So-net無料ブログ作成

真夏の方程式 [日本の作家 東野圭吾]


真夏の方程式 (文春文庫)

真夏の方程式 (文春文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/05/10
  • メディア: ペーパーバック


<裏表紙あらすじ>
夏休みを玻璃ヶ浦にある伯母一家経営の旅館で過ごすことになった少年・恭平。一方、仕事で訪れた湯川も、その宿に宿泊することになった。翌朝、もう1人の宿泊客が死体で見つかった。その客は元刑事で、かつて玻璃ヶ浦に縁のある男を逮捕したことがあったという。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは――。


ガリレオ・シリーズ第6弾。長編としては第3長編となります。
ガリレオ・シリーズというと、これまでトリックに比重があるように思われることが多かったのですが、本作品はトリックそのものは単純なものにして、その分いろいろなもの(人物含め)の配置に重点を移した感があります。
この方向性そのものはよいと思うのですが、正直、ミステリとしての側面をみるとあまり高く評価はできない作品なんじゃないかなと思います。
人物の配置と舞台設定を見ただけで、事件直後に犯人や事件の構図の見当がついてしまう読者、かなりいると思うんですよね。
さらに、事件への決着のつけ方も、これでいいのかな、と考えてしまいます。
犯人側に同情の余地があるとしても、ちょっとねぇ。

しかし、この作品は、恭平と湯川の交流がメインテーマなんだろうな、と。
114ページくらいからの、船が嫌いな恭平に百メートル以上先の海底を見せるための、ペットボトルロケットのシーンが印象的です。

恭平がこの作品で果たす役割から湯川の立ち位置を考えると、先程指摘した決着のつけ方も、あり、ということなのかもしれませんね。






nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0