に帽子収集狂事件と訳したのはどなたでしょうね? 「不思議の国のアリス」 (リンクは大好きな「とびだししかけえほん」に張りました。すごいので一度ぜひご覧ください。)を念頭にした原題ですが、「いかれ帽子屋」とか「気違い帽子屋」となるところを、日本語訳に際して「収集」という語を足したあたり素晴らしいだと思います。
<蛇足>
P326で、「ウォータールーの戦い」というのが出てくるのですが、日本ではワーテルローの戦い、と呼ぶと思います。Waterlooは確かに英語での発音はウォータールーですけどね。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

皇帝のかぎ煙草入れ [海外の作家 ジョン・ディクスン・カー]

皇帝のかぎ煙草入れ【新訳版】 (創元推理文庫)

皇帝のかぎ煙草入れ【新訳版】 (創元推理文庫)


<裏表紙あらすじ>
フランスの避暑地に暮らす若い女性イヴは、婚約者トビイの父サー・モーリス殺害の容疑をかけられる。犯行時には現場に面した自宅の寝室にいた彼女だが、そこに前夫が忍びこんでいたせいで無実を主張できない。完璧な状況証拠も加わって、イヴは絶体絶命の窮地に追いこまれる--。「このトリックには、さすがのわたしも脱帽する」と女王クリスティをして驚嘆せしめた不朽の傑作長編

不可能犯罪の巨匠と呼ばれる、カーの作品の新訳です。
お得意の密室ミステリではありませんが、とびきりの作品です。
カーの中でも好きな作品のひとつですが、新訳が出たので、うれしくなって再読しました。

この作品は、カーらしくない、と言われていますが、たしかに非常にシンプルな作品です。トリックも、文体も、プロットも、いずれもシンプル。でも、このシンプルな作品の威力はすごいですよ。本格ミステリを好きな人なら、堪能できるはず。
解説で、戸川安宣さんが「綱渡り」と評されていますが、確かにきわどいところを狙ってはいても、説得力ありますし、十分納得できました。
イヴもかなり個性的に描かれていて、追い込まれるのにつれて一緒にはらはらできます。この状態でどうやって疑いを晴らすのか、また、真犯人は誰なのか、カーの腕前をたっぷり味わってください。ミステリらしい手掛かりがフェアに撒かれていても、この犯人を見抜くのは、なかなか大変だと思いますよ。
振り返ってみると、探偵役のキンロス博士はすごいですね。事件の当時いなくても、証言だけでこの事件の真相をつきとめるのは無理なんじゃないかと思ってしまいます。読者は、親切な(?)作者のおかげでわかりますが...
この作品には、カーによくあるロマンスも、心地よく描かれています。イヴの立場に立って読んでいたので、ほっとしますね。
タイトルもかっこいい。かぎ煙草って、身近にないので、想像しがたいですが、ナポレオンが愛用していた煙草入れ、ってなんだか趣がありそう。
久しぶりに再読できてよかったなぁ、と心から思える傑作です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
海外の作家 ジョン・ディクスン・カー ブログトップ